33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

上野原市議会 2020-12-03 12月03日-02号

移住定住希望Iターン・Uターンを希望する方も、やはり今後も少なくないのではないかと私は思っておりますので、にぎわいの創出、活気あるまちづくりへの取組を、今後も積極的に取り組んでいただきたいと思っております。 そして、このまちで暮らし続けるためには、やはり雇用の場が必要だと思っております。

甲府市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第4号) 本文

外国人労働者流入動向国別統計移住定住希望ニーズの把握や就業状況有害鳥獣分布状況発生予測など、本日、さきに質問した点だけでもデータ活用可能性を挙げれば枚挙にいとまがありません。  もちろん、個人情報保護法を遵守した運用が求められるのは当然でありますが、今後はいかにデータに価値を持たせ有効に活用するか、この観点からの施策が必要ではないかと考えます。  そこで質問いたします。  

甲府市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第3号) 本文

こうした状況を踏まえ、今年度においては、引き続き不動産関係団体移住定住希望パンフレットの配布を行うとともに、新たに対象エリア空き家所有者に対し、空き家情報提供の依頼を行う際、制度パンフレットを同封し、さらに本市が運営する子育て支援アプリすくすくメモリーズに加え、女性活躍支援サイトなでしこプラス助成制度の紹介をするなど、利用促進を図るための周知を行ってまいります。  

山梨市議会 2018-11-30 11月30日-01号

人口減少対策として、若者定住促進住宅入居資格市内への持ち家取得による定住希望に改めるとともに、合併前の三富村の区域内に持ち家を取得した入居者に対して交付してきた定住祝い金対象を、市内全域に拡充するため、条例の一部を改正しようとするものであります。 議案第94号は、山梨市特定教育保育施設及び特定地域型保育事業利用者負担額等に関する条例の一部を改正する条例についてであります。 

甲州市議会 2018-03-06 03月06日-02号

四万十町として、空き家所有者から借り上げて耐震改修をする、断熱改修をする、トイレの水洗化などを行って、移住者定住希望に貸し出しています。町が管理するということで、所有者からの空き家提供が信頼されているということで広がってきているということが言えます。町は、固定資産税と同額の借り上げ料使用者に支払って改修費を負担しますけれども、町は家賃収入を得ることができると。

富士吉田市議会 2017-12-11 12月11日-02号

以上を踏まえた上で、私は定住希望の例を1例挙げて市長に質問したいと思います。その定住希望は、市の定住促進制度を活用して、市の担当者並び支援団体協力を親身に受け、富士吉田市で起業と定住を決めました。しかし、いざ定住促進奨励金制度の申請をすると、条件を満たしていないとのことで認定を却下されたそうです。

韮崎市議会 2017-09-19 09月19日-02号

初めに「空き家暮らし大作戦」と広報「にらさき」にも紹介されました空き家コーディネーター移住定住支援員)の設置については、空き家を増やさないよう利用可能な空き家の発掘、空き家所有者との交渉、空き家バンクへの登録の推進など、所有者に向き合い、空き家賃貸が決定した後は、移住定住者地域になじみ、定住につながるように移住定住希望サポート等空き家所有者移住定住希望、地域橋渡し役として、

甲府市議会 2017-09-13 平成29年環境水道委員会 本文 開催日: 2017-09-13

今お話のあった関係補助金を利用したような事業という部分については、今のところございませんが、やまなし「水」ブランド戦略との連携事業といたしましては、東京圏移住定住希望各種相談に訪れます東京都千代田区有楽町のやまなし暮らし支援センターにおいて、移住者移住先を決定する際のコンテンツの1つである水に着目いたしまして、甲府の水のおいしさをPRするとともに体感していただくことにより、本市への来訪及

都留市議会 2017-06-19 06月19日-02号

これからは、先ほどおっしゃったように「生涯活躍まちつる」「きらめきのまち つる」こういう事業を急速に推し進めるわけでございますが、移住とかよく騒がれますけれども、もとより我々市民が、移住希望者の方とか定住希望の方がもしいたら、胸を張って、ぜひ都留に住んでくれと、我々住んでいる住民が非常に満足している、どこか土地を探していたら、ぜひ都留を紹介しますよと、そのぐらい我々住んでいる市民の皆さんが実感

甲府市議会 2017-03-15 平成29年予算特別委員会 本文 開催日: 2017-03-15

この移住定住希望中心としたニーズに応えていくためには、本市が持っております空き家情報をいかに提供していくかということが必要になるかと思います。  移住定住につきましては、移住定住コンシェルジュ等を活用しながら情報提供を進めるとともに、空き家情報に関しますホームページを構築する中で、また情報発信をしていきたい。また、実態調査を行う中で、所有者意向確認というものも行ってまいります。  

韮崎市議会 2017-02-23 02月23日-01号

さらに、移住定住対策事業として、世界的なトレイルランナーである山本健一先生のご協力をいただきながら、来月には東京八重洲口前移住ガーデンにおいて、山の魅力に引かれる移住定住希望対象としたセミナーの開催を予定しております。 山本先生によるふるさと韮崎魅力発信山岳観光事業を展開するため、本市の山をテーマとしたトークセッションなど、交流人口の増加にもつながるイベントの演出に努めてまいります。 

上野原市議会 2016-06-14 06月14日-02号

移住定住希望は、一昔前のように晴耕雨読のそれだけの伸びやかな生活を求めてくる方ばかりでありましょうか。山村に居住しても広く外との情報につながりを求めているのが、昨今のライフスタイルだと思われます。 例えば、農作物は都会を離れてもインターネットを通じて全国規模で販売するなど、活用例枚挙にいとまがありません。

富士吉田市議会 2016-03-03 03月03日-02号

ふじよしだ定住促進センターでは、これまで移住定住希望相談空き家空き店舗バンクの運営、都内甲府市、市内などを会場として、延べ9回の定住移住交流会開催移住相談会への参加、専用ホームページによる情報発信などに努めてまいりました。その結果、取り組みや活動そのものが注目され、これまでに多くのテレビ、新聞、専門誌などにも取り上げられております。 

山梨市議会 2015-09-18 09月18日-03号

本市では空き家バンク制度中心に、市営若者定住促進住宅などの定住希望に対し、都内での情報発信、市のホームページ上での情報公開等を行ってまいりました。 空き家バンク制度平成18年にスタートし、これまでの9年間で延べ71件の契約が成立しております。 市営若者定住促進住宅などの入居戸数は104戸で入居率61%となっております。 

  • 1
  • 2