30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

甲府市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第4号) 本文

また、平成25年度からは、市内中学校区で取り組んでいる小中連携の一環としまして、同一中学校区内校長教頭教務主任等がそれぞれ定期的に集まりまして、情報交換をしたり、それぞれの学校授業を参観したりという形で、地域の実態にあった情報連携また行動連携をしているところでございます。  

上野原市議会 2020-06-15 06月15日-03号

臨時休業に伴う授業遅れについては、山梨教育委員会からの指導を踏まえまして、市の教育支援室と各学校教務主任で、主要5科目時数確保に向けた取組を行っております。また、臨時休業期間中の主要5科目遅れをできる限り優先的に進めるよう年間指導計画の見直しを行い、先ほど答弁したとおり、授業時数確保ができております。 

甲斐市議会 2019-03-04 03月04日-03号

本市小・中学校においては、管理職主任教員教職員等で組織する既存の校内運営委員会を活用したり、新たに管理職教務主任、学年主任養護教諭事務職員等で構成する校内多忙化対策検討委員会を組織し、自校の勤務状況等を把握するとともに、多忙化の原因や改善策等について協議し、多忙化改善に取り組んでおります。 以上であります。 ○議長長谷部集君) 13番、松井豊君。

韮崎市議会 2018-12-17 12月17日-02号

ただ、教務主任であるとか教頭等につきましては、大変取りまとめの業務がありますので、非常にそういうところに長時間勤務がちょっと偏っているということはございます。 以上です。 ○議長宮川文憲君) 一木議員。 ◆17番(一木長博君) そうですか、まだ把握はしていないということでありますけれども、過日新聞報道でいきますと、大体、今小学校で11時間15分ぐらいですか。

甲斐市議会 2017-12-12 12月12日-03号

甲斐市小学校外国語科教育課程検討委員会は、校長会教頭会代表、各小学校教務主任及び外国語教育担当教育委員会事務局の総勢30人ぐらいで構成し、来年の2月中には立ち上げる予定になっております。 今後、竜王小学校での研究成果を受け、来年度からの外国語教育の充実が図られるよう教育課程の編成や授業づくりについて協議を進めてまいります。 以上でございます。 ○議長小浦宗光君) 小澤重則君。

甲斐市議会 2016-12-15 12月15日-04号

半日勤務支援員だけを配置している学校はなく、必ず一日勤務支援員も配置をしていることから、午後の指導につきましては一日勤務支援員教務主任など学級担任以外の教諭学校体制を工夫し、子供たちに支障のないように指導に当たっております。 以上でございます。 ○副議長米山昇君) 滝川美幸君。 ◆3番(滝川美幸君) ありがとうございます。 

甲府市議会 2016-12-01 平成28年12月定例会(第3号) 本文

小学校で1教室を確保し、校長教頭教務主任OBのコーディネーターと、教員免許取得者学習支援員を配置して、国語と算数を中心に宿題やプリントによる自習が中心利用料は無料とのことです。この事業の一番の目的は放課後の学習支援を受けることにより、わかる喜びや、できる喜びを体得する中で、学習習慣を身につけること、基礎学力の定着を図ることです。

韮崎市議会 2015-08-31 08月31日-01号

評価者につきましては、教育委員5人及び学校長教頭教務主任、生徒指導主事研究主任学年主任の70人であります。 評価方法は、無記名アンケート方式で、評価尺度のA「十分である」、B「おおむね十分である」、C「不十分である」、以上3段階評価を行いました。 1、教育委員会回答では、c教育委員会事務局との連携及びd教育委員会首長連携は「十分である」と評価されております。 

山梨市議会 2014-09-17 09月17日-02号

学力学習状況調査の結果の分析校長代表教頭代表教務主任、指導主事などで組織する山梨学力向上推進委員会で行い、校長会で内容を確認し、11月には保護者に対して文書で公表していきたいと考えております。 次に、本市としての評価についてであります。今回の学力学習状況調査の結果の分析はこれからでありますけれども、今の段階で大まかな評価を次のように捉えております。 

韮崎市議会 2014-09-04 09月04日-01号

評価者は、教育長学校長教頭教務主任、生徒指導主事研究主任学年主任の計70名であります。 評価方法につきましては、Aが「十分である(目標に達している)」、Bが「おおむね十分である(ほぼ目標に達している)」Cが「不十分である(目標に達していない)」。 1の教育委員会評価でございますが、教育委員教育委員会事務局との連携、また教育委員会首長連携は十分であると評価しております。

甲府市議会 2013-09-25 平成24年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2013-09-25

学生によってはもう週に1回授業に行けばいいからというような学生もいらっしゃいますし、3年生だと午後ならなんとかなるとかという部分もあると思いますけれども、その学生の今度は一人一人のコーディネートにつきましては、学生をそこへ張りつけた後は、今度は教頭先生または教務主任がその窓口になります。

甲斐市議会 2012-12-13 12月13日-03号

また、各学校ごと校長教頭教務主任、生徒指導主事中心とした生徒指導部会を設置しており、定期的に会議を開催し、情報の収集や意見交換を行っており、いじめが起きた場合には、このマニュアルに基づき、早期対応早期解決に向けた迅速かつ適切な対応ができる体制を整えているところでございます。 ○議長河野勝彦君) 当局の答弁が終わりました。 質問ございますか。 12番、三浦進吾君。

  • 1
  • 2