51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中央市議会 2018-05-09 平成30年  5月 臨時会(第1回)-05月09日−01号

公平委員会委員(田中公夫)   ただいま、ご推薦と議員の皆さまのご同意を得まして公平委員を拝命することになりました、旧田富町大田和自治の田中と申します。  私の今までの経験と、これからまた研修等があるということをお伺いしています。さらに見識を高めまして、4年間の任期を務めたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 ○議長(河西茂)   次に、小澤俊雄さま。お願いいたします。

富士吉田市議会 2017-09-28 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月28日−03号

一般会計総括質疑の中で、自治にも参加していただいた富士山噴火を想定した広域避難訓練において、自治加入していない世帯の状況把握が難しいことから、有事の際のことを考えた場合、自治加入してもらうことが望ましいので、自治加入の呼びかけをしてほしいとの要望がありました。また、訓練内容についても、形骸化せずに、発展した形での訓練を実施してほしいとの要望がありました。  

富士吉田市議会 2017-06-28 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月28日−03号

なお、審査の中で、今後変更予定の上吉田地区は、宿坊の町、御師の町、富士山とともにある町であり、富士吉田市のシンボルでもある金鳥居の上には「宿」のつく自治もある。今後の協議において「宿」について考えていってほしいとの要望がありました。  以上のとおり報告いたします。 ○議長(及川三郎君)   質疑はありませんか。      

中央市議会 2017-03-14 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月14日−02号

このことは、自治の中の県の担当者に来ていただいたときに、この開発と治水の問題を同時にという質問自治の席で質問させてもらったら、県のほうではまだ治水のほうは検討していないという回答はいただいておりますので、そのことは次の会議のときに、自治の会議のときにまた来ていただけるんですが、次に来るときは、その治水対策の資料も含めた中で、説明をいただきたいというお願いがしてありますので、ぜひ市のほうも、このことを

甲州市議会 2016-12-09 平成28年 12月 定例会-12月09日−02号

◆6番(日向正君) まさに地域の特徴に合わせてということだというふうには思いますが、やはり組長さんを中心とした自治基礎単位というものをしっかりと組み立てることが、防災には非常に有効だというふうにも思われますので、ぜひ詳細にわたって検討をいただきたいというふうに思います。  もちろん、組に加入していない市民をどうするかという課題もあるわけであります。

中央市議会 2016-05-19 平成28年  5月 臨時会(第1回)-05月19日−02号

しかしながら、市長の意見書にもありましたとおり、これまでの経緯を振り返りますと、庁舎整備の検討は、長期にわたり、自治および各種団体代表者等の構成による庁舎整備市民検討委員会の皆さまのほか、多くの市民の皆さま方の大変貴重なご意見と、お時間をいただく中で、慎重かつ丁重に合意形成が図られてきたものであります。  

富士吉田市議会 2015-12-15 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月15日−03号

具体的な例で申し上げますと、市道横町熊穴線をはじめ私が住む横町バイパス以南熊穴地域周辺は、用途地域の指定のない区域、いわゆる白地地域が大変多く、地権者の方々や連合自治会長をはじめとして自治役員の皆様が土地有効活用のために、2メートルに満たない市道を拡幅し行政に陳情等を起こしておりますが、なかなか陳情道路は無償で土地の寄附ということなので話が進展しません。

上野原市議会 2015-09-15 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月15日−02号

それでは、地区や自治補助している電気料、一部補助をしているわけですけれども、昨年度の実績額は1灯当たりの金額にすると幾らになって、そしてまた地区や自治が管理している全体の防犯灯の数というのがわかりましたら教えてください。 ○議長(杉本友栄君) 石井総務部長。 ◎総務部長(石井明文君) お答えいたします。  

富士吉田市議会 2015-06-22 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月22日−02号

この計画を進めるため、国土交通省の主催による商工会議所や地元企業、地元自治などを構成員とする周辺地域まちづくり検討委員会等の関係機関団体により、さまざまな検討が続けられております。  本事業が完遂すれば、国道138号の交通集中や交通事故等のリスク軽減、災害時の緊急輸送路や避難路の確保等に加え、新たなまちづくりにも大きな効果を発揮するものと期待をいたしております。

市川三郷町議会 2015-03-06 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月06日−01号

高齢化が進み除雪が困難なことを踏まえ、よりスムーズに除雪作業が行われるよう、自治個人が除雪機を購入する場合の補助を、町でも創設していただきたいと考えますがお伺いいたします。  また、地域防災計画については検討中とのことですが、今後どのように進められていくのか、2点について、町長のお考えをお伺いいたします。 ○議長(三神貞雄君)   答弁を求めます。  町長、久保眞一君。

富士吉田市議会 2014-12-15 平成26年 12月 定例会(第6回)-12月15日−02号

今後さらに自然災害に対する自治や自主防災会の皆様の役割は増してくるものと考えており、防災リーダーの養成は地域防災力を向上させる礎となるものと認識をいたしております。  そこで、本市における自主防災会の再構築を果たしている地区数でありますが、現在は16自治であり、その団体につきましては、自治組織とは別に自主防災会を組織しております。  

上野原市議会 2014-09-17 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月17日−02号

気仙沼市では2005年、平成17年、既に市、教育委員会だけではなく、自治商工会企業警察消防団等、全市がかかわる防災検討会議を設置しています。市内のあるあらゆる組織団体をあげて地震津波対策を協議し、そこでは防災総力戦だと。総力戦という言葉は第一次世界大戦が終わってから一般的になりました。今、改めて防災に対して総力戦を組まなければいけないと。

富士吉田市議会 2014-09-10 平成26年  9月 定例会(第5回)-09月10日−02号

この機会を捉えて、杓子山観光協会は杓子山、権現様はあじさい会、神社は奉賛会、背戸山は歴代の自治役員が山道を整備したり、林の下刈り、さらには植栽をして、ハイキングコースや富士山のビュースポットになり得る場所づくりに励んでおるところであります。今後におきましては、行政の力をかりて観光資源の整備を進めたいと思いますので、執行者のお考えをお聞かせください。  

富士吉田市議会 2014-03-19 平成26年  3月 定例会(第2回)-03月19日−03号

避難所に設置予定の非常用発電機については、各自治等に対して設置の趣旨やその取り扱い方、さらにはその実用的かつ効果的な利用方法等について周知徹底してほしいとの要望がありました。  リニューアル後の歴史民俗博物館については、指定管理者制度の導入を検討してほしいとの要望がありました。  

上野原市議会 2014-03-14 平成26年  3月 定例会(第1回)-03月14日−02号

先ほど来、山口議員それから服部議員からお話ありましたけれども、1つ目の区や自治についての助成についてということで伺いたいと思います。  今回の大雪ではつくづく共助の部分、いわゆる近所の助け合いということが非常に大切であるということが我々、私だけではなくて議員各位や当局の皆さん、市民の方たちも同じ気持ちになったんではないかなと思います。

富士吉田市議会 2013-12-12 平成25年 12月 定例会(第5回)-12月12日−03号

次に、道路整備事業の中で維持管理事業について、各自治より毎年陳情による生活道路について、近年多発している集中豪雨等に対する水路の整備、バリアフリーといった、安全・安心な歩道等の改修、快適な舗装道路の整備など、さまざまなきめ細やかさが要求される中で、維持管理費用が平成24年度決算では1億6,000万円余りの決算となっております。

富士吉田市議会 2012-12-13 平成24年 12月 定例会(第4回)-12月13日−02号

そこで、市内には自治で決められたごみステーションがあります。この場所に、ごみの出し入れに邪魔にならないように、避難所を明確に記したパネルの掲示をするのは可能でしょうか。  ごみステーションにした理由は、その場所は市内一円にあること、誰もが知る場所となる、またごみを捨てに行くたびに目に入ります。登下校の子供の目にも飛び込んできます。突然の災害時にも、最寄りの避難所に行くことが可能になると思います。