10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

韮崎市議会 2021-03-10 03月10日-04号

これについては、従業員の員数、夜勤体制の見直しの規定追加となります。 第110条の第5項は、サテライト型事業所計画作成担当者規定追加するものであります。 第111条、管理者サテライト型事業所配置基準規定追加となります。 11ページまでにかかりますが、第113条は、共同生活住居数規定の改正となります。 11ページになります。 

韮崎市議会 2001-06-11 06月11日-02号

次に、他の病院との比較はどのようになっているかとのことでございますが、県内の市町村立病院13病院ございまして、市立病院と同様の夜勤体制が3交代制病院が9病院ございます。それの1カ月当たりの平均回数が8回から最高17回がありますが、本病院では先ほどご答弁しました8.07回でございますので、月平均8回以下となるよう夜勤体制に努力をしてまいる考えでございます。

甲府市議会 1992-06-01 平成4年6月定例会(第2号) 本文

市長は、3月議会で定数増による夜勤体制の緩和、週休2日制による40時間体制への移行など、看護婦待遇改善を実施する考えを示されました。  そこで市長にお尋ねいたします。  今ある市立病院院内保育所の時間延長や休日保育についても改善するとともに、近々のうちに病院定数条例を抜本的に見直し、看護婦増員に充てるべきだと考えますが、いかがでしょうか。  中学校完全給食の実現について、質問します。  

甲府市議会 1992-03-01 平成4年3月定例会(第6号) 本文

これに関連して、夜勤体制院内保育福利厚生等看護婦が働きやすい労働環境をより一層整備するよう要望する意見がありました。  下水道事業会計予算については、下水汚泥最終処分についてただしたのに対し、汚泥全体の4割を土壌改良剤としてのコンポストにし、残りの6割は処理業者に依頼し埋設処分している。現在建設中の汚泥焼却施設が完成すると埋設分を10分の1に減らすことができるとの答弁がありました。  

甲府市議会 1991-12-01 平成3年12月定例会(第4号) 本文

看護婦職場改善の方策といたしましては、御提言のありました中で、一部既に実行しているものもありますが、なお給与の改善週休2日制を含めた時間短縮の問題、あるいは夜勤体制充実育児休業制度、さらには院内保育充実等きめ細かい配慮を行い、看護婦が働きやすい、またうるおいのある職場づくりに努めていかなければならないと考えております。  

甲府市議会 1991-09-01 平成3年9月定例会(第3号) 本文

また、夜勤体制については、最近の高齢化医療の進歩の中で入院患者重症度が高くなっている現況から、一部3人夜勤体制の対応を行っておりまして、夜勤回数月平均9.5回となっております。しかしながら、夜勤回数の減少を図るには、どうしても看護職員増員が必要でありまして、現在の経営状況及び看護婦確保困難性等も勘案いたしますと、これを一挙に解決することはなかなか困難であると考えております。

甲府市議会 1991-03-01 平成3年3月定例会(第3号) 本文

第2の点は、看護婦問題について、日本医療労働組合連合会が、昨年秋に発表した実態調査結果によりますと、「曜日により1人夜勤の日と2人夜勤の日がある」を加えると、調査対象病棟の5%で、依然として1人夜勤が行われており、70%が2人夜勤体制で、月の夜勤回数も全体平均で8.6回、月9回以上の看護婦が58%もいる。その中には14回以上も夜勤を行っている看護婦がいたとのことであります。  

  • 1