運営者 Bitlet 姉妹サービス
812件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第4号) 本文 (市長 樋口雄一君 登壇) ◯市長(樋口雄一君) 望月議員の政治姿勢についての御質問にお答えいたします。   もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第2号) 本文 政治姿勢の2番目は、自治体戦略2040構想についてです。  総務省の同構想研究会は昨年7月に第二次報告を出しましたが、高齢者人口がピークを迎える2040年ころを見据えて、新たな自治体行政の基本的考えを示したものです。 もっと読む
2018-12-26 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月26日−05号 市の将来像について、今計画は「すべての人が輝き 幸せを創造するふるさと にらさき」、チーム韮崎で活力あるまちづくりとしていますが、国の政治のあり方が地方自治体や市民生活にどのような事態をもたらしているか分析し、今後の市政運営の方向を定めていくべきです。  しかし、本計画の総論の社会動向やまちづくりの課題、各分野の基本的な方向性などにおいてそうした観点はありません。 もっと読む
2018-12-17 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号 質問の1つ目として、市長2期目の政治姿勢について伺います。  内藤市長におかれましては過日の市長選挙において再選をされました。2期無投票選出という結果につきまして、市民より様々な意見がある中で責任の重さを感じられていることと思います。 もっと読む
2018-12-04 市川三郷町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−01号 政治と宗教の関わりには難しい点もありますが、神社の庭は、子どもや老人の憩いの場としても活用されているところでもあります。  冒頭に述べたように時代が変わる中で、氏子が少ない神社で公園として活用している場合の管理策、援助策の具体化が必要と考えますが、町の見解と方針をお伺いいたします。 ○議長(高尾貫君)   答弁を求めます。  町長、久保眞一君。 もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第2号) 本文 政治姿勢について御質問いただきました。  私は、平成27年2月、多くの皆様方の御支持と御支援を賜り、第39代甲府市長として県都甲府のかじ取りというバトンを受け継いで以来、市民の皆様の笑顔と甲府市の発展を常に念頭に置き、全力で走り続けてまいりました。 もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第3号) 本文 確かに選挙に行かない大人がふえていて、投票率が低いことは大きな問題であることは間違いありませんが、若いうちから政治や選挙の仕組みを学び、投票率を上げることも目的の1つでもありますが、それだけが主権者教育の目的ではありません。   もっと読む
2018-09-21 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.21 ここは経済情勢もありますし、職員の皆さんがどれだけ頑張っても、なかなか政治的な流れもあったりして届かない部分もあるかもしれませんけれども、そこは計画がなるべく前に推進して、やはり住民の皆さんが一番、小学校、中学校の体育館がいつリニューアルするかというのはすごく関心の高い部分だと思いますので、計画どおりになるべくいくように、鋭意また努力していただきたいと思いますので要望させていただきます。   もっと読む
2018-09-20 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.20 もう1つこのメーデーに関しては、政治的メッセージが発せられる部分についてはどのように本市としてお考えになって、また、管理、指導を行っていくかというところも前回お伝えをさせていただきました。実際に労働者の権利、また、労働者の立場を守るという意味では非常に重要な大会であると思います。 もっと読む
2018-09-19 韮崎市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−02号 まず始めの質問は、市長の政治姿勢についてでございます。  1期目の自己評価と2期目に向けての抱負についてお伺いいたします。  内藤市長は就任以来、「市民目線の活力あるまちづくり」を基本理念に、市民協働による「チーム韮崎」でのまちづくりをより一層推進するため、全力で市政運営に邁進してこられました。   もっと読む
2018-09-18 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.18 ◯向山委員 現在では足りているということでありましたけれども、実際、自分もさまざまな案件を政治家として対応することもあったりとか、また直接職員の方につなげさせていただくこともあります。特に、この市民の声の件に関しては、職員のそれぞれの信頼度というか、そういったところで市民の方に安心感や納得感をとっていただくことは多くあると思います。 もっと読む
2018-09-10 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.09.10 当然、史跡の武田氏館跡ですので、武田以降につきましても、平岩親吉、また加藤光泰、それから浅井長政等、甲府城が築城されて甲府城に移転するまで、この躑躅が崎の館は甲府の政治的、また文化的な中心地であったということは、ここは強くお知らせしたいところでございますので、そのような展示内容とさせていただきたいと思っております。   もっと読む
2018-09-10 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.09.10 だけど、それが後世に、あのときこうだったよねというものが残せるような、今さら箱物を私、つくれなんていうことも言わないし、今の時代、箱物をつくるだけで政治の大きな争点にもなってしまうと。 もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第1号) 本文 なお、残す5カ月の任期につきましても、引き続きまして、未来に責任が持てる政治を念頭に置きながら、市民の皆様の声を原点とした市政運営をもとに、諸課題の解決に全力を傾注してまいりたいと考えております。今後とも市議会議員各位、並びに市民の皆様の温かな御理解と御協力を衷心よりお願い申し上げまして、私の所信の一端とさせていただきます。何とぞよろしくお願い申し上げます。  ありがとうございました。 もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第2号) 本文 私の政治信条として、やはり、長くこういった場に参画させていただいておりますと、できれば若い人を応援し、そして育てていくことも、私の1つの仕事なんだという思いであったからであります。 もっと読む
2018-06-20 都留市議会 平成30年  6月 社会厚生常任委員会-06月20日−01号 市長も政治生命をかけた中で、そこまで行動を起こした中で実現ができたという、それも重く受けとめなければならないと私は思うんですよ。ぜひぜひ、行動を積極的に起こすことを、お願いしながら、私の質問を終わります。 ○委員長(藤江喜美子君) 小澤委員。 ◆7番(小澤眞君) 最後に一つだけお聞きします。  前回、八朔屋台の飾り幕の件で、教育委員会のほうにお問い合わせをさせていただいております。 もっと読む
2018-06-01 甲府市議会 平成30年6月定例会(第2号) 本文 最初に、市長の政治姿勢、笑顔あふれるまちの実現に向けての取り組みについて、お伺いいたします。  元号が平成となって30年目の年度がスタートし、早くも2カ月が過ぎました。4月末の地元紙に、やまなしの平成という30年前を振り返る特集が組まれ、その冒頭で、55万人の来場者で盛り上がったこうふ博‘89の記事が掲載されていました。 もっと読む
2018-06-01 甲府市議会 平成30年6月定例会(第4号) 本文 ちなみにいずれも政治的イデオロギーのない方々です。この中で、プラスイメージの答えとして多かったのは「イケメン」とか「さわやか」「クリーン」「人柄がいい」「行動力がある」などでした。逆に、マイナスイメージとしては「発信力に乏しい」「自信がなさそうに見える」「熱意が伝わらない」「挨拶のときにいつも下を向いている印象がある」「自分の言葉で話してほしい」といった意見が上がりました。   もっと読む
2018-06-01 甲府市議会 平成30年6月定例会(第3号) 本文 このように、政治や経済の動向、社会情勢の変化に伴ってさらに重要性を増す道徳教育ですが、今後もさらに少子高齢化や人口減少という事態が進むにつれて、日本社会はこれまでなかったような困難が次々と発生する可能性も予想されています。 もっと読む
2018-05-09 中央市議会 平成30年  5月 臨時会(第1回)-05月09日−01号 私は、中央市長として、中央市が誕生して以来、「人に寄り添い、人の意見に耳を傾けながら人と人とをつなぐ、こころの政治」を進めてまいりました。中央市が誕生してからこれまでの12年間、市民の皆さまをはじめ関係各位のご理解・ご協力により中央市は着実に歩んでまいりました。 もっと読む