115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2020-12-01 令和2年12月定例会(第3号) 本文

これらの状況を踏まえ、来年度以降の財政見通しにつきましても、新型コロナウイルス感染症影響により市税収入の大幅な落ち込みが見込まれますことから、減収を補填するための新たな交付金財源不足への臨時財政対策債の増額など財源確保策を活用する中、市債発行における後年度負担社会保障関係の増にも配慮し、新型コロナウイルス感染症への対策を含め、中長期的な視点に立った財政運営を行ってまいります。  

甲府市議会 2020-09-23 令和元年度決算審査特別委員会-2 本文 開催日: 2020-09-23

近年、少子高齢化人口減少進行社会保障関係等の増加など、自治体を取り巻く環境は厳しさを増している中、市民に最も身近な基礎自治体である本市の役割はより大きくなり、自主性及び自立性を高め、自らの判断と責任におきまして地域の実情に応じた行財政運営を行うことが、今まで以上に必要となっております。  

中央市議会 2020-09-04 09月04日-01号

一般会計及び各特別会計の総括として、本市においては、地方交付税の一本算定による減額や新型コロナ感染症影響などにより今後の歳入の縮小は避けられず、歳出においては、人口減少少子高齢化への対策、それに伴う社会保障関係増加などの一方で、公共施設等長寿命化対策リニア中央新幹線建設に伴う関連事業など、複数年にまたがり各種大型事業が行われ、厳しい財政状況が続くと見込まれます。

甲府市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第6号) 本文

次に、令和年度決算における財政構造の分析についてただしたのに対し、国の地方財政状況調査での類似団体との比較において、本市収入に対する支出割合は、扶助費補助費等が高く、財政調整基金等残高標準財政規模に対する割合が低いといった状況を踏まえ、災害等の突発的な事象に備えるため行財政改革を一層推進し、より計画的な積立を行う必要があるとともに、扶助費補助費等については、その多くが市民の命と生活を守る社会保障関係

甲府市議会 2020-06-17 令和2年総務委員会 本文 開催日: 2020-06-17

こうした状況の下、今後の財政運営につきましては、新型コロナウイルス感染症対策とともに社会保障関係増大公債費増加傾向、こういった経常的な行政課題もたくさんあります。  そうしたことから、厳しい状況ではございますけれども、市民サービスの低下を招くことがないよう財政運営を第一に考えていきたいと思っております。  

甲府市議会 2019-12-13 令和元年経済建設委員会 本文 開催日: 2019-12-13

確かにここ数年、特に社会保障関係右肩上がりでずっと増加の一途をたどっている中で、入ってくる歳入も、市税も限られていくと。ハード整備をすると、どうしても一般財源だけでは賄い切れませんので、国や県の補助もいただきながら、また地方債を発行しながらハード整備を進めていかなければいけないということです。

甲府市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第5号) 本文

近年の地方自治体を取り巻く環境は、少子高齢化の進展、生活扶助費医療費などの社会保障関係増加、複雑・多様化する市民ニーズなど、多岐にわたる対応が求められる中、本市においては、持続可能な自治体経営の確立に向け、その時々の社会経済環境の変化に応じた行財政改革に取り組まれております。使用料・手数料の見直しに当たっては、受益者負担の原則によることが望ましいと考えております。  

甲府市議会 2019-09-30 平成30年度決算審査特別委員会-2 本文 開催日: 2019-09-30

こうした中、本市におきましては、個人市民税の増などにより市税収入増収となったものの、社会保障関係増加などを受け、厳しい財政運営でありましたが、限られた財源の適正な配分かつ効率的な予算執行を前提とされながら、第六次甲府総合計画はもとより、こうふ未来創り重点戦略プロジェクトに位置づけた施策事業を積極的に推進するとともに、とりわけ中核市への移行に向けた環境整備や、こうふ開府500年に向けた記念事業

甲府市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第6号) 本文

まず、平成30年度の行財政運営についてただしたのに対し、歳入では、個人市民税の増などにより増収となったものの、歳出では、社会保障関係増加などから厳しい財政運営であったが、中核市への移行に向けた準備を進めつつ、こうふ未来創り重点戦略プロジェクトに位置付けた施策事業を推進する中で、とりわけ、「こども最優先のまち」を創るにおいては、甲府子ども未来プランの策定や甲府子ども応援センターの開設など、「

甲斐市議会 2019-06-18 06月18日-03号

全国市長会におきまして、増嵩する社会保障関係の安定した財源確保のため、令和元年10月に実施するとされている消費税地方消費税率10%への引き上げを確実に行うよう国に求めております。その立場で、平成30年11月に協議決定をいたした都市税財源充実強化に関する決議によりまして、正式に国に対しまして要望を行ったところであります。 

甲府市議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会 本文 開催日: 2019-03-13

年度予算案を見てみますと、扶助費を初めとする社会保障関係が主なものである民生費は、予算全体の43.2%を占めており、今後も増加傾向になるものと考えられています。それに加えて、公共施設老朽化対策遊亀公園附属動物園のリニューアル、またリニア中央新幹線の開業を見据えたまちづくり関連事業など、本市行政需要はますます増大し、多額の予算が必要となることが予想されます。  

山梨市議会 2019-02-27 02月27日-01号

また、「新経済財政再生計画」で位置づけられた社会保障計画を軸とする基盤強化期間の初年度となることから、同計画に掲げている歳出改革等を着実に進め、社会保障関係や非社会保障関係等についても歳出改革取り組みを継続することとしております。 さらに、歳出全般にわたり徹底した聖域なき見直しを行い、地方においても国の取り組みと基調を合わせ、徹底した見直しを進めることとしております。 

甲府市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第4号) 本文

しかしながら、扶助費を初めとする社会保障関係の増などにより、財政構造弾力性を判断する経常収支比率は前年度と比較して上昇をしており、神山議員御指摘の財政調整基金につきましては、社会保障関係増加に加え、地方交付税などの国、山梨県からの交付金減少傾向にあることから、直近2年間で18億5,000万円を取り崩すなど、大変厳しい財政状況となっております。  

甲府市議会 2018-09-25 平成29年度決算審査特別委員会-2 本文 開催日: 2018-09-25

こうした背景のもと、平成29年度の本市決算を見ますと、市税収入個人法人市民税の増などにより増収となったものの、歳出においては社会保障関係増加したことから、厳しい財政運営となる中で、市民の暮らしに重点を置いた事業展開を図るとともに、市政の重要課題に対する予算配分重点化など、限られた財源の効率的な執行に取り組まれてきました。  

甲府市議会 2018-09-14 平成29年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2018-09-14

この表につきましては、地方消費税交付金のうち社会保障関係に充当した内容を示したものでございます。社会保障財源化分として14億8,532万3,000円が交付をされております。交付された金額について、生活保護扶助費ほか、記載の16の事業に充当させていただいたということでございます。  以上で平成29年度決算概要説明を終わらせていただきます。