運営者 Bitlet 姉妹サービス
454件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月26日−05号 特に、子どもの教育は子ども一人一人の幸せ、成長と発達のためにあります。それだけに社会にとって大切な営みです。教育は子どもの権利であり、家庭の経済力にかかわらず全ての子どもに豊かに保障される必要があります。  教育予算の比率を先進国並みに高め、教育費の負担軽減、教育環境の充実、子どもの貧困対策の拡充などを国に求め、市としても、全ての子どもの成長を保障する政策の充実を図るべきです。   もっと読む
2018-09-11 富士河口湖町議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月11日−04号 主な相談内容は、不登校、いじめ、家庭環境、発達障害、経済的なものが主な相談内容となっております。  続きまして、項2小学校費、目1学校管理費2億2,135万1,784円は、管内小学校8校の経費となります。  節1報酬は小学校の校医の報酬です。節7賃金は町単教諭12名、用務員6名、支援員19名、計37名分の賃金となります。 もっと読む
2018-06-18 都留市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号 3つ目として、道徳の時間を教育課程上「特別の教科 道徳」として新たに位置づけ、発達の段階に応じ、答えが1つでない課題を一人一人の児童が道徳的な問題として捉え向き合う、考える道徳、議論する道徳へと転換を図ることになりました。   もっと読む
2018-03-16 都留市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月16日−02号 障害児通所支援事業につきましては、障害を持つ児童が地域で障害の特性に合ったサービスを利用できるよう障害児の支援を図るもので、放課後等デイサービスや児童発達支援事業など障害児通所支援事業に係る経費を計上いたしました。なお、この事業に充当する特定財源といたしまして、国庫支出金、県支出金を予定しております。  続きまして、3項生活保護費、1目生活保護総務費についてご説明いたします。   もっと読む
2018-03-15 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月15日−04号 本県特有の文化である無尽は、今日のような銀行制度が発達する以前から、住民の互助活動として根づいたものでありました。時代の流れとともに、現在では金融活動としての目的は薄れ、若者から高齢者まで、年齢層を問わず気の合う仲間同志での交流の場として、さまざまな単位で無尽が行われております。そのため、無尽自体が地域に根差した伝統的なソーシャルキャピタルとも考えることができると思っております。   もっと読む
2018-03-14 富士河口湖町議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月14日−05号 非常にいわゆる発達のおくれかなみたいなお子さんはたくさんいらっしゃるので、そういった方の支援が、実は平成28年度よりは非常にやりやすくなった部分もありますし、いろいろ行き届くようになったのも確かということで、この辺については、細かくいろいろな家庭への対応ですのでお話しすることはできませんが、感想としては持っているところであります。   もっと読む
2018-03-14 都留市議会 平成30年  3月 社会厚生常任委員会-03月14日−01号 共生型地域密着型通所介護は、高齢者と障害を持つ方が同一の事業所でサービスを受けやすくすることを目的に創設されたもので、障害者サービス事業所である指定生活介護事業者、指定自立訓練(機能訓練)事業者、指定自立訓練(生活訓練)事業者、指定児童発達支援事業者、または指定放課後等デイサービス事業者が、地域密着型通所介護を実施する際の基準を定めるものであります。   もっと読む
2018-03-14 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号 また、国の規定により、1つの学童クラブには2名の指導員を配置しなければなりませんが、発達に特性が見られる児童の入所希望が多く、2名の指導員では目が行き届かない現状があります。そのため、子供たちの安全を確保するために指導員を補充しなければならず、それまでの間、待機をしていただいている状況になっております。  最後に、指導員の確保対策についてであります。   もっと読む
2018-03-12 富士河口湖町議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月12日−03号 主な事業は、つどいの広場、ファミリーサポートセンターの運営及びふれあいこども館の運営委託と発達相談等の費用です。  重立ったものについて説明をさせていただきます。  節7賃金985万1,000円は、つどいの広場やファミリーサポートセンターに係る嘱託・臨時保育士等賃金と社会福祉士の賃金であります。   もっと読む
2018-03-12 都留市議会 平成30年  3月 定例会-03月12日−02号 まさに本当に本市にあっている、特に交通網が余り発達しておりませんから本市においては、そういうところも課題になっているんだなというのが非常に肌で感じるところでございます。一番はやはり医療と介護というのは、今後もう超高齢化社会になっていく上で間違いなくこれは最重要課題だと思うんです。   もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.19 ◯松田学校教育課長 各学校におきまして、技術家庭科や特別活動、総合的な学習の時間などの中で、発達段階に応じて指導をしているところでございまして、特に中学校になりますと、山梨県警察本部の少年対策官、あるいは総務省のeネットキャラバンというような出前授業がありまして、こういったものを活用して取り組んでいるところでございます。 もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.13 最近いろいろな学校の先生方と話す機会もふえてきているんですけれども、何しろ多忙化の要因として、研修の増加、あと発達障がいの子どもがふえて、指導困難な子どもがふえて、その対応に追われていること、あと経済困難を背景とした親の養育力・教育力の低下が、教師の多忙化に拍車をかけている。 もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.03.07 そして、おおむね月に120冊程度のペースで絵本をお渡ししているんですけども、このブックスタート事業、まず、赤ちゃんの段階で絵本に親しんでいただく、それ以降につきましては甲府市子どもの読書活動推進計画というものがございまして、それに基づきましてそれぞれのお子さんの成長発達段階に応じた、甲府市立図書館の事業を通じましてお子さんに段階的にそれぞれの年齢に合った本に親しんでいくというような流れをつくっていく もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.15 発達障がい児が、近年、ふえている、見込まれていると思います。この障害児通所支援サービスも、そのために増額が必要ではないかと思っておりますが、現在発達障がい児、大体何人ぐらいか、実人数がわかればお示しください。 ◯大塚委員長 長田障がい福祉課長。 もっと読む
2017-12-18 都留市議会 平成29年 12月 定例会-12月18日−02号 県のホームページによりますと、文部科学省の調べでは、発達障がいの可能性のある児童・生徒の割合は、小中学校の通常学級で学ぶ子供の6.3%を占め、全国で約68万人にものぼると言われております。また、専門家からは、グレーゾーンも必然的に存在することから、約8%が発達障がい、またはその付近にいるとも言われております。 もっと読む
2017-12-15 甲州市議会 平成29年 12月 定例会-12月15日−03号 次に、広汎性発達障害の早期発見の取り組みについてお伺いいたします。  子育て支援の中で、例えば広汎性発達障害など非常に判断の難しい症状がございますが、本市の早期発見の取り組みについてお伺いいたします。 ○議長(夏八木盛男君) 健康増進課長、今橋美穂君。 ◎健康増進課長(今橋美穂君) 廣瀬一郎議員の質問にお答えいたします。   もっと読む
2017-12-14 中央市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号 また、入園について不安を持つお子さんについては、保育士の人数にもよりますが、園と相談するなか、また、内容によっては、発達障がい支援アドバイザーや保健師等に相談して助言や意見を聞く中で、できるかぎり保護者のニーズに応えるよう対応をしているところであります。  公立保育園への看護師の配置については、他の市や町の現状や状況などを参考にし、今後検討してまいります。   もっと読む
2017-12-11 大月市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月11日−代表質問・一般質問−02号 本年3月定例会において、高校生への医療費の無料化の計画について答弁しておりますとおり、本市としては、義務教育終了後は医療機関に受診する割合が低くなることなどから、子育ての大変な時期をサポートする考えを優先し、その助成として単独で実施している子育て支援手当支給事業、一時預かり保育事業、ファミリーサポート助成事業や産後ママの安心相談室、発育発達相談などの施策を展開しております。   もっと読む
2017-09-28 富士吉田市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月28日−03号 教育費、特別支援スタッフ事業において、臨床発達心理士が1名ということで、サポートが十分ではないと考えられることから、専門的な知識を持ったスタッフの増員など、相談がしやすい体制を整えてほしいとの要望がありました。  学校給食センター運営事業において、新たな施設として稼働が始まったので、残食の量などをしっかりと数字として管理し、今後の献立を考える上での参考にしてほしいとの要望がありました。   もっと読む
2017-09-19 韮崎市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月19日−02号 配布対象者は、身体、知的、精神発達障がいをお持ちの方、障がい者手帳の有無は問われておりません。また、難病や高齢などを理由に手助けを必要とする人で希望される人に、無料で口頭での申し込みにより配布されていると伺っております。  このように県内各市町村での納入、普及が増えております。 もっと読む