運営者 Bitlet 姉妹サービス
14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.14 ことし1月、安倍総理大臣の施政方針演説でも述べられており、今定例会本会議で金丸議員も話されておりますが、ことしは明治150年の節目の年であります。  山梨県及び甲府市にとって、明治時代は特別な時代であったのかなと思うところであります。 もっと読む
2018-02-23 甲州市議会 平成30年  3月 定例会-02月23日−01号 本年1月の国会における施政方針演説に「観光立国は地方創生の起爆剤」というフレーズがありました。 もっと読む
2017-03-15 中央市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月15日−03号 質問3.施政方針演説について。  1.子どもの貧困対策について。  施政方針演説の子どもの貧困対策整備計画策定事業に関わってお聞きします。  この事業で子どもの貧困の実態についての調査を行うとあります。子どもの貧困についてはさまざまなところで対策が必要だと指摘されていますが、一方で実態がつかみにくいという問題があります。実態把握は対策を行う第一歩です。 もっと読む
2017-03-10 甲府市議会 平成29年予算特別委員会 本文 2017.03.10 最初に、ことしの安倍総理大臣の施政方針演説を見まして、記事の内容が本当かななんて思いながら、いろいろ確認して、本市はどうなのかということを確認したいと思います。  本市の経済推移とデフレマインド脱却についての予算編成方針についてお伺いいたします。  まず初めに、本市の現状の把握をどのように把握して予算編成に臨んでいるのか。 もっと読む
2017-02-27 山梨市議会 平成29年  3月 定例会-02月27日−01号 平成29年の年頭の安倍総理の施政方針演説で、地方創生については「地方には、それぞれの魅力、観光資源、ふるさと名物があります。それを最大限生かすことで、過疎化という「壁」も必ずや打ち破ることができるはずです。地方の意欲的なチャレンジを」と述べられました。 もっと読む
2016-03-11 上野原市議会 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月11日−02号 市長は、施政方針演説の中で使った言葉、いろんな首長さんが使っている言葉と同じなんですけれども、「選択と集中」というフレーズがありました。直接お伺いします。上野原の駅の南口の開発のときに、エレベーターホールに2階から5階までステンドグラスをつけるということです。これはたしか1,600万円だったと思いますけれども、そしてこれを選択した。   もっと読む
2010-03-08 富士吉田市議会 平成22年  3月 定例会(第2回)-03月08日−02号 地域主権に対する基本的な考え方と、具体的に動き出した取り組みに対しての考え方についてでありますが、鳩山首相は、今国会の施政方針演説の中で、目指すべき日本のあり方の一つとして、新しい公共によって支えられている日本という考え方を示されました。 もっと読む
2009-03-09 甲州市議会 平成21年  3月 定例会-03月09日−02号 3月3日の本会議におきまして、市長のほうから施政方針演説の中で予算について述べられていたわけでございます。21年度予算編成には、国の予算編成の動向や平成21年度地方財政計画に基づき、市民福祉の向上に努めることを基本とし、あらゆる事業など優先度、緊急度を考慮しつつ、甲州市総合計画に基づき編成をしたと。 もっと読む
2008-06-19 富士吉田市議会 平成20年  6月 定例会(第3回)-06月19日−02号 平成20年1月に福田首相は、施政方針演説の中で、温室効果ガス排出量の大幅削減に挑もうとする国内の環境モデル都市10都市を選び、政府は重点的にバックアップしていく方針を表明しました。私は、だめでもよいから本市も手を挙げるべきだと主張しましたが、態度をあいまいにされました。つまり、気構えが全くないのです。これが私の愛する町だと思うと情けなくなります。 もっと読む
2007-03-22 中央市議会 平成19年  3月 定例会(第1回)-03月22日−03号 それから先ほど出ておりました、自治会の要望と市会議員も立会い、あるいは果たすべき役割、こんなこともあえて施政方針演説を聞くに従いまして、私たちもやっぱり取り組み方、なるべくこの際、真剣に考えて行動に移るべきではないかということを、まず大前提といたしまして、一般質問をしております点に触れていきたいと思っております。   もっと読む
2006-12-15 甲州市議会 平成18年 12月 定例会-12月15日−02号 今般、市長の施政方針演説にもありましたように、岩井地区においては有害獣防護柵は3,500メートル設置されました。9月末に完成、10月には岩井地区有害獣防護柵管理組合が引き受けて継続、維持管理をしていることになっております。そういう中で、まことに来年には大丈夫なんだろうという安心感はありますけど、期待するところであります。まことにありがとうございました。   もっと読む
2005-12-20 甲州市議会 平成17年 12月 定例会-12月20日−02号 そして、田辺市長もこの施政方針演説の中で、高齢者の総合的な相談に対応する在宅支援センターを包括支援センターに移行させるとともに、充実し、日常生活圏を設定し、住みなれた地域で高齢者が安心して暮らせるとおっしゃいましたけれども、私はやっぱり4カ月間で4回行く、10万円ちょっとくらいはかかるかもしれません。それでそのときに言われたんですよ。 もっと読む
1998-12-17 都留市議会 平成10年 12月 定例会-12月17日−02号 小林市長が就任して1年が経過しましたが、市長は昨年12月議会の初めての施政方針演説で、市民が主役のまちづくりを最大のテーマに掲げて数多くの施策を打ち出し、市民委員会を初め情報公開条例を検討する懇話会の設立や、青少年アウトドア活動研究会委員会にも6団体を認定するなど、施策を着実に実行してきております。 もっと読む
1992-03-01 甲府市議会 平成4年3月定例会(第4号) 本文 市長は今議会の冒頭、1時間20分余の長きにわたって、施政方針演説を行いました。その中に、「市民総参加」の言葉は一言もありません。ありますのは、「市民参画の総合計画審議会」、それと、「すべての市民とスクラムを組む市民参画の市政」の表現であります。参加、参画、私は私なりにこれを理解とするならば、参加よりさらに参画は発展をした考え方ではなかろうかと思うのであります。 もっと読む
  • 1