174件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.15

2項の児童福祉費、保育園に関してですけれども、昨年の10月時点で保育所の待機児童数がゼロ人、私的待機児童数が57人という数字が出ておりますが、来年度、4月1日以降の状況はどのようになるか想定されているでしょうか。 ◯鈴木委員長 石原子ども保育課長。

甲府市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第3号) 本文

しかし、各施設の利用状況に目を向けてみますと、本市全体の定数に対する待機児童は発生してはいないものの、定数オーバーの施設が数多く見られるようになっています。この点については、猛暑における施設での生活環境や防災面の観点からも、改善に向けた取り組みが必要だと思います。  そこで質問いたします。  

甲府市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第2号) 本文

特に、都市部における待機児童問題を初め、子どもや子育てをめぐる環境は厳しくなっており、また、核家族化や地域のつながりの希薄化による子育てへの不安、孤立感を感じる家庭の増加、仕事と子育てを両立できる環境の整備が不十分であること等への状況を前に、子どもが欲しいという希望がかない子育てをしやすい社会にしていくため、国や地域を挙げて子どもや子育て世代を社会全体で支え合い、そして見守り、支援する取り組みがますます

韮崎市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−03号

6月7日付山日新聞では、待機児童に関する市町村アンケートの結果が掲載されています。韮崎市では、適用している待機児童の定義は厚労省の旧定義であること、将来の待機児童見通しはゼロと回答しています。回答の根拠となる具体的な状況について伺います。まず、市内認可保育所の現在の入所状況は、定員に対して何人か、年度途中の受け入れ可能人数は何人か伺います。

都留市議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号

また、東京都などの大都市では、保育士不足により待機児童問題が顕著になっておりますが、山梨県内には、現在まで保育所等に入所できない待機児童は発生しておらず、本市においても、市内13の施設を合わせた利用定員に対しましての入所者数はまだ定員に達しておらず、受け入れ可能な状況となっております。  

甲府市議会 2018-06-12 平成30年民生文教委員会 本文 2018.06.12

こういうことが出てくるのは、やはり今、保育所が非常に足りなくて、待機児童が出てきているという実情がある反映だと思うんですけれども、やはり大切な子どもを預かっていただく施設なので、しっかりとした基準の上で、しっかりと安心して子どもを預かっていただけるような施設であるべきだと思いますので、この件に関しては、今後注目していきたいと思います。  

甲府市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第3号) 本文

本市においては、放課後児童クラブの利用対象学年が小学校6年生までとなっておりまして、拡大してから2年目を迎えておりますが、児童を受け入れる施設等をふやしながら、現在の放課後児童クラブの待機児童ゼロというものを保っていると認識しております。しかしながら、これからの社会情勢等を見ていきますと、ますます放課後児童クラブの需要はふえてくるのではないかと思っております。

甲府市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第4号) 本文

こうした中、保育所等の待機児童や保育士不足は全国的な課題となっているところでありますが、本市におきましては、必要な保育サービスの維持を図るとともに、処遇改善や補助金の交付等により必要な保育士数を確保している状況であります。  

甲府市議会 2018-03-15 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.15

希望するところでなくて、地理的に遠いところに通わなければならない、こういった場合は待機児童にカウントされますか。 ◯大塚委員長 樋口子ども保育課長。 ◯樋口子ども保育課長 通常の交通手段におきまして20分から30分程度の時間、距離というものにつきましては、その範囲内であれば待機児童には含めないというものです。 ◯大塚委員長 内藤委員。

山梨市議会 2018-03-14 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号

学童クラブの待機児童対策についてお伺いいたします。  厚生労働省は、このほど平成29年5月1日時点での放課後児童健全育成事業、いわゆる学童クラブの実施状況を発表いたしました。登録児童数は全国で117万1,162人、クラブ数は2万4,573カ所といずれも前年度を上回る利用があり、入所できない待機児童数は1万7,170人という過去最大の人数になっております。

富士河口湖町議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月07日−03号

今年度、当町では、保育所の待機児童はゼロとなっていると思いますが、3歳未満児においては希望する保育所に入れない、保護者が求職活動中の児童が保育所に入れないなどの場合があると聞きます。そして、さらには、3歳未満児の受け入れが可能だった保育所でも、保育士不足などにより受け入れが難しくなっているなどの話も聞きます。  

甲府市議会 2018-03-07 平成30年民生文教委員会 本文 2018.03.07

◯樋口子ども保育課長 事業としては利用者支援事業という形の中で全国的に行っているものだと考えておりまして、その中で、神奈川県横浜市ですとか、そういった待機児童が多くいるようなところにつきましては保育コンシェルジュという名称を使ってアフターフォローも含めた中で行っているということを聞いております。ですので、実質的には同様の役割を果たしていると考えております。 ◯岡委員長 木内委員。

甲府市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会(第3号) 本文

最後に、保育園等の待機児童について伺います。  甲府市は保育園等の待機児童はゼロということになっています。しかし、特にゼロ歳児、1歳児、2歳児などの場合、年度途中からの保育園等入園が難しい状況があります。「育児休業が終わったら仕事に復帰する予定でいた。」「何カ所も希望園を出し数カ月待ったが保育園に入れず、仕方なく育児休業を延長、職場も人手不足で少しでも早く職場に復帰したい。」

山梨市議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会-12月15日−03号

そういった部分でも、なかなかこのちょうどベストのタイミングで人材確保できるかというのは、非常に綱渡り的なところもあろうかというふうに思いますので、今後もそういったところ、潜在的な保育士の確保というところは、県も力を入れているようでありますけれども、そういったことにも十分情報を収集していただく中で、一瞬でも待機児童が生まれるようなことがないように、ぜひお願いをしたいなというふうに思いまして、お願いをいたしまして

中央市議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号

山梨県においても、このままいきますと、将来的には保育士不足、待機児童が生じる可能性があります。このことに対して、中央市におかれましても、待機児童0を維持する対策として今回、市民相談を受けたお子さまの年齢は1歳未満であり、共稼ぎ世帯と聞いております。  0歳から2歳までの保育の現状を考えますと、市としてもしっかりとした受け皿が今後急務になってくると考えます。