50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中央市議会 2019-09-24 09月24日-02号

現在、中央市の小中学校では、地域とともにある学校づくりを目指して、来年度を目標に全ての学校を、田富小学校が先行実施しているコミュニティスクール学校運営協議会)の設置を進めています。これは、学区内の地域住民に、もっと学校に関わりを持っていただく活動で、保護者や教員、子どもたち地域が密接な関係を持つことで、お互い顔のわかる関係になり、学校地域が一体となり課題解決に取り組むことができます。

中央市議会 2018-06-19 06月19日-03号

なので、その中でどうしても、例えば田富、北は説明したという話でしたが、田富小とか、豊富とか、自校方式でやっているところなんかは、近くでやっていたところからセンターに行ってしまうというようなこともあります。丁寧に顔を合わせて説明するというようなことが、どこかのタイミングで必要なんではないかというふうに思って質問したんですけども、それについては再度ご見解を伺います。

中央市議会 2018-03-01 03月01日-02号

田富南北道路が整備されることにより、現在計画進行中の給食センターからの田富小学校への配送もスムーズになり、歩道もついた規格の道路のため沿線住民地区の児童も、より安全に通学できると考えますがいかがでしょうか。 ○議長(河西茂)  中楯教育総務課長。 ◎教育総務課長中楯孝博)  再質問につきまして、お答えいたします。 

中央市議会 2017-12-15 12月15日-03号

発行額47億1,740万円の充当先は38事業に上り、充当額の大きい事業としまして、土地区画整理事業7億4,760万円、福祉健康拠点施設整備事業4億9,270万円、田富小学校規模改修事業2億8,130万円、三村小学校屋内運動場改築事業2億5,580万円、玉穂中学校規模改修事業2億2,700万円、新環状南通り線道路改良事業2億1,960万円等であります。 

中央市議会 2017-12-14 12月14日-02号

田富小学校では、携帯電話所持率が13%、スマートフォン所持率が17%、パソコン所持率が16%、ゲーム機タブレット所持率が17%、となっております。 豊富小学校では、携帯電話所持率が21%、スマートフォン所持率が30%、パソコン所持率が35%、携帯ゲーム機所持率が81%、音楽プレイヤー所持率が17%となっております。 

中央市議会 2017-09-19 09月19日-02号

田富小学校ですが、携帯電話保有率が21%、スマートフォンが30%という報告をいただいております。 小学校だけでよろしいですか。 中学校におきましては、玉穂中学校で、携帯とスマホというように分けていないんですが、玉穂中学校全体で69%、それから田富中学校につきましては、携帯電話が4%、それからスマートフォンが60%という、それぞれ保有率になっているというような報告をいただいております。 

中央市議会 2017-09-01 09月01日-01号

これは豊富・三村田富小学校プール改修や、給食センター実施設計委託業務、また豊富公民館解体工事等により増額となっております。 次に、第12款公債費ですが、13億4,402万円で、前年度比2,053万円の増額となっております。歳出総額の11%を占めております。 次に、第13款諸支出金です。6億9,283万円で、前年度比3億5千万円の増額となっております。

中央市議会 2017-06-13 06月13日-02号

田富小学校におきましては、やはり朝の時間を活用いたしまして、長縄大会、ドッジラリー、それから投げキャッチというようなボール投げになりますけども、などと行っております。 それから豊富小学校におきましては、朝活の時間、それから休み時間を活用いたしまして、持久走、縄跳び、縦割りによる、1年生から6年生を学年ではなく縦に割って、その中で円形ドッジボール、それからゴムとびなどを行っております。 

中央市議会 2017-03-14 03月14日-02号

当然、新しい普通教室棟を建設する際には、例えばの例で言いますと、田富小学校職員室が一番西側で、さらに西側に窓があって、そこから校庭が見えるという形式を取っておりますので、豊富小学校普通教室等建設場所も、現状の普通教室棟場所以外、グラウンドの関係で考えられませんので、同じ位置には建てますが、職員室については一番西側設置をして、そこに窓をつくって、子どもたちが遊ぶ姿を教職員が注意深く観察ができるようにという

中央市議会 2016-12-06 12月06日-01号

教育費では、三村小学校および田富小学校プール改修工事費リニア中央新幹線計画に伴う田富北小学校移転基本計画策定ならびに計画区域内地質調査業務委託費など小学校費学校施設整備費に9,987万9千円を、また、玉穂生涯学習館空調設備改修工事費増額分として図書館施設整備事業費に805万7千円を、学校給食センター基本設計策定業務委託料など学校給食費に2,116万8千円を計上しております。 

中央市議会 2016-09-01 09月01日-01号

教育費では、三村小学校および田富小学校プール改修工事に係る実施設計業務委託料を、小学校費学校施設整備費に95万1千円計上しております。 これらの歳出にかかる補正財源としましては、普通地方交付税の確定に伴い、地方交付税を4億5,021万6千円追加し、また各種事業に係る国および県補助金ならびに地方債を追加補正しております。なお、繰入金については、財政調整基金繰入金を減額補正しております。 

中央市議会 2015-12-17 12月17日-02号

給食施設センター化につきましては、現在中央市内には玉穂に1センター、それから田富地区田富小中センターが1、それから田富小学校、それから田富北小学校、豊富というように現在4カ所の給食施設を持っています。 一番古い施設ですと、田富小中給食センターですでに40年、玉穂給食センターにしても30年という時間が経過しております。

中央市議会 2015-09-04 09月04日-03号

田富小学校は、平成元年に建設され26年が経過しております。豊富小学校は、昭和38年と平成17年に建設され52年と10年が経過しております。玉穂中学校は、昭和61年から平成8年に建設され29年から19年が経過をしています。田富中学校は、昭和46年から平成2年に建設され44年から25年が経過しております。 

中央市議会 2015-09-03 09月03日-02号

検討委員会での協議内容として、「現在5つある調理場をそのまま存続させ、現在地に改築することが望ましい」との意見もありましたが、5つの調理場を新基準で改築するためにはそれぞれ2倍以上の面積が必要となり、田富小を除くすべての調理場では現在地に必要な面積を確保することができず、このまま、将来にわたって現在の5調理場を改築し継続していくことは不可能であるとの結論に達しました。