8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

市川三郷町議会 2020-12-02 12月02日-01号

令和年度後期高齢者医療特別会計補正予算第2号では、歳入歳出それぞれ11億9,888万4千円を増額し、総額を1,058億618万円とするもので、歳入では基金繰入金および前年度繰越金計上など、歳出では、前年度概算交付精算返還金11億3,963万5千円の追加などでありました。 また、広域連合監査委員選任が行われ、富士川町の樋口正訓氏が選任されました。 

市川三郷町議会 2019-12-03 12月03日-01号

また、令和年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)では、歳入歳出それぞれ18億7,858万4千円を増額し、総額を1,058億6,056万6千円とするもので、歳入では、前年度繰越金計上ほか、歳出では、前年度概算交付精算返還金18億7,858万4千円の追加でありました。 また、広域連合議会議会運営委員会委員選任が行われ、都留市の鈴木孝昌氏、外1名が選任されました。 

甲府市議会 2019-09-24 平成30年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2019-09-24

5目療養給付費等交付金返還金は、社会保険診療報酬支払基金からの退職者医療制度に係る概算交付及び6目国庫支出金等返還金は、国からの療養給付に係る定率国庫補助である療養給付費等負担金について、それぞれ平成29年度精算分返還したものであります。  補正予算につきましては、返還に伴う増額補正であります。  2項1目は、直営診療施設勘定に対し、その収支の不足額を繰り出したものであります。  

市川三郷町議会 2018-12-04 12月04日-01号

また、平成30年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)では、歳入歳出それぞれ11億265万1千円を増額し、総額を1,021億5,470万9千円とするもので、歳入では、前年度繰越金計上ほか、歳出では、昨年度概算交付精算返還金10億7,040万7千円の追加などでありました。 以上、山梨後期高齢者医療広域連合議会報告といたします。

市川三郷町議会 2017-12-07 12月07日-01号

また、平成29年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)では、歳入歳出それぞれ20億6,910万9千円を増額し、総額を1,014億5,381万5千円とするもので、歳入では、前年度繰越金計上のほか、歳出では、昨年度概算交付精算返還金追加20億5,748万8千円などでありました。 次に、副広域連合長選任では、鳴沢村長小林優氏が同意されました。 

市川三郷町議会 2016-12-08 12月08日-01号

歳出では、保険給付費財源更正、昨年度概算交付精算返還金追加16億3,854万3千円等でありました。 以上、山梨後期高齢者医療広域連合議会報告といたします。 ○議長有泉希君)  続いて、峡南医療センター企業団議会報告をお願いいたします。 第14番、村松武人君。 ◆14番議員(村松武人君)  議長の命により、峡南医療センター企業団議会報告をいたします。 

市川三郷町議会 2015-12-04 12月04日-01号

歳出では、保険給付費財源更正基金積立金更正2億6,000万8千円、昨年度概算交付精算返還金追加21億9,658万円等でありました。 以上、山梨後期高齢者医療広域連合議会報告といたします。 ○議長三神貞雄君)  続いて、峡南医療センター企業団議会報告をお願いいたします。 第14番、村松武人君。

市川三郷町議会 2010-03-04 03月04日-01号

年度の決算におきましても、平成20年度からの医療費増にもかかわらず、複数の概算交付が見込みより大幅に少なくなり、本年度基金残額1億1千万円を取り崩して運営、さらに一般会計から赤字を補填しなければならない状況にあります。 町といたしましては、財政調整基金を取り崩し、ぎりぎりまで運営を行ってまいりました。

  • 1