1458件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2021-06-18 令和3年民生文教委員会 本文 開催日: 2021-06-18

本市では、平成15年度から令和年度まで甲府市高齢者支援計画を策定し、高齢者の方々を支援する観点に重点を置き、その取組を進めてきたところでありますが、平均寿命の延伸、少子高齢等によりさらなる高齢社会の進展が見込まれる中、互いに支え合う支援担い手となっていただくことで生きがいを創出し、常に健康を意識し、自ら健康づくりに取り組む主体として活動していただくことが大変重要であると考えております。  

大月市議会 2021-06-17 06月17日-代表質問・一般質問-02号

人口減少少子高齢社会に対応するために、今以上の効率的な行財政運営を目指していくなら、様々な業務を広域的に考えていく必要があります。消防事業など、1つのことをまとめていくということだけでも大変なことではありますが、人口1万5,000人を切ってくることが予想される15年後が、現在の本市体制、これを取っていける限界ではないかなと考えられます。

甲州市議会 2021-06-04 06月04日-01号

少子高齢人口減少の急速な進行による社会情勢の様々な変化の中、市民皆様にとって利便性の高い持続性のある行政サービスの向上を図るため県内のICT企業(団体)65社が加盟する一般社団法人山梨情報通信業協会通称YSA協力連携をお願いし、本年度協定の締結を行い、さらなるデジタル化への推進につなげてまいります。 次に、男女共同参画推進計画についてであります。 

甲府市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第2号) 本文

こうした中、現在中核市への移行とともに、保健所機能を備えた機関として開設した健康支援センターを中心に新型コロナウイルスワクチン接種が進められていることから、より早く、より多くの方がワクチン接種を受け、少しでも安心できる生活を送れることを願うばかりですが、コロナ禍により受けた地域経済のダメージは、進行する人口減少少子高齢と相まって、回復には相当の時間を要するとの見方もあります。  

甲府市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第3号) 本文

こうした中、少子高齢に伴う人口構造変化社会保障制度持続性などに大きな影響を及ぼすことを見据え、自分の健康は自分で守るという健康意識の醸成や地域担い手の育成、活用など、市民皆様の健康を支援していくことが大変重要であると考え、今年度より、新たな健康づくり取組として、健康ポイント事業健康リーダー養成事業健康チャレンジ表彰事業を実施することといたしました。  

大月市議会 2021-03-10 03月10日-代表質問・一般質問-02号

組織機構については、これまで人口減少少子高齢また多様化する市民ニーズなどに対応すべく随時見直しを行ってまいりました。本年度現行組織の点検を行うとともに、第7次総合計画に掲げる政策、施策目標の達成に向けた組織づくり観点に立ち、これからの時代の要請に応え、市民にとって分かりやすい組織にすることをテーマにプロジェクトチームを編成し、新たな組織について検討してまいりました。 

韮崎市議会 2021-03-09 03月09日-03号

先般の地区を訪問しての説明につきましては、指定避難所等見直しに関するものでありましたが、その中で、自主防災組織再編について、明年度改めて説明会を開催することをお知らせしたところ、一部の地区ではその話題となり、少子高齢が進む状況下での組織の在り方、役員の任期や近隣組織との再編に対する懸念、減災リーダー活用方法などについて、意見が出されたところであります。

韮崎市議会 2021-03-08 03月08日-02号

さて、我が国は人口減少社会の中、少子高齢現象、グローバル化IT化防災減災対策感染防止対策など、対応すべき課題が山積しております。 本市におきましても、昨年1年間は、コロナ禍事業や行事、イベント等の制約、やむなく中止をせざるを得ないこともあり、行政も大変だったと思います。しかし、今年もこの状況は続いています。

甲州市議会 2021-03-05 03月05日-02号

一方、少子高齢等により地域活動が低迷し、公共交通充実防災対策を含め、住みよい地域づくり成果が十分ではないとの結果も出ております。 第1期の評価、検証を踏まえ、今年度から令和年度までを計画期間とする第2期総合戦略がスタートしておりますので、中長期的な視点に立ち人口減少対策等地域創生充実強化策に取り組んでまいります。 以上でございます。 ○議長(丸山国一君) 小林真理子君。

甲斐市議会 2021-03-03 03月03日-02号

魅力を創出できない地方都市やアピールの少ない市は学生や若者都市への流出を加速させ、少子高齢の波を直接被りかねないという危機感を常に抱いていなければならないと考えます。 新型コロナウイルス感染症感染者数が大都市に隣接していながらも他県と比較して大変に少なく抑えられていることは、県民・市民の不断の努力の成果であります。

甲府市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第3号) 本文

本市では、人口減少少子高齢の傾向が顕著となり、担い手不足深刻化している南北地域に目を向け、都市部から移住してきた方の感性や考え方を取り入れ、新たな視点による地域活性化等に資する活動を通して地域おこしを推進させるとの考えから、地域を限定して取り組んでいるところであります。