1058件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲州市議会 2021-06-18 06月18日-03号

次に、森林環境譲与税の関連についてお伺いいたします。 2019年に導入された森林環境譲与税は、納税者1人につき年間1,000円を徴収し、市町村都道府県に配布する新しい税金です。税の使い道は、森林整備人材担い手育成木材利用復旧促進など幅広い分野が想定されております。 また、この税は、市町村森林行政の展開のための新たな政策手段財政資源を求めることになります。

甲州市議会 2021-06-17 06月17日-02号

また、先ほど非農地化ということで森林に返したりという部分があると思うんですが、場合によっては都市部の中で遊休農地になっているというようなところがあれば、それは宅地転用するとかそういうことも逆に提案していくというようなことも必要じゃないかと思うんです。都市整備課等と連携しながらゾーニングを考えて、ここは農地に向いているのか、ほかに向いているのかということを検討していっていただきたいと思います。 

甲府市議会 2021-03-17 令和3年予算特別委員会 本文 開催日: 2021-03-17

101: ◯鈴木委員 6款2項の林業費でありますが、森づくり推進事業とか、森林保護事業、また森林林業普及啓発事業等々、様々な取組をしていただいているのは承知しています。その中で、新年度以降、もう少し森林保護、また普及に関して、啓発をしたり推進をしていかなければならないのかなと感じているんです。  

甲府市議会 2021-03-12 令和3年予算特別委員会 本文 開催日: 2021-03-12

4項森林環境譲与税につきましては、森林環境譲与税の10分の9相当額が、私有林人工林面積林業就業者数及び人口で按分されて市町村に交付されるものであります。  3款利子割交付金につきましては、利子収益に対して5%が課税され、その5分の3相当額市町村に交付されるものであります。  18ページ、19ページをお開きください。  

甲斐市議会 2021-03-04 03月04日-03号

本市におきましては、森林整備基本方針として平成29年度から令和8年度までを計画期間とする甲斐市森林整備計画を策定し、森林の有する多面的機能を総合的かつ高度に発揮させるため、生物多様性保全や、また地球温暖化に伴い懸念される自然環境の変化を考慮しつつ、適切な森林施業の実施や、また森林保全の確保により、健全な森林資源保護等に関する取組推進することといたしております。 

甲斐市議会 2021-03-03 03月03日-02号

本市では、森林環境再生や循環型の社会の形成、地球温暖化防止に貢献する木質バイオマス発電事業の実現に向けまして、用地取得造成設計など着実な事業実施が図られるよう推進しているところであります。市民木質バイオマス発電事業を理解していただくためには、バイオマス産業都市構想特別委員会でもご要望をいただいておりますが、情報の発信が重要であると考えております。

甲府市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第3号) 本文

そのうち、本市所有森林面積2,868ヘクタール、全面積の約21%におきましては、市民との協働による水源保全基本方針として、水源林植樹の集いや、水道水源地クリーン作戦など、様々な事業市民協働して行うことにより、水源林保全だけでなく、市民水資源と、それを取り巻く環境の大切さの意識醸成に努められていることに感謝申し上げます。  

甲府市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第1号) 本文

更に、森林が有する公益的機能が十分に発揮できるよう、市有林及び民有林の造林・保育に取り組むとともに、松くい虫への対策に加え、新たにナラ枯れ被害への対策にも努め、本市の豊かな自然と森林が持つ素晴らしい機能を維持できるよう適切な森林整備を行ってまいります。  加えて、甲府名山手帳などの活用により、魅力溢れる「甲府名山」の周知に積極的に取り組んでまいります。  

甲州市議会 2021-02-24 02月24日-01号

次に、新規事業森林経営管理事業についてであります。 森林経営管理法に基づき、平成31年4月からスタートした森林経営管理制度では、適切な経営管理が行われていない人工民有林所有者に対し、積極的に働きかけ等を行うことが求められていることから、森林所有者への意識調査、意欲ある森林経営者への管理等の委託、間伐等実施など、森林環境保全に向けた事業実施してまいります。 

上野原市議会 2020-12-27 02月27日-01号

そのほか、地方譲与税は、森林環境譲与税が新たに計上されたことに伴い24.6%の増額利子割交付金は77.7%の減額、新たに創設された法人事業税交付金は皆増、地方消費税交付金は15.4%の増額自動車取得税交付金は、昨年10月に廃止されたことに伴い皆減などとなる見込みでございます。 続きまして、歳出について申し上げます。 

甲斐市議会 2020-12-18 12月18日-05号

昨年、昇仙峡や北部森林甲武信ユネスコパークに選定され、本年6月には本市甲府市の甲州の匠の源流・御岳昇仙峡日本遺産に認定されました。トイレ、ベンチなどの改修整備学術調査研究などに国、文化庁になると思いますが、から助成金が交付されます。今後の観光資源整備、開発や文化、環境保護活動地域活性化の原動力になり、特に本市古道整備は西の熊野古道、東の御岳古道の名所の復活、誕生につながると思います。

山梨市議会 2020-12-11 12月11日-03号

しかしながら、森林地球温暖化の原因となっているCO2吸収、酸素の供給、蒸発散作用により地球環境を調節するなど、本市面積の82%が森林であり、私たち生活に重要な役割を果たしているものであり、最も貴重な資源であります。 こうした一部を担う財産区の運営でございますが、さきに述べた理由により、厳しい運営が強いられております。

上野原市議会 2020-12-03 12月03日-02号

2番目の、森林資源水資源を活用した「エネルギー地産地消」についてという題でございます。 ①が森林資源を活用した産業についてということで、この質問は、持続可能のためにそうしたいと私は思っているんです。自治体には、お金がなければ何もできないです。特に、人口減少で税収が減ることが予想されています。その中で、移住・定住行政も、お金がないと成果も出てきません。