11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

甲府市議会 2016-06-17 平成28年総務委員会 本文 2016.06.17

3月の当委員会においても、こういう事件に対しては厳しく調査をして、しかるべき断固とした措置を講じてほしいということで、いわゆるこういうことが多発すると、電子メール1本で業務がストップしてしまうと、さまざまな面でデメリットがありますので、こういうインターネットを使った犯罪、脅迫行為、こうしたものについては今後あらゆる考えられる手段を講じなければならないということで、3月のときに怒りを込めて、やはりしっかりとした

中央市議会 2016-05-19 平成28年  5月 臨時会(第1回)-05月19日−02号

(1)買収、脅迫その他不正の手段により投票資格者の自由な意思を拘束し、又は干渉する行為  (2)市民の平穏な生活環境を侵害する行為  (3)公職選挙法、公職選挙法施行令(昭和25年政令第89号)及び公職選挙法施行規則(昭和25年総理府令第13号)(以下「選挙関係法令」という。)の規制に反する行為  2 前項の投票運動の期間は、投票日の前日までとする。  

甲斐市議会 2013-10-02 平成25年  9月 定例会(第3回)-10月02日−07号

現在、検察庁では、裁判員裁判対象また、取調べの可視化は、これを行うことで、密室での取調べに伴って発生する捜査官の暴行・脅迫・利益誘導などによる自白強要や虚偽自白とともに、氷見事件や志布志事件、足利事件に代表されるように現在も後を絶たない、えん罪を防止することができ、被疑者・被告人の人権保障を図る上でも不可欠なものであります。  

上野原市議会 2013-09-30 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月30日−04号

また、取調べの可視化は、これを行うことで、密室での取調べに伴って発生する捜査官の暴行・脅迫・利益誘導などによる自白強要や虚偽自白とともに、氷見事件や志布志事件、足利事件に代表されるように現在も後を絶たないえん罪を防止することができ、被疑者・被告人の人権保障を図る上でも不可欠なものである。  

大月市議会 2013-09-26 平成25年  9月定例会(第4回)-09月26日−委員長報告・質疑・討論・表決−04号

3 また、取調べの可視化は、これを行うことで、密室での取調べに伴って発生する捜査官の暴行・脅迫・利益誘導などによる自白強要や虚偽自白とともに、氷見事件や志布志事件、足利事件に代表されるように現在も後を絶たないえん罪を防止することができ、被疑者・被告人の人権保障を図る上でも不可欠なものである。

韮崎市議会 2011-03-15 平成23年  3月 定例会(第1回)-03月15日−03号

総務省が出した税徴収の委託推進方針を受け、国保税、住民税などの徴収業務の民間委託が広がり、さらに各地で地方税回収機構がつくられるなど、徴税強化が行われ、脅迫まがいの督促、無法な差し押さえが横行して、自殺者まで出している事態が起こっています。  厚生労働省国民健康保険課の調査によりますと、国保税による差し押さえは09年度には18万2,583件に上り、06年と比べて倍増しています。

韮崎市議会 2010-09-14 平成22年  9月 定例会(第3回)-09月14日−03号

国保税を滞納した人への脅迫まがいの督促が各地で問題になっています。プライバシーの無視の財産調査、わずかな預貯金、生活必需品の差し押さえ、役所が加入者に無断で生命保険や学資保険を解約する、こうした事態も横行しているところであります。  第4に現役世代3割、高齢者1割から3割という窓口負担の問題であります。

上野原市議会 2008-03-19 平成20年  3月 定例会(第1回)-03月19日−02号

一部、本事業には賛同しない方から職員に対するさまざま暴言、あるいは脅迫的な電話、また発行されたチラシでは、一部例えば大月地区は無料だとかいう全くでたらめな記事が掲載されている中で、非常に住民に不安を与えることになり、大変私は残念に思っておるわけでもございます。  私はこの事業を決定する前の議論は十分必要であると考えております。

中央市議会 2007-06-20 平成19年  6月 定例会(第2回)-06月20日−01号

それから、また同じ今年の2月13日ですか、甲府市内に複数の保育園・幼稚園などに、被害を加える可能性を示す、差出人不明の脅迫文が郵送された。その一部には、田富郵便局の消印があったことが、大変不安であります。県内学校でも、セキュリティーの設置にだんだん前向きになってきております。

中央市議会 2006-06-29 平成18年  6月 定例会(第2回)-06月29日−03号

それから今日まで1年余りカインズは企業側の立場だけを主張し、地権者の意見に対しては、その立場を全く無視する一方、そのようなことなら出店はできない旨の発言を何回となく繰り返し、当初提示した条件を一歩も譲歩せず、脅迫まがいの強い立場で地権者をむき出してきました。  この間、行政も地権者に対しては、大変冷ややかで、常にカインズ側に立ってカインズの提案に譲歩するようにとの要求を続けるのみでありました。

大月市議会 2004-06-15 平成16年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問−02号

また、6月10日の読売新聞によりますと、増穂町の町長に対しまして、県幹部職員が合併につき脅迫ととれるような意見書を送り、合併に口出ししたということが書かれておりました。このような行為はまさに我々地方自治体の根幹を揺るがすようなことであろうかと思いますが、この件につきましてやはり市執行部はいかがお考えであるのかお聞かせいただきたいと思います。  続きまして、大月市の自立宣言についてであります。  

  • 1