14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

市川三郷町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号

3ページですが、第1条関係ですが、9条の2、これにつきましては、医師等の初任給調整手当を引き上げるもので、第1号では医師および歯科医師を月額「30万8,500円」から「30万9千円」に500円増額するものであります。  2号では、医学または歯学に関する専門的知識を必要とする職、これにつきまして、「5万700円」から「5万800円」に、100円増額するものです。

甲州市議会 2017-09-25 平成29年  9月 定例会-09月25日−04号

年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)      ◯議案第68号 平成29年度甲州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)      ◯議案第69号 平成29年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)      ◯議案第70号 平成29年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)      ◯請願第4号 30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充を図るための請願      ◯請願第5号 子どもの歯科矯正

甲州市議会 2015-09-11 平成27年  9月 定例会-09月11日−03号

さらに、従来の包括的支援事業を発展的に見直し、制度改正に的確に対応するため、平成26年4月に医師会、歯科医師会、峡東保健事務所、区長会、民生委員会、介護支援専門員介護サービス事業所、社会福祉議会等の多職種代表による甲州市地域ケア会議を設置し、2カ月に一度のペースで地域の抱えるさまざまな困難事例の協議を行ってまいりました。  

上野原市議会 2014-09-17 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月17日−02号

これを調べてみますと、内科が8診療、外科が2、整形1、リハビリ1、眼科2、耳鼻科1、歯科医が11、接骨医が4、ほぼこれで間違いないと思うんですけれども、こうした一次医療で、午前中にもやっぱり質問がありましたけれども、夜間に診療してもらいたいといってもなかなかその住まいと診療所が異なるということで、夜間対応、休日対応というのが難しい。

甲州市議会 2012-09-15 平成24年  9月 定例会-09月15日−02号

このほか、20歳以上の方は、歯科医療機関で歯周疾患検診が受けられる体制となっております。  本年度はより受けやすい健診体制の整備としまして、事前に希望調査を実施し、対象者を把握いたしました。安全プライバシーに配慮した健診を実施するため、会場を広い会場へと集約し、受診時間の指定をすることで、短時間に健診が受けられる体制を整備いたしました。  

市川三郷町議会 2011-03-17 平成23年  3月 定例会(第1回)-03月17日−02号

続いて、母子衛生費の2歳児歯科の内容はと質問したのに対し、年4回で歯科検診が中心であるが、発達検査も行っているとの答弁がありました。  また、幼稚園保育園においてフッ素うがいを行っているようだが、小学生についての町の考えはと質問したのに対し、賛否両論があり、学校の考え方もある。保育園においては、保護者会を開き、歯科の先生方と協議をし、希望者のみ行っている。強制ではないと答弁がありました。  

市川三郷町議会 2010-12-17 平成22年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号

内容は入院外来、歯科、調剤等であるが、疾患や受診の内容確認等は現在行っていない。安易な受診は避けなければならないと思うので、今後、全体的な学習会を行っていきたいとの答弁がされました。  さらに、1人親家庭医療費助成金について、1人親家庭が増えているようだが、現状、および8月の更新と新規の手続きの件数はと質問したのに対し、入院等は増えていないが、外来、調剤等が増えている。

富士吉田市議会 2008-12-10 平成20年 12月 定例会(第7回)-12月10日−02号

例えば韮崎のあけぼの学園に入所している方が卒業後地元に帰りたくても帰る施設がない等で、グループホーム、ケアホームは不足しており、リハビリ、歯科医等、障害者専門の医療機関がなく、あけぼの学園等まで大変な思いをしていかなくてはなりません。歯科医については、富士吉田市から歯科医師が当番で山梨口腔保健センターまで行っているのが現状です。

中央市議会 2008-09-14 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月14日−03号

そのためには、成人の歯科検診の受診者を増加させることが重要になります。今の成人検診時の歯科検診の受診率は13.2%で、希望者だけが実施しておりますが、市民歯科保健の重要性を知ってもらうような対策が必要だと思われますが、どうでしょうか。また、歯周疾患検診をする予定はあるのでしょうか。  県内では、平成20年に16の市町村で実施予定になっております。  

中央市議会 2006-06-28 平成18年  6月 定例会(第2回)-06月28日−02号

それと、中央市の福祉医療については、事業を行うということですが、この事業を行う上で地域医療機関医師会、歯科医師会、薬剤師会との連携が必要になってくると思われます。この対応はできているのかどうかお聞きしたいと思います。 ○議長(田中周治君)   田中市長。 ◎市長(田中久雄君)   それでは、一瀬議員の再質問にいてお答えをしてまいりたいと思います。  

  • 1