75件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富士吉田市議会 2017-09-28 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月28日−03号

市に待機児童存在せず、この措置が入所希望者が保育所定員を超過したことにより行われているものでないことも明らかとなりました。子育て支援を頑張ろうとしている富士吉田市が、この事業においては親の願いに必ずしも寄り添っていないのが残念です。  また、国民健康保険特別会計については、保険者を支援する国からの交付金の増額などにより大幅な黒字となりました。

大月市議会 2016-09-30 09月30日-委員長報告・質疑・討論・表決・議長の選挙-03号

その事業を営む上でなくてはならない存在である家族従業者の「働き分」(自家労賃)は、「配偶者とその親族が事業に従事したとき、対価の支払いは必要経費に算入しない」こととする所得税法第56条の規定により、税法上、必要経費として認められていない。事業主の所得から控除される家族従業者の「働き分」は、配偶者の場合は86万円、配偶者以外の家族は50万円だけである。

中央市議会 2016-05-19 平成28年  5月 臨時会(第1回)-05月19日−02号

そして、組織(ここでは市役所)が社会機関である以上、社会やコミュニティ、個人のニーズを満たすために存在しなければならないと指摘しております。逆に言うと、社会やコミュニティ、個人のニーズを満たさぬ組織つまり市役所は、存在する必要がないということです。つまり、市民のニーズに応えられない市役所存在価値がないということをドラッカーは説いております。  

上野原市議会 2016-03-24 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月24日−04号

努力をしたくてもどうすることもできない人、自分の力ではどうすることもできない本当に弱い人、この存在を知ってほしいと言っていたのです。  この上野原においても、今安藤さんと同じ心を持っている方々がいます。お母さんが、自分が生きているうちはいい、その後どうするんだ、どうしたらいいんだ、そのような声は小さいんです。小さいけれども、恐らくどの議員さんたちにも同様な声が伝わっているはずです。

富士吉田市議会 2015-12-15 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月15日−03号

メートル以下の道路沿いに建物を建築する際に、道路の中心線から2メートル後退した線を道路境界線とみなし4メートルを確保する、いわゆる建築基準法第42条2項道路は、市道認定されている路線以外にも多数存在いたします。市道認定された2項道路及び他の2項道路、またそれ以外の道路用地を含め陳情道路の用地については、公平性を保たねばなりません。  

上野原市議会 2015-09-15 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月15日−02号

深夜に出歩く子供の姿を見ると、家庭のかかわり合い、あるいは学校の問題、直接はないかもしれませんが、非常に考えさせられましたし、最近取り沙汰されているのは、居場所のない子供存在とか父兄の子供とのかかわり合い、さらには子供同士のコミュニケーション学校内、教育現場外のところで非常に頻繁にとられている。  それは何かというと、携帯電話スマートフォンが主だと思うんです。

甲州市議会 2015-09-11 平成27年  9月 定例会-09月11日−03号

そのような文脈の中で、社会福祉議会、社協の存在がますます大事になってきております。行政と住民を結ぶ重要な役割が期待されています。その社協が、ことし介護事業のうち訪問介護事業と訪問入浴介護事業の二つを、10月をもって2年間休止することを決定しました。理由は、積年の赤字とヘルパー不足だといいます。私は心配しておりますが、市はこのような社協の現状をどのように捉えておるのか、お尋ねいたします。

富士吉田市議会 2014-12-15 平成26年 12月 定例会(第6回)-12月15日−02号

かつてこの富士北麓に住んでいた我々の先代たちは、富士山の広大な森を生活の一部として、木の存在が身近なものとなっていました。今、時を超え、再びその森の木を活用する時代となりました。また、富士吉田市の市民憲章の中でも、私たちは、富士山麓の厳しい自然と闘いながら原野を開き、織物と観光の町を育ててきましたとあります。  

中央市議会 2014-12-13 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月13日−04号

②支所機能については、「きめ細かな市民サービスの充実」と「庁舎統合化に伴うスリム化」という一見すると相反する側面が存在するため、充分な検討の上、市民に対して丁寧な説明をされること。  ③空スペースの利活用については、他の公共施設の統廃合計画と併せて検討することによって、同様施設の重複等に留意しながら、真に市民が必要とし、効率的でコストパフォーマンスに優れた施設に絞られたい。  

上野原市議会 2014-09-17 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月17日−02号

ここらがやっぱり市立病院存在意義が大きくなってくるわけですから、これは本当に重大な課題だと思っておりますけれども、市長、この件についてどのように思っておりますか。 ○議長(杉本公文君) 江口市長。 ◎市長(江口英雄君) 医療介護の問題というのは、私が病院長の時代から盛んに市のほうに提言してきた。

上野原市議会 2014-03-14 平成26年  3月 定例会(第1回)-03月14日−02号

また、県道が存在しております。現況はどうだったのか、お尋ねをいたします。 ○議長(杉本公文君) 加藤建設経済部長。 ◎建設経済部長(加藤孝行君) 先ほどもちょっと述べましたけれども、道路につきましては、それぞれ道路管理者が除雪に関しまして、それぞれの責任のもと実施しているわけでございますけれども、いかんせん今回記録的な大雪ということがありました。

富士吉田市議会 2013-12-12 平成25年 12月 定例会(第5回)-12月12日−03号

ただいま市長の答弁にもありましたように、北口本宮冨士浅間神社は、富士吉田市にとって、富士山と並ぶ、もう一つの誇りでもあり、また周辺エリアは、本市の貴重な文化資源でもあり、観光資源にもなり得る各施設存在し、世界遺産効果を継続できる可能性を十分秘めた地区でもあります。  

富士吉田市議会 2013-12-11 平成25年 12月 定例会(第5回)-12月11日−02号

新倉郵便局以西に、主たる交差点だけでも5カ所存在するのですが、もう少し具体的に、どの交差点にどのような施設交渉していくのか、また設置可能な場合、設置する時期は全面開通前になりますか、併せてお伺いします。 ○議長(宮下正男君)   当局の答弁を求めます。  市長堀内茂君。      〔市長 堀内 茂君 登壇〕 ◎市長(堀内茂君)   渡辺議員の2回目の御質問にお答えいたします。  

大月市議会 2013-02-28 02月28日-議案上程・説明・付託-01号

土地開発公社につきましては、抜本的な経営改革策などについて検討を依頼した外部委員による「開発公社経営検討委員会」から、「公社の存在意義は見出せず、しかるべきタイミングをもって解散すべきであり、そのためには、市が時期を逃すことなく第三セクター等改革推進債を借り入れ、公社の抱える借入金を返済すること」との提案をいただきました。 

富士吉田市議会 2012-12-13 平成24年 12月 定例会(第4回)-12月13日−02号

まず、市西部地域、北部上暮地方面へのアクセスについてでありますが、渡辺議員御指摘のとおり、市道新町通り線を経由し、市西部地域、北部上暮地方面へのアクセスについては、踏切やクランク、一部幅員の狭隘部分が存在しており、新倉南線の全線が完成いたしますと、交通量の増加も予想されるところであります。