36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

甲府市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第2号) 本文

この事業内容について、山梨県は「製造業における高度な知識又は技術を有する人材確保及び育成するとともに、これら技術系人材県内定着促進するため、山梨県と産業界との出捐により基金を創設し、独立行政法人日本学生支援機構奨学金(第一種奨学金、第二種奨学金)の貸与を受けている大学生が、対象業種企業に就職し、県内で一定期間従事した場合に、卒業前2年間に貸与を受けた奨学金の返還を支援するものです。」

甲府市議会 2021-03-08 令和3年民生文教委員会 本文 開催日: 2021-03-08

そのような中、本市におきましては、毎年2名程度ですので、実際には各学校で要件に合った適切な人材を選んでいただき、本市教育委員会に申請し、それを山梨県に上げて了解を得ているというような状況でありまして、これまで3年間につきましては、実際その部活動指導に当たった者は、教員のOB、自営業、大学生になっております。  

韮崎市議会 2020-11-30 11月30日-01号

これまで、コロナ禍において、オンラインを活用した移住相談会への積極的な参加とガイドブックの作成等を行ってまいりましたが、さらに、市民交流センターニコリ空きテナントを改修し、テレワーク起業者大学生のためのコワーキングスペースを整備いたします。都市から地方に働く場所を移す新たなワークスタイルが広がりを見せる中、二地域拠点居住者も視野に、定住人口交流人口の増加を図ってまいります。 

韮崎市議会 2020-09-15 09月15日-03号

このほか、小規模事業者応援金給付事業費820件、ママパパがんばれ応援金54件、ふるさと支え愛大学生応援事業費598件などの執行状況であります。 ○議長宮川文憲君) これより清水康雄議員の再質問を許します。 清水康雄議員。 ◆12番(清水康雄君) ご答弁ありがとうございました。 それでは、再質問をさせていただきます。 

韮崎市議会 2020-09-14 09月14日-02号

本市が独自に進めている施策を見てみますと、「ママパパがんばれ応援金」に代表される子育てに関する支援や「新型コロナウイルス感染症対策店舗等応援補助金」の小規模事業者対象とした支援、また「市内農産物販売促進等緊急支援」などの生産者を中心とした支援、そして「ふるさと支え愛大学生応援事業」において、学生生活を通常どおり送れなくなった大学生に対する支援など、他市に類を見ないきめ細やかな支援施策を実施していただいているところであります

山梨市議会 2020-09-11 09月11日-03号

大学生には1人5万円、高校生には1人2万円の学業生活支援のための応援金を支給すると回答がありました。 3つ目学校給食無料化を来年3月まで延長をして子育て世代支援することを提案しました。今後、状況に大きな変化があった場合は、現在9月まで無料となっているものを再度検討するという回答がありました。 4つ目学校では少人数学級の実施がどうしても必要となりました。

甲州市議会 2020-09-09 09月09日-02号

このうち、財源といたしました主な事業につきましては、学校給食費保護者負担金無償化分に1,860万円、保育所保護者負担金無償化分に610万円、高校生世代生活支援事業に2,922万6,000円、大学生生活支援事業に4,070万円、子育て応援給付事業に3,000万円、地元応援商品券事業に1億6,000万円、災害対策事業費に6,000万円、小学校トイレ洋式化事業に1,800万円など、本議会に上程しております

中央市議会 2020-06-24 06月24日-02号

あと、大学生学費等のやり繰りが厳しい人たちを雇っていこうということで、36万3,000円、2号補正のほうでは計上させていただいております。 以上です。 ○議長福田清美)  小池満男議員に申し上げます。 指名されてから発言をしてください。 小池満男議員。 ◆13番(小池満男)  コロナ対策特別委員会で、埼玉県のふじみ野市、人口は約11万、中央市の3.7倍のところです。

甲州市議会 2020-06-16 06月16日-02号

内訳といたしまして、高校生世代生活支援事業費に3,095万4,000円、大学生生活支援事業費に4,763万円の増額補正をお願いするものでございます。 高校生世代生活支援事業費につきましては、学生支援策といたしまして、市内在住高校生世代のお子さんがいる世帯主に対し、子どもさん1人につき3万円の支援金を交付するための経費を計上するものでございます。

韮崎市議会 2020-06-16 06月16日-03号

しかし、大学生新型コロナウイルス感染症影響で深刻な状況に置かれています。 新型コロナウイルス感染症影響で「アルバイト代はゼロになった」「食事を1日2食にしている」「両親も3月から収入が減っている」などの声が大学生から出されています。笛吹市では大学生に1人10万円、上野原市は大学生に1人5万円、鳴沢村では大学生に1人3万円支給することにしました。 

韮崎市議会 2020-06-15 06月15日-02号

なお、大学生への支援につきましては、現在、ミアキスを通じ、状況の把握に努めているところであり、支援内容対象者などについて検討を進めております。 続きまして、保護者からの声についてであります。 児童・生徒が感染症を正しく理解し、感染のリスクを自ら判断し、これを避ける行動を取ることができるよう、文部科学省資料等を活用し、3つの密の回避やマスクの着用、手洗いなどの指導を行っております。 

大月市議会 2020-06-15 06月15日-一般質問-02号

家庭の生活状況が悪化する中、高校生大学生への支援が大事となっております。この世代への市としての支援策をお伺いいたします。 以上9点について、よろしくお願いいたします。 ○議長萩原剛君) 西室衛君の質問に対し、当局の答弁を求めます。 小林市長。          (市長 小林信保君登壇) ◎市長小林信保君) 会派大月改新の会&公明の西室衛議員質問にお答えいたします。 

山梨市議会 2019-09-12 09月12日-02号

講師のボランティアにつきましては、社会人の方、高校生大学生を想定しています。 また、県内在住外国人留学生にも呼びかけており、既に、数名応募をいただいている状況であります。 ○議長武井寿幸君) 深沢敏彦議員。 ◆7番(深沢敏彦君) 本市英語教育が全国に誇れるレベルで展開されているということを聞き、非常に誇らしく思っています。 

甲府市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第4号) 本文

また、消防団を維持していくためには人材確保が重要であり、本市におきましても、学生消防団活動認証制度などによる大学生の加入の促進を初め、新しい人材確保に鋭意取り組んでいるところではありますが、こうした団員に対し、消防団員として必要な知識、技能を的確に習得させることは、消防団組織維持向上を果たす上で重要なことだと考えております。  

大月市議会 2017-11-29 11月29日-議案上程・説明-01号

全国的に消防団員の減少及び高齢化が進む中、大学生の若者が消防団活動に参加し、消防地域防災の担い手になることが期待をされております。 そのような中、消防団活動を実施した大学生に対する就職活動支援の一環として、本市では「大月学生消防団活動認証制度」を来月1日からスタートいたします。 

  • 1
  • 2