28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

中央市議会 2017-03-14 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月14日−02号

ただ、都市計画法の中で、市に、権限委譲をされている部分もございます。それらを最大限活用する中で、この市民の皆さん方の要望に沿えるもの、それらにつきましては、対応してまいりたいと、そのように考えております。 ○議長(河西茂)   残り時間4分です。時間を考慮して再質問をお願いします。  小池章治議員

中央市議会 2016-05-19 平成28年  5月 臨時会(第1回)-05月19日−02号

2 市長は、地方自治法昭和22年法律第67号)第180条の2の規定に基づき、協議により、その権限に属する住民投票の管理及び執行に関する事務を中央市選挙管理委員会(以下「選挙管理委員会」という。)に委任することができる。  (住民投票期日)  第4条 住民投票期日(以下「投票日」という。)は、この条例施行の日から起算して90日を経過するまでの間において、市長が定める日とする。  

甲州市議会 2015-09-11 平成27年  9月 定例会-09月11日−03号

ちなみに、ぶどうの丘は、佐野管理者に市長の権限の一部を委任しているわけですが、本来、市行政の最終責任は市長が追うものと考えます。さらに、水道事業と勝沼病院事業の管理者は田辺市長ご自身ですよね。そこで、なぜかくも10年という長きにわたり、このような組織的ミスが起きたのか、その原因は何なのかも含めて、ご見解をお尋ねします。 ○議長中村勝彦君) 市長、田辺 篤君。

上野原市議会 2015-03-27 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月27日−04号

こうした実情の中で、教育長権限を強化するのは、ますます教育委員会の形骸化をもたらすものと考えております。  今議会で、条例改正案の説明が、教育委員会から説明されましたが、概略を説明した資料は文部科学省が作成した利点ばかりを強調したものです。文部科学省国会の議論を通じて、従来の教育委員会の機能を全て否定したものになっていない、こういう通知を昨年の4月17日に出しています。

大月市議会 2014-12-01 12月01日-議案上程・説明・付託-01号

空き家は、個人が所有する財産に係る問題であり、行政からの関与が難しい課題となっておりますが、先月、成立した空家等対策の推進に関する特別措置法により、空き家への立入調査や所有者情報の利用が可能となるなど、市町村権限の強化が図られることから、この法律の趣旨にのっとり今後の事務を進めてまいりたいと考えております。 次に、大月市土地開発公社解散についてであります。 

甲州市議会 2012-09-15 平成24年  9月 定例会-09月15日−02号

例えば、所得階層別の加入世帯、滞納世帯法定権限を受けている世帯数などについてお願いしたいと思います。 ○議長(夏八木盛男君) 健康増進課長、井上愛子君。 ◎健康増進課長(井上愛子君) 川口議員のご質問にお答えいたします。  国民健康保険加入世帯について、平成23年度での状況を所得階層別に申し上げます。  

上野原市議会 2011-09-12 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月12日−03号

どういう人を対象に、いつ発令するか、これは市町村長権限なんです。だから私は怖いと言いたいんです。いつ発災するかわからないと。行けと、避難して行ってしまったら、食べるものもない、寝るところもない、入るところもない、いつ発災するかわからないと。下手をすると解除になるかもしれない。しかも解除になってすぐ発災するかもしれないですよ。予知というのは明確ではないから。

上野原市議会 2009-04-03 平成21年  3月 臨時会(第2回)-04月03日−02号

ただ、あくまでも再提出権は市長にありますので、新しく人選してくるのか、これまでの人選をしてくるのか、これはあくまでも市長の権限でございますので、それは議会特別委員会が決定するものではありません。  これでよろしいでしょうか。      (異議なしの声多し) ○議長(久島博道君) 元へ戻ります。  全議員が委員になって委員会審議がなされておりますので、ただいま質疑がございました。

上野原市議会 2008-03-19 平成20年  3月 定例会(第1回)-03月19日−02号

議会で決まってもその辺は一応執行するところの権限でありますので、入れかえ、差しかえができますので……。           (発言の声あり) ◆1番(市川順君) もちろんやるんですよ、やるんですけれども、執行順序の話ですから、議会が決めても執行順序の話がありますから、そういうことも必要かなというふうに思います。  それから、執行順序のほかに、それが第1番でしょうね。

中央市議会 2008-03-16 平成20年  3月 定例会(第1回)-03月16日−02号

「業者の指名に対する行政裁量権限が大き過ぎる。市長選挙の応援に対する論法的な指名、指名基準が抽象的なため、個々具体の入札案件ごとの基準に足り得ない」ということを言っております。  非常にある部分は基準、指名選考の基準になるものが非常に不透明である。合併前の実績が土木の、ほとんど実績のあるものがないにもかかわらず、年間、億以上の仕事を取っている業者もいる。

中央市議会 2007-02-13 平成19年  2月 臨時会(第1回)-02月13日−01号

まず第1条、部の設置でございますけれども、地方自治法第158条第1項の規定に基づき、市長の権限に属する事務を分掌させるため、同項に規定する内部組織として次に掲げる部を設けるものとすると。  総務部市民部・保健福祉部・建設部・農政観光部の5部としまして、現状の市民部を市民部と保健福祉部に分割をし、産業建設部と農政観光部とを再編し、建設部と農政観光部としております。  

上野原市議会 2006-09-19 平成18年  9月 定例会(第3回)-09月19日−02号

公正取引委員会は悪質だとして刑事告発目的に犯則調査権限を適用いたしまして、5月にメーカー11社の刑事告発とメーカー7社の幹部職員逮捕いたしました。これに伴いまして、県がこれらのメーカーを指名停止処分したことを受けまして、当市におきましても指名停止処分を行ったところであります。  

中央市議会 2006-06-28 平成18年  6月 定例会(第2回)-06月28日−02号

入札の改革検討委員会権限責任は、当局との関係はどのような位置になるか、ご説明を願いたいと思います。  私は入札制度改革検討委員会が現状の指名競争入札制度追認する立場で、委員会の諮問がされたときは、市長の隠れみのになる可能性も十分あります。そのような方向にならないように、努めていただきたいと思います。  

甲州市議会 2006-03-24 平成18年  3月 定例会-03月24日−05号

去る3月9日の本会議において、各常任委員会に審査を付託いたしました事件のうち、建設経済常任委員会に付託した第2款総務費のうち、統計調査総務費については、総合政策課の所管でありますので、議長権限により、総務常任委員会に付託替えをし、審査を行っておりますので、ご了承をお願いいたします。

上野原市議会 2006-03-23 平成18年  3月 定例会(第1回)-03月23日−02号

同改正法で、保険者としての市町村権限が強化されるとはいえ、地域支援事業や任意事業等の取り組みによっては、市町村の間に大きな格差が生じてしまいます。また、これまでの介護保険制度は、施設の不足の影響も手伝って、サービス事業者の方を向いた制度であったように思います。保険者として、高齢者の尊厳の保持へ力点を置いた制度、事業になるよう、当局はよろしくお願いします。  それでは、質問に入ります。

大月市議会 2005-09-13 09月13日-議案上程・説明-01号

ご承知のとおり、地方においては分権が進み国の多くの権限地方に委譲されました。 一方では、補助金や交付金の削減、縮減が現実のものとなり、市町村の行財政運営は増々厳しいものとなっております。分権に対応すべく、市町村合併を推進する全国的な動きの中で、本市におきましても近隣の市町との合併に向け模索をしたところでありますが、合併には至らず今後の課題と致したところであります。  

上野原市議会 2005-06-22 平成17年  6月 定例会(第2回)-06月22日−03号

また、組織につきましては、縦割り型の組織にとらわれず、政策目標を新たに効果的にかつ効率的に事務事業を処理する組織とすることや、住民ニーズの迅速な対応、スピーディーな意思決定など対応するために職員責任権限を明確化し、意思形成過程を簡単でフラットなものにすることが有効であるとしております。  

大月市議会 2005-06-17 06月17日-委員長報告・質疑・討論・採決-03号

次に「意見書案第5号」でありますが、現在、地方分権の進展に伴って地方自治体首長権限が強化される一方で、地方議会権限は手付かずのままになっております。地方議会権限強化及び活性化のため、抜本的な制度改正が図られる必要があると思われます。 以上でありますが、これらにつきましては全国市議会議長会から議長あてに依頼が参っております。

  • 1
  • 2