12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

甲州市議会 2016-03-04 03月04日-02号

そういう点で、教委はもちろん人事権というんじゃなくて県教委が持っているんだけれども、それをフォローするのが教委じゃないかなと、こんなふうに思います。教委の力がこういうところに出てくるんじゃないかなと思いますので、その辺の力をしっかりつけていただいて、よりよい学校運営に当たるようお願いしたいと、こんなように思います。 

山梨市議会 2015-09-18 09月18日-03号

競争の激化や学校教委の序列が危惧されるだけではなく、教職員の定数改善など、教育環境改善を求められる中で、現行制度危険性教育予算有効活用必要性を改めて感じるところであります。 調査結果を見ると、全国の点数の結果の幅はほぼプラマイ5%におさまっています。この狭い範囲の中で学校ごとの結果を公表したり、順位をつけたりすることは余り意味がないようにも思えます。

市川三郷町議会 2013-03-18 03月18日-02号

また、委員外議員より市川中学校管理費について、2クラスになる学年があるということで、町単で採用とのことだが、クラス編成状況はと質問したのに対し、クラス編成については、基本的には、今の国の基準では40人学級ということになっているが、地教行法が変わり、昨年の4月から、学級編成はそれぞれの教委届け出制でよいこととなり、規制緩和された。

甲州市議会 2010-12-10 12月10日-02号

2、いじめを隠さず、学校、家庭、教委で連携し、対応する。3、いじめ相談ダイヤル活用や周りの大人に相談する等の取り組みを行い、深刻ないじめにつながらないように、気を抜かない指導を進めております。 本市における2学期のいじめと認められるものは、小学校はゼロ、中学校は4校において10件ほどが認められております。いずれも内容は短期的でありまして、陰湿な長期的なものでないようであります。

甲州市議会 2009-03-10 03月10日-03号

市町村教育委員会学校に対する指導方針を定めている教委は、先日の調査で、全国で510市町村教育委員会、約27.9%の教委学校への指導方針を定めていた。あとの70幾%は学校に任せていたという状況だったわけですけれども、本市の教育委員会といたしましても、携帯電話に関する問題の発生も考えられますので、使用状況調査しまして指導方針を検討したところであります。 

甲斐市議会 2008-12-18 12月18日-03号

そういうことで、今後においては、その段階で新たに各学校とも、その教委基本方針に基づいて、どうしても学校が終わった後病院のほうへ通院をして、送り迎えをお願いするような場合に限って携帯電話の持ち込みを認めて、当然、学校へ持ってきたときには担任に授業中は預けるというような形をとっていただいておりますが、そういう形で今対応しています。 

甲斐市議会 2007-03-08 03月08日-04号

これらの問題については、正直言いまして、学校人事権というのは非常に複雑になっておりまして、管理監督するのは教委なんですけれども人事権は県にありまして、そこのところの兼ね合いが非常に難しくて、一つの同じ方向へ進めないというのが今の現状です。

韮崎市議会 2002-03-14 03月14日-03号

これは教委の設置などと絡んで活発に行われるようになってまいりました。現在のところ、その組織は大きく5つ、教育団体というように呼ばれています。校長組合教頭組合教育会PTAそれから婦人の団体などがその主な活動で、諸条件整備に努力をしているということでございます。 以上です。 ○議長秋山武廣君) 小林恵理子君。

韮崎市議会 2001-06-11 06月11日-02号

昨年の4月より県の規則改正により、公立小・中学校の場合、教委学校管理規則を改正し学校長地域住民の助言を求めることができる学校評議員制度化され、山梨県内公立小・中学校を管轄する68市町村組合のうち、43の教委がこれらに関心を示していることが過日の新聞紙上に載っていました。そこで、この制度公立小・中学校学校運営に対してどのようなメリットがあるのか。

甲府市議会 1993-12-01 平成5年12月定例会(第4号) 本文

これは非常に長く続いているわけでございますが、「当分の間、置かないことができる」という、こういう条項もございますけれども、私どもとしましても、この司書教諭につきましては、県の教員を配置していただくということが一つございますし、この問題は、長年私たちも対県要望あるいは教委連等を通して、これは全県下的な問題でございますので、ぜひ配置をしてほしいというのは、長年の懸案として継続して強く要望をしてきております

  • 1