686件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大月市議会 2021-05-20 05月20日-議案上程・説明・付託-01号

今後も、大月が持っている豊かな自然や食べ物を提供することで、市内外の多くのお客様に喜んでいただけるような地域資源を発掘し、観光振興地域活性化につながる魅力あるイベント開催を実施するとともに、観光協会などと連携し、にぎわいの創出を図ってまいります。 それでは、当面する諸課題を踏まえ、特に意を注いでおります主要事業等につきまして、ご説明申し上げます。 

甲府市議会 2020-09-14 令和元年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2020-09-14

本市観光振興施策の指針である第2次甲府観光振興基本計画におきましては、開府500年関連事業の展開を重点方針の1つとして位置づけ、歴史的背景や多くの地域資源を活用し、観光客の興味を引く観光メニューの提供と魅力の効果的な発信により、観光客の誘客に取り組んでまいりました。  

甲府市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第4号) 本文

例えばひきこもりの方が働きたいと思っても、いきなりでは一般就労が難しいため、地域就労支援施設で、障害者手帳を持っていなくても障がいのある方たちと一緒に作業をするなど、本人のニーズと地域資源をうまく有効利用して社会のつながりを回復していくのが参加の支援です。  そして、3つ目地域づくりに向けた支援です。子ども食堂運動教室など、住民自らの意思で行う多様な居場所を増やしていきます。

甲府市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第2号) 本文

現在、周辺自治体の職員で構成する県央自治体実務者会議において、圏域の現状と課題についての認識圏域連携に関する国の政策動向等を共有するとともに、各自治体が有する特色地域資源についての理解を深め、互い強みを生かした産業施策福祉施策など、様々な分野領域における広域的な連携在り方について協議を進めているところであります。  

甲府市議会 2020-06-01 令和2年6月定例会(第3号) 本文

この会議では、連携中枢都市圏構想を視野に入れた圏域行政の枠組みや、各自治体が有する特色地域資源についての理解を深めるとともに、福祉、医療、社会インフラ等における機能補完並びに互い強みを生かした観光施策産業振興策など、様々な分野領域における連携在り方について協議を進めてまいります。  

山梨市議会 2020-03-24 03月24日-05号

高木晴雄君   副市長     古屋博敏君                  政策秘書  教育長     澤田隆雄君           中山浩貴君                  課長  総務課長    菊嶋 茂君   財政課長    古宿昌士君                  防災危機管理  管財課長    雨宮和仁君           小田切 聡君                  課長  地域資源開発

大月市議会 2020-03-16 03月16日-代表質問・一般質問-03号

定例会の所信にて、観光まちづくりの取組として、大月DMO推進協議会大月地域資源を活用し、来訪者観光消費を増やすため、各種テストツアーを実施し、その成果として第2回おおつき観光まちづくりフォーラム開催されたことを申し上げさせていただきました。この協議会のテーマは、稼ぐ観光まちづくりで、その実現に向けて事業に取り組んでまいりました。

山梨市議会 2020-03-13 03月13日-04号

高木晴雄君   副市長     古屋博敏君                  政策秘書  教育長     澤田隆雄君           中山浩貴君                  課長  総務課長    菊嶋 茂君   財政課長    古宿昌士君                  防災危機管理  管財課長    雨宮和仁君           小田切 聡君                  課長  地域資源開発

市川三郷町議会 2020-03-13 03月13日-02号

続いて、歳出5款では、農業振興費において、のっぷいブランド基礎調査令和元年度と令和年度事業の内容と実績および何年間で調査を行うかという質問に対し、令和元年から3年間で調査を行う予定であり、令和元年度は、地域資源の発掘と生産量生産個数の把握や、甘々娘や大塚にんじんなどのうま味、甘み等を中心とした成分分析を行った。

上野原市議会 2020-03-13 03月13日-03号

魅力ある雇用の創出就職支援、結婚・出産・子育て支援地域資源を生かしたまちづくり、安心な暮らしを守るまちづくり上野原への人の流れをつくる、高齢者健康づくり協働人づくり、新しい時代の流れを力にするといったこうした項目を将来に向けて取り組むべき視点として捉えてございまして、同時にこれが当市の課題であると認識してございます。 以上でございます。 ○議長川島秀夫君) 長田喜巳夫君

甲府市議会 2020-03-13 令和2年予算特別委員会 本文 開催日: 2020-03-13

次に、4目広報費につきましては、広報誌、ホームページ、ラジオ等各種媒体を活用し、本市行政情報市民にわかりやすく伝えるために要する経費、及び本市地域資源甲府市内外へ発信し、知名度を向上させるための経費であります。  56ページ、57ページをお開きください。  11節需用費につきましては、行政情報等を紹介する広報誌広報こうふ」の発行にかかわる印刷製本費等であります。  

山梨市議会 2020-03-12 03月12日-03号

この協定は、ふるさと納税における地域資源相互利用連携事業共通返礼品に関する連携協力が盛り込まれております。 このため、本市では、この協定に基づき、フルーツ定期便、お米、富士ミネラルウオーター共通返礼品として活用し、さらに返礼品以外にも今年の秋には、富士山と果樹を組み込んだ体験ツアー共同開催を予定しております。

上野原市議会 2020-03-12 03月12日-02号

上野原市の魅力の再発見や地域資源活用方策等を考えるワークショップ等開催するなど、地域活性化に向け主体的に取り組む市民団体が増えていくよう一層働きかけをしてまいりたいと考えております。 以上です。 ○副議長岡部幸喜君) 白鳥純雄君。 ◆4番(白鳥純雄君) ただいまの答弁の中で地域間の連携も大切ということで認識はされているようであります。

甲府市議会 2020-03-12 令和2年予算特別委員会 本文 開催日: 2020-03-12

また、人気が高いふるさと納税のポータルサイトを1サイト増設し、合計6サイトを活用するとともに、首都圏等をターゲットとした新聞広告により、本市が有する地域資源周知等に努めてまいりました。  こうした結果、今年度の2月末現在で約1億6,300万円と、前年同月と比較し約40%増となっており、3月補正予算として増額計上したところであります。  

山梨市議会 2020-03-09 03月09日-02号

高木晴雄君   副市長     古屋博敏君                  政策秘書  教育長     澤田隆雄君           中山浩貴君                  課長  総務課長    菊嶋 茂君   財政課長    古宿昌士君                  防災危機管理  管財課長    雨宮和仁君           小田切 聡君                  課長  地域資源開発

韮崎市議会 2020-03-09 03月09日-02号

本市が有する豊かな自然や地域資源を、より効果的・積極的に情報発信するとともに、交流人口の受皿となるイベントのなお一層の充実を図ることなどを目的に、現在、産業観光課が所管する韮崎市観光協会を4月から一般社団法人に移行し、引き続き、市並びに関係機関との連携を図りながら、事業柔軟性迅速性、新たな収益事業創出などに努めている中で、さらなる観光施策充実強化地域活性化を推進していくと伺っております。

甲州市議会 2020-03-06 03月06日-03号

私は以前から山梨県の豊かな自然をはじめとする貴重な地域資源に注目をいたしております。特に峡東地域果樹最大限に活用していく、多くの人々の集う場所づくり地域活性化を図るといった考えの中で、ヴェスタ甲州という位置づけをしました。 なぜと言われますと、思い起こすと、そうですね、平成9年だったと思います。

甲州市議会 2020-03-05 03月05日-02号

本市首都圏に隣接する位置にありながら、豊かな自然をはじめとする貴重な地域資源を有しており、国内外に誇れる果樹がございます。この果樹最大限に活用して、多くの人々が集う場所を作り、地域の皆さんと一緒活性化を図り、明るい未来への扉を開いていけるようなプロジェクトとしまして、ヴェスタ甲州を提唱してまいりたいと考えております。 

甲斐市議会 2020-03-04 03月04日-03号

市内の水路はかんがい用水のみならず防火用水雑用水環境用水など多様な役割を持つ地域資源でもあることから、今後もご指摘のとおり環境美化に対する意識の高揚を図りながら地域住民皆様方のご協力もいただき、適正な維持管理に努めてまいりたいと存じます。 ◆15番(斉藤芳夫君) ありがとうございました。 ○議長清水正二君) 以上で、15番、斉藤芳夫君の一般質問を終わります。 ここで、暫時休憩いたします。