117件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市川三郷町議会 2019-03-15 03月15日-02号

次に、議案第36号 平成31年度市川三郷町上水道事業会計予算では、平成29年度より水道ビジョンを策定しているが、現在までの審議会の開催数と検討内容はという質問に対し、開催数は1回であり、平成29年度に水道の資産等に関する水道施設計画基本調査を実施、30年度には施設耐震性、老朽化等に関わる施設整備基本計画の策定業務を実施、31年度には経営戦略の策定業務を行う予定であるとの答弁がありました。 

富士吉田市議会 2018-09-27 09月27日-03号

なお、総括事項の審査の中で、当年度の純利益相当分については内部留保することなく、水道を利用する市民のために積極的に水道管耐震化などの事業に活用していただきたいとの要望がありました。 以上のとおり報告いたします。 ○議長(横山勇志君)  質疑はありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(横山勇志君)  質疑なしと認めます。 これより討論に入ります。 討論はありませんか。     

大月市議会 2017-09-07 09月07日-副議長の選挙・議案上程・説明・付託-01号

厳しい状況の中、これまでも「収入に見合った支出」をモットーに歳出の削減に取り組みながら、これからの明るい兆しの要素となる小中学校耐震化や大月短期大学の校舎整備などを実施してまいりました。 今年度におきましても、小中学校4校の空調設備を整備することにより、全ての学校に空調設備が整うこととなります。また、学童施設の整備も行うなど、未来を担う子供たちの教育環境の整備を進めているところであります。 

都留市議会 2017-03-24 03月24日-03号

当局は、耐震工事が終わってからと言っていますが、国の学校施設等整備事業が改善されました。     (「反対討論じゃないの」と呼ぶ者あり) ◆7番(板倉保秋君) 反対討論です。     (「予算の反対じゃないの」と呼ぶ者あり) ◆7番(板倉保秋君) 予算です。     

甲州市議会 2016-12-09 平成28年 12月 定例会-12月09日−02号

これまでの間、塩山、勝沼、大和地域の一体感の醸成に力を注ぎ、財政の健全化とワイン産業の振興、宮光園の復元など、近代産業遺産の整備を推進、安心して産み育てる少子化対策として、第3子の出産祝い金制度を創出、塩山、勝沼、大和を結ぶ市営バスやデマンドバスの運行、東バイパス、フルーツラインなどの道路網の整備、市民懇談会の開催、子育て支援対策や小・中学校耐震対策健康福祉対策に特に力を注いでまいりました。

大月市議会 2016-09-30 09月30日-委員長報告・質疑・討論・表決・議長の選挙-03号

2点目、ふたば保育園についてでありますが、建物が非常に古く、建物の耐震性もなく、避難所に指定されておりますが、避難のできないような状態にあります。また、県道に面しているため、園児の通園等が非常に危険な状況にあります。建物の建てかえ、移転等も含め、早期の対応を求めます。 

大月市議会 2016-06-07 06月07日-議案上程・説明・質疑・付託-01号

また、適正配置とあわせて取り組んでまいりました学校施設耐震化も全て終了し、本年度から小学校が5校、中学校が2校となり、新しい学校運営が始まりました。 これまで適正配置にご理解とご協力をいただきました保護者地域の方々及び関係する全ての皆様方に対しまして、改めて心から感謝を申し上げる次第であります。 

上野原市議会 2016-03-24 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月24日−04号

また、廃校舎についても解体か耐震かどちらが有効か考えながら、使えるものはしっかり使えるよう整備するよう検討すべきである。  公衆トイレは、不特定多数の人が利用することで汚れが目立っているため、清掃の回数を増やすなど環境美化に努めるべきである。  保育の質の向上のために雇用形態の見直しを検討すべきである。  基金についてはその目的に沿って有効に使える企画をつくり、使用するべきである。  

大月市議会 2015-05-20 05月20日-議案上程・説明-01号

中学校の適正配置や学校施設耐震化事業等、教育環境整備が図られる中で、本市の教育内容をより一層充実させるために、教育相談室を拡充・発展させて、学習支援等の拠点となる大月市教育支援室を本年4月に設置し、教育相談員のほか、教育活動指導員と特別支援教育指導員の3名を配置して、支援活動がスタートいたしました。 

富士吉田市議会 2015-03-05 03月05日-02号

さすが市民派と言われる市長だけあり、防災に対しましては橋梁などを含めて耐震調査を現在も続けており、市民安全のためには石橋をたたいて渡る施策を推し進めてまいりました。昨年の9月の御嶽山火山噴火にはすかさず対応し、富士山火山対策室を設置するなど、安全・安心に対する心配りには感謝を申し上げるところであります。

大月市議会 2015-02-27 02月27日-議案上程・説明・付託-01号

中学校の適正配置とあわせて、より安全で安心して学べる教育環境施設整備にも努めており、耐震化事業を着実に進めているところであります。 大月東小学校につきましては、現在建設中の北棟校舎が本年7月に完成する見込みであり、その後、南棟の改修工事、現体育館解体跡地への駐車場整備等を来年度末までに完了する計画となっております。 大月東中学校につきましては、水泳プール改築工事が今年度末までに完了します。 

大月市議会 2014-12-01 12月01日-議案上程・説明・付託-01号

次に、建築物耐震化促進についてであります。 本市においては、今後予想される地震災害に対応するため、建築物耐震診断と改修を平成15年度から進めておりますが、より一層の安全性の向上を図るため、耐震改修促進法の改正に伴い、地域防災計画等に位置づけられている緊急輸送道路避難路として指定するなど、大月市耐震改修促進計画を改定いたしました。