266件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第3号) 本文

人権は、日本のみならず世界で取り組むべきことと示される中で、大きな関心ごと朝鮮民主主義人民共和国による日本人拉致問題であります。  冒頭でも申し上げましたが、これは我が国だけではなく、世界が注目する大きな問題であり、本市山本美保さんは拉致の可能性が濃厚としている77人の中の1人であります。このことは、甲府市として、また、甲府市民として本当に大きな問題であると私は常々申し上げてきました。  

甲府市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

そこで、我が国の次代を担う児童生徒民主主義根幹である租税について、その意義役割機能仕組み等租税制度を知るとともに、申告納税制度の権利及び義務を正しく理解し、社会構成員としての正しい判断力と健全な納税者意識を養うことを目的として、教育関係者地方税当局及び関係民間団体との緊密な連携を行い、全国の自治体ごと租税教育推進協議会を設立し、現在、それぞれの協議会単位において、小中高校単位租税教室

甲斐市議会 2019-12-17 12月17日-03号

外部行政評価の導入につきましては、議会制民主主義の本来の姿として、評価役割機能は、行政チェック機能を有する議会が担っているところでありますので、市民の代表である議会からの声を尊重しており、現在導入する予定はありません。 しかしながら、引き続き効率的・効果的な行政執行に努める中で、必要となれば研究してまいりたいと考えております。 以上です。よろしくお願いいたします。

甲府市議会 2019-09-20 平成30年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2019-09-20

しかし、近年、国の政治によって、例えばシルバー民主主義という言葉も三、四年前、物すごくはやって、定着しているのは世代間の公平性などと称して、高齢者福祉が手厚過ぎるからもっと違うところへ、子育てへという言いわけになっているのではないでしょうか。高齢者への福祉支援が全国的に後退してはいけないと思います。でも、全国的に後退している傾向があると思います。  

甲斐市議会 2019-06-24 06月24日-04号

今回、本委員会は、本市の将来を見据えた適正な議員定数は、現行の22人から3人削減し19人とする調査検討結果をまとめたが、議員定数の削減によって議会弱体化を招くことのないよう、議員一人一人が不断の努力により資質の向上に努めるとともに、地域民主主義の確立のため、今後も引き続き議会改革議会活性化推進することによって、市民から信頼される議会を目指していくことを議員各位にご期待申し上げ、調査検討の完了の

中央市議会 2019-06-20 06月20日-03号

ですから、議会がこの水問題を本当に民主主義としてどう取り扱っていくか、議会としてどういう議論をしていくかということが大きなテーマだと思います。市がモニタリングをしていくということで技術者を確保して、その民営化広域化に対して市の職員が上手に関与していくということを含めながら、議会にどういった情報提供していくか。

甲州市議会 2019-06-17 06月17日-02号

ただ、一つ申し上げておきたいことは、今回の都市計画税再開のような重要な案件については、議会と協議する場を設けるのが本来の議会制民主主義のあり方ではないでしょうか。3月、4月と議員には説明がありましたけれども、本来なら、昨年、庁内会議でこの都市計画税再開について討議が始まった時点で議会にも相談があるべきだったと、私は思います。

甲府市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第6号) 本文

それは財政上の民主主義として当然なことです。それがこの間、制度的に富裕層と黒字大企業への課税が軽くなり過ぎているから、基本的税収低下し、悪税である消費税増税に向かっているのです。  しかし、国民健康保険に加入している被保険者には、その性格上、富裕層高額所得者などはいません。国民健康保険料限度額引き上げ負担増となる世帯所得は、4人世帯など600万円台の世帯です。

韮崎市議会 2018-12-26 12月26日-05号

委員からは、「議員定数を削減すると住民の意思を反映できなくなり、監視機能議会機能低下民主主義低下につながるので削減すべきではない」とする意見や、「市民アンケート調査結果では半数以上が削減すべきであるという市民の声を重視すべき」との意見、また「人口が3万人を割っている状況を勘案すべきであり、定数を減らしても議員が努力し、質を上げていくことで議会機能低下させることはない」等々の意見が出された

甲斐市議会 2018-12-17 12月17日-03号

山県大弐先生が43歳で処刑を、徳川幕府にされたわけでありますが、先生の念願しているところは、この世界に、また、日本には指導者は、太陽が1つしかないということから見て、指導者たるものは、世界の人々が幸せに暮らせることが一番モットーであると、今の民主主義社会を説いた方でもあるわけであります。 そういう意味で、私も、山県大弐先生に敬服している思いが、私にはあるところであります。

甲府市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第2号) 本文

現行憲法は、国民主権基本的人権尊重平和主義基本原理を軸とする中で、戦後日本に自由と民主主義の定着を実現し、我が国の繁栄と平和に大きく貢献したものと考えております。現在、国会において憲法の改正に向けた動きが見られますが、施行から71年が経過し、社会状況我が国を取り巻く国際情勢の変化、国民意識価値観多様化などにより、憲法についての関心は高まっております。

都留市議会 2018-09-21 09月21日-03号

堀内市長のもとで議会執行部が一体となり、都留市の発展を夢見ながら活動をしてきたつもりでございますが、本日、青天のへきれきとも言うべき議長不信任が提出され、否決されましたが、民主主義には少数意見尊重という美しい言葉もございます。7人の反対された人たちの気持ちをくみ、辞職を決意することになりました。 

甲州市議会 2018-09-12 09月12日-03号

市当局と市の両輪にたとえられる議会も、新しい時代の議会制民主主義、市議会を目指してICT活用研究を進めております。さまざまな思考があるとは思いますが、甲州市がICTという現代の武器を身につけていくため、ICT活用課を新設して取り組んでいく考えはないかお尋ねいたします。 ○議長夏八木盛男君) 観光商工課長芦沢尊彦君。 ◎観光商工課長芦沢尊彦君) 議員の質問にお答えをいたします。