88件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲州市議会 2021-06-18 06月18日-03号

地球温暖化をはじめとする気候変動問題は、各地激甚災害の発生をもたらし、国内においても集中豪雨台風等による自然災害激甚化が近年顕著になってきています。こうした状況を踏まえ、2015年に合意されたパリ協定では、産業革命期からの平均気温上昇幅を2度未満とし、1.5度に抑えるように努力するとの目標が国際的に広く共有されました。 

甲府市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第3号) 本文

私は、本市かじ取り役として、新型コロナウイルス感染症拡大による社会構造変化に対しても、適切かつ迅速な行政サービスの提供を行うため、新たな価値観など社会の変容に即した、デジタル化の加速や、地方移住への関心の高まりを捉えた事業激甚化する災害備え地域防災の充実を図るための事業などを展開してまいります。  

甲府市議会 2021-03-12 令和3年予算特別委員会 本文 開催日: 2021-03-12

「安全で安心して健やかに暮らせるまちをつくる」におきましては、最優先事項であるワクチン接種をはじめとするPCR検査体制感染予防対策の強化など、新型コロナウイルス感染症対策に万全を期すとともに、感染症患者医療費公費負担などの支援に取り組むほか、激甚化する豪雨災害への対応を図るため、市民一人一人の避難行動計画であるマイ・タイムラインを各地域で作成してまいります。  

甲州市議会 2021-03-08 03月08日-03号

また、最近の温暖化の進行による災害激甚化で、停電が何日も何日も続くことや道路が寸断されることは珍しいことではなくなってきております。20年前の杣口浄水場設計思想では対応できなくなっているとも考えられます。 一方、太陽光発電など身近に発電できる技術が進歩しておりますので、これらを活用した防災設備も取り入れることが可能であります。

甲斐市議会 2021-03-03 03月03日-02号

近年、各地で発生する激甚災害に関する報道によりまして、市民防災に対する意識は高まっていると感じております。これまで、市の広報紙やウェブサイト、総合防災訓練などで防災意識の高揚を図ってきたところでありますが、さらに防災に強いまちづくりに向け、日頃から自分自身の身を守る自助地域など周囲の人たちで助け合う共助意識がさらに重要となります。 

甲府市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第1号) 本文

また、新型コロナウイルス感染症拡大で表面化した課題に対しては、「新たな日常」の構築を通じた質の高い経済社会を実現することが重要であり、自治体デジタルトランスフォーメーション推進や東京一極集中の是正に向けた地方創生地方への人の流れの創出を推進するほか、近年の相次ぐ激甚化する自然災害を踏まえた防災減災国土強靱化など、様々な重要課題対応することとしています。  

甲府市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第3号) 本文

加えて、激甚化する災害備え防災減災国土強靱化推進するため、身近な地域に焦点を当てた住民一人一人の避難行動計画策定支援や、新型コロナウイルス感染症の収束を見据え、地域経済を活性化させていくため、日本遺産御嶽昇仙峡などの観光資源を生かした観光振興に取り組むとともに、城東三丁目敷島線伊勢工区)などの都市計画道路の整備も長期的視点に立って進め、市民皆様生活環境向上に努めてまいります。  

山梨市議会 2020-12-10 12月10日-02号

この5年間にも、全国では、集中豪雨台風による土砂災害や水害が頻発激甚化していることから、政府は従来からの取組に加えて、災害時に人命経済暮らしを守り、支える重要なインフラ機能を維持できるよう、予算を大幅に増額し、3年間集中で緊急を要する対策として、防災減災国土強靭化のための3か年緊急対策を打ち出すなど、状況は年々逼迫してきております。 

甲州市議会 2020-12-09 12月09日-03号

2020版環境白書では、豪雨災害などの頻発激甚化が今後予想されることを踏まえ、気候危機宣言を出し、二酸化炭素排出抑制を呼びかけております。 環境省では、地球温暖化対策のため、かねてから、重ね着などの工夫で過度な暖房に依存しないライフスタイルであるウオームビズを提唱してきましたが、夏のクールビズに比べ、各自治体でも推進が遅れている現状であります。 

甲府市議会 2020-12-01 令和2年12月定例会(第3号) 本文

サミットでは、まず、日本災害情報学会会長片田敏孝様による「頻発激甚化する災害から『生き抜く』ために」と題した基調講演が行われ、平成30年7月豪雨の教訓を踏まえ、自助共助公助が一体となって自然災害に立ち向かうコミュニティの重要性が語られたところであり、近年大規模災害に見舞われていない本市が現在進めている地域防災力向上の様々な取組も、素早く結実させていく必要があると感じたところであります。  

甲府市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第2号) 本文

私は、本市に訪れるたくさんのチャンスを最大限に生かして、コロナ禍の中、新たな日常を定着させるとともに、激甚化する災害への備えを施すなど、将来にわたって市民皆様の安全・安心な暮らしを創り出す中で、近未来甲府市民が、笑顔があふれ、元気に満ちた暮らしを営んでいる、明るい未来としていくことを願っております。