15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

市川三郷町議会 2018-03-05 03月05日-01号

続いて、議案第11号 峡南広域行政組合職員給与条例改正の件は、山梨県の人事委員会勧告を受け、給料表改定期末勤勉手当の率を国、県に準じて引き上げる改定のほか、平成30年4月からの扶養手当の額を改定するものでありました。 次に、議案第12号は平成29年度峡南広域行政組合一般会計補正予算(第2号)で、歳入歳出に205万円を追加し、総額を16億7,320万9千円とするものでありました。 

市川三郷町議会 2016-03-04 03月04日-01号

峡南広域行政組合職員給与条例改正の件では、平成27年人事院勧告及び山梨人事委員会勧告を受け、給与改定により職員給与平均0.4%引き上げるとともに、期末勤勉手当支給率年間4.2カ月に改めるものでありました。 次に、平成27年度峡南広域行政組合一般会計補正予算(第2号)は、歳入歳出それぞれに818万2千円を追加し、総額を16億8,248万3千円としました。 

市川三郷町議会 2014-06-05 06月05日-01号

議案第13号 峡南広域行政組合職員給与条例の一部を改正する条例では、平成25年山梨人事委員会勧告を受け、期末勤勉手当の率を0.05カ月引き下げるものでありました。 また、併せて平成25年12月支給済み期末勤勉手当減額分について、平成26年6月支給期末勤勉手当から減額する改正がされました。 

市川三郷町議会 2013-12-06 12月06日-01号

続いて、議案第13号 峡南広域行政組合職員給与条例改正の件でありますが、給与条例に定められている特殊勤務手当のうち、火災出場手当救急業務手当夜間特殊勤務業務手当電算業務手当を削除する内容でありました。 次に、発議第1号 峡南広域行政組合議会委員会条例改正の件は、計算センター慈生園常任委員会定数を「7人」から「6人」に改正しました。 

市川三郷町議会 2010-03-04 03月04日-01号

次に、議案第5号 峡南広域行政組合職員給与条例及び峡南広域行政組合職員勤務時間、休暇等に関する条例改正の件では、労働基準法の一部改正等に伴い、月60時間を超える時間外勤務手当の率を100分の125から100分の150に、深夜勤務については、100分の150を100分の175に引き上げ、また、引き上げ分の時間外勤務手当支給に代えて、時間外勤務代休時間の制度を加えるため、改正を行うものでありました

市川三郷町議会 2009-06-11 06月11日-01号

まず、峡南広域行政組合職員給与条例改正では、給与条例附則において6月に支給する一般職期末手当を0.15カ月、勤務手当を0.05カ月凍結し、民間の急激かつ大幅な夏季一時金の減少を受けた暫定的な措置として行うものであり、附則改正による暫定的な措置であっても、支給月数引き下げ内容とする改正条例基準日前に遡及適用とすることは不利益不遡及の原則に抵触することとなるため、臨時会にて対応をするものである

市川三郷町議会 2007-06-13 06月13日-01号

議案第2号 峡南広域行政組合職員給与条例改正の件では、国家公務員の俸給の特別調整額及び扶養手当額改正に準じ、管理職手当定額支給、3人目以降の扶養手当等改正を行うものでありました。 次に、議案第3号 峡南広域行政組合職員の旅費に関する条例改正の件では、実態に即した支給改正するもので、これにより等級別支給から県内外別支給に変更するものでありました。 

市川三郷町議会 2005-12-12 12月12日-01号

まず、専決処分の承認の件では、人事院勧告ならびに国家公務員給与改定等がなされたため、峡南広域行政組合職員給与条例の一部改正ほか4件でありました。 条例改正は、峡南広域行政組合議会委員会条例組合議会議員定数減少による、委員定数改正でありました。 続いて、条例廃止では、峡南環境美化保全推進委員会のボランティアへの移行に伴うものでありました。 

  • 1