215件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2019-06-24 令和元年経済建設委員会 本文 2019.06.24

◯齊藤都市計画課長 現在までの高室町の土地区画整理の状況ということでございますが、リニア駅近接地域における取り組みは、高室町において土地区画整理事業の仕組み、これは説明会を住民への勉強会として3回行う中で、さらに発展する中で、地権者によるまちづくり研究が立ち上がり、その研究においてもその仕組みを勉強する中で5回取り組んでまいりました。  

甲府市議会 2019-06-24 令和元年環境水道委員会 本文 2019.06.24

その中で、再生可能エネルギーの導入、普及促進を掲げ、本市の地域特性の即した新たなエネルギーとして、地域産業の活性化も期待できる木質バイオマスエネルギーの活用の推進について、木質バイオマスエネルギーの利用促進庁内検討会議を平成27年7月、また外部有識者として、林業・製材所関係者、関係団体等で構成する甲府市木質バイオマス利活用研究平成28年10月に設置し、協議・検討を行ってまいりました。  

甲府市議会 2019-06-21 令和元年民生文教委員会 本文 2019.06.21

◯寺田学校教育課長 今御質問の内容ですけれども、これにつきましては、市内小学校がやまなし道徳教育の推進校に指定されておりまして、具体的な中身としましては、先進地の視察、あるいは研究用の図書、講師の招聘、あるいは公開研究、あるいは研究のまとめ等のものに使われることになっております。  以上であります。 ◯中村委員長 木内委員。

甲府市議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.14

◯丸山交通政策課長 JR甲府駅におきまして、中央線の利用促進及び利便性向上に向けた研究活動の中で12月にアンケート調査等をさせていただいております。その結果等につきましては、今、集約等をしている状況でございます。また、中央線の利用促進及び利便性向上に向けた研究等の中でまとめさせていただいている状況でございます。  以上です。 ◯山田委員 まとめてもまとめても全然報告がないというのはおかしい。

甲府市議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.13

9節旅費は、各常任委員会議会運営委員会や調査研究行政視察経費が主なものでございます。  11節需用費は、市議会だよりの発行に要する印刷製本費及び事務局使用いたします消耗品費でございます。  13節委託料は、本会議、各常任委員会等の速記反訳業務、市議会中継放送業務、インターネット配信業務及び議場会議システム保守業務などに要する経費でございます。  

韮崎市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号

また、醸造に対する支援策につきましては、本年度関係機関や地元農家の代表者などで設立した韮崎産ワイン産地化推進研究を通じて、ブドウやワインの生産、製造等に対する課題や支援策などに対するご意見をいただく中で本市独自の支援を検討してまいります。 ○議長宮川文憲君) これより内藤正之議員の再質問を許します。  内藤議員

甲府市議会 2018-12-14 平成30年民生文教委員会 本文 2018.12.14

今後、一般公開を含めて公開方法も、所有者の方がいらっしゃるので、その中で協議して行っていかなければいけない部分があると思うんですけれども、駐車場についてもなるべく多くの方、特に観光バス等もとめられるような土地をうまく確保していただきたいのと、これは1つ、今チャンスというか、形としてはあるかなと思うんですけれども、藤原委員が質問されましたまちづくり研究という形で、今、高室町は区画整理に向けて少しずつ

甲府市議会 2018-12-13 平成30年総務委員会 本文 2018.12.13

次に、指定管理者の候補者の団体の所在地及び名称につきましては、東京都港区西新橋二丁目8番1号、一般社団法人日本駐車場工学研究でございます。  候補者であります一般社団法人日本駐車場工学研究自転車駐車場にかかわります実績につきましては、説明資料4ページを御参照ください。  指定の期間につきましては、平成31年4月1日から平成33年3月31日まででございます。  

韮崎市議会 2018-09-20 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−03号

公務職場に関するこのダイバーシティー経営の視点につきましては、女性活躍推進法の成立人事評価制度及び会計年度任用職員制度の導入など、人事行政を取り巻く情勢の変化を踏まえ、昨年2月には、人材育成や働き方の見直しの取り組みの必要性について、総務省主催の「地方公共団体における多様な人材の活躍と働き方改革に関する研究」報告書において提唱をされたところであります。  

甲府市議会 2018-09-19 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.19

中核市調査研究のときからも確認をしていたところ、1点だけ確認をします。保健所設置に向けて、平成29年度、多くの取り組みをしてきていただいたと思うんですけれども、専門職雇用です。保健所を開設するに当たって必要な例えば獣医師薬剤師、あとは保健所設置に向けて必要な保健師、また、何度も聞いていますけれども、保健所の所長さんはどのような状況でしょうか。お答えをいただければと思います。

韮崎市議会 2018-09-19 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−02号

本年7月には、総務大臣主催の自治体戦略2040構想研究から、人口減少が進み高齢者人口がピークを迎える2040年度ごろの自治体が抱える行政課題の整理と、新たな自治体行政基本的な考え方をまとめた第2次報告が出されました。  そこで、韮崎市の10年後、また20年後を見据えて、将来の管理職、リーダー職として韮崎市を背負って立つ20代、30代の若手職員育成は特に重要になってくるかと思います。

甲府市議会 2018-09-18 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.18

JR中央線の部分については、山田議員の一般質問、また神山委員のほうでの質問もありましたので、あまり多くはお伺いしませんが、平成28年度末に甲府市独自で研究を発足して対応していただいたというような御答弁が前回の決算審査特別委員会であったかと認識をしています。この研究のほうで独自に平成29年度中に行った対応策等あれば、お伺いしたいと思います。 ◯廣瀬委員長 丸山交通政策課長

甲府市議会 2018-09-14 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.14

次に、9節旅費は、各常任委員会・調査研究等の行政視察、全国・関東山梨県の市議会議長会への出席及びそれに伴う随行業務に係る経費が主な支出でございます。なお、不用額でございますが、これは、特別委員会が設置されなかったことから、行政視察が行われなかったことが主な要因でございます。  

韮崎市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−03号

この冊子「職場の教養」は、一般社団法人倫理研究が朝礼用冊子として発行しているものです。いつの時期から、どのような目的でこうした朝礼を導入することになったのかお聞きをします。この冊子を見ると「本誌は非売品です。倫理研究所法人会員に毎月無料で贈呈しております。法人会費は月額1万円、会費1口につき、30冊を贈呈する」とあります。この冊子の調達はどのような形で行っているのかも伺います。

甲斐市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−01号

これまでも議員に対する給付の充実などの法令の改正や、各自治体の創意工夫によりさまざまな改善策が講じられてきたところでありますが、抜本的な改善策はなく、多くの自治体危機感を抱いている中、総務省研究においては集中専門型また多数参画型など新たな議会のあり方が示されたところであります。  

甲府市議会 2018-06-13 平成30年経済建設委員会 本文 2018.06.13

◯藤原委員 前回のリニア中央新幹線調査研究のときにもお聞きしたんですけれども、この90ヘクタールの進め方をもう一度確認させていただきたいと思います。定例会もそろそろ終わって、4月9日の発表も過ぎてというところで、まず、住民の方々からの今回の90ヘクタールに対して、そろそろ土地区画整理事業のお話とかが来ているかどうかということが1点。  

甲府市議会 2018-03-14 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.14

研究での活動費用も10万円ほど盛り込んだところでございます。  以上でございます。 ◯大塚委員長 神山委員。 ◯神山委員 JRはもうかれば当然走らせてくれると思いますので、その需要調査というのは非常に重要ですし、新年度予算をふやしていただいたことは歓迎するところです。今後、その需要調査等を踏まえて具体的な提案をJRにしていって、ともに市民要望実現に向けて歩みを進めてもらいたいと思います。  

甲府市議会 2018-03-13 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.13

9節旅費は、常任委員会議会運営委員会や調査研究行政視察などが主なものでございまして、今年度新たに中核市市長会が開催いたします中核市サミットへの参加費が認められております。  11節需用費は、市議会だよりの発行に要する印刷製本費及び事務局使用いたします消耗品費などに要する経費でございます。  

甲府市議会 2018-03-07 平成30年総務委員会 本文 2018.03.07

◯内藤委員 それでは、この間、甲府市議会中核市調査研究ですとか本議会でも代表質問で取り上げさせていただいておりますので、改めて聞くことはありませんので、現時点での態度を表明したいと思います。  中核市移行によって、保健所設置を初めさまざまな権限を甲府市が持つことによるメリットを否定するものではありません。問題は、中核市事務を執行する体力、つまり職員体制や財政力がどうかということです。