9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

甲斐市議会 2020-03-04 03月04日-03号

県の発表の内容では、笛吹川桃林橋付近で5.81個、1立米当たり5ミリ以下の、釜無川浅原橋下流付近で0.77、全国平均が3.8個という中で、単純に言うと釜無川は余り問題ないけれども、笛吹川は深刻と解釈できます。 しかし、私たち甲斐市を経由し、あるいは甲府市を経由し流れ込んでいる河川は生活排水も流れ込んでおり、利用している流域住民世帯数が大きく関係してくると考えられます。

韮崎市議会 2016-12-13 12月13日-03号

そこで、まずは1立米当たり維持管理費についてお示しください。 ○議長西野賢一君) 山本上下水道課長。 ◎上下水道課長山本信君) お答えをいたします。 汚水処理費用も含めます管理運営費用立米単価につきましてでありますが、平成27年度決算で233円であります。現状、対する使用料につきましては98円で、必要額の42.1%となっております。 以上でございます。

山梨市議会 2016-09-15 09月15日-02号

また、旧水道ビジョンでは、平成28年度の供給単価は1立米当たり185.4円となっており、現在の156.8円とも大きな差があります。このように旧ビジョン達成度は決して高いとは言えない状態である現状について、市では、原因の分析ができているのでしょうか。第2次水道ビジョンの見通しとその根拠をお伺いいたします。 ○議長古屋弘和君) 望月清賢市長

甲斐市議会 2016-06-14 06月14日-02号

けれども、それはその重さとかそういったものでやった場合、容量でいくと1立米当たりといっても災害のときにいろいろなものを重ねたときに当然空間が出るわけです。重さでなくて、量だと思うんです。その3メーター積み上げていくというふうなことですけれども、当然災害のときにもそうは言ったって、3メーターもいくときに当然すぐにそのまま積み上げていくということは災害のときであればできないと思うんです。

甲府市議会 1998-06-01 平成10年6月定例会(第4号) 本文

ちなみに平成8年度の処理原価を見ますと295円、使用料立米当たりのコストにつきましては141円ということでございますから、本来的には2倍の経費負担をお願いしなきゃならないものを、そういったこともありますので、141円に抑えているということでございますので、その点御理解を賜りたいと思います。  

  • 1