11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

富士河口湖町議会 2018-12-13 12月13日-03号

◆9番(山下利夫君) この予定価格が22億9,716万という大規模工事なわけなんですが、一括発注という方式で今回発注されているんですが、最近で言うと南中のときは、建築機械設備電気設備に分けての発注だったんですが、これだけの規模工事一括にしたのはなぜか、その理由を伺います。 ○議長堀内昭登君) 総務課長赤池和文君。

富士河口湖町議会 2018-09-05 09月05日-02号

また、組合立とは言っても、ほとんど富士河口湖町の生徒が占めておる南中においても、約2億くらいかかるというように思っております。しかしながら、財源の問題はただいまお話をしたとおり、国が3分の1ということで、何とかこれは県もそれに追随した補助制度を設けていただければというように思っております。今現在、この町、町単基金でございますけれども、学校とて公共施設の最たるものでございます。

富士河口湖町議会 2014-12-09 12月09日-01号

これを我が町に当てはめますと、南中と単体としての町立の学校教育委員会、これを併任させたらどうだという考えを私は持っております。この併任ということでありますが、1つは行政スリム化、経費の削減につながることも一つですし、ただいまの南中建設等が終了された暁には、湖南中の教育行政そのものを町に取り込んでもいいんではないかというように私は発展的な考えを持っております。

富士河口湖町議会 2014-06-10 06月10日-01号

船津小小立小大嵐小生徒南中へ行きます。5月末の南中組合議会においてこの件の質問をしましたところ、教育委員会が議題に上げて協議をするという返事をいただきました。組合教育委員会ともすり合わせ等をする中、教師側立場というのではなく、保護者側立場というのでもなく、子供たちの将来を見据えた上で、今後何が最良かを予算も含めまして議論、研究をしていただきたいと思います。 

富士河口湖町議会 2012-09-12 09月12日-02号

新築決定への要因の中で議論がされた鉄筋コンクリートの建物の耐用年数が60年との指摘があり、南中は既に40年が建設から経過しているので、大規模耐震改修工事をしても、耐用年数が残り20年ならば、新築がよいのではとの意見もあり、費用対効果の面からも新築決定がなされたものと考えております。建築基金の積み立てがなくて大変ご苦労されたとも聞いております。 船津小学校耐震化は既に終了しています。

富士河口湖町議会 2011-06-08 06月08日-02号

また、もう一つ組合立南中ですが、昨年新しく建てかえることが決まり、今年度に設計、来年度から工事に入り、校舎の工事完了予定は、普通教室平成25年2月、特別教室平成26年4月と聞いています。耐震化完了までの期間がまだかなりあります。工事完了までの子供たち安全対策を町としてどのように考えていますか。

富士河口湖町議会 2010-12-14 12月14日-02号

南中は600人を超える生徒が通学する県下でも3番目に大きなマンモス校であります。生徒の安全・安心を守り、良好な教育環境を整えることは、何よりも優先して実施しなければならない緊急度の高い事業であると認識いたしております。 過日、湖南中学校組合議員協議会においても改築、いわゆる新築という方向で意見集約をいただいたところであります。

富士河口湖町議会 2010-03-10 03月10日-03号

南中は大体1時間おくれということで式が終わったのも12時40分ぐらいという、相当に忙しい中でありますけれども、定刻に始まりますようご協力いただけたこと、本当にありがとうございます。 きょうから代表質問一般質問に入ります。質問される方及び関係者の方々、ぜひ---することをお願いして会議に入りたいと思います。 ただいまの出席議員は18名、定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。 

  • 1