464件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2019-03-07 平成31年民生文教委員会 本文 2019.03.07

◯望月委員 ALT、外国語指導助手ということで、今定例会本会議でも御答弁いただいたように、国際交流というのも非常にこれから重要になってくると思いますし、それに対して樋口市長も市長直轄組織で行っている部分もありますので、ぜひ多くの人材が、また甲府市にすばらしい文化やいろんな意味で子どもたちへの教育につながるように、また御検討と御努力をいただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  

韮崎市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−03号

また、9月18日には、東京都内で開催された「地域防災を担う人づくり」国際シンポジウムにおいて、全国の市町村を代表し内藤市長がパネリストとして地域減災リーダー育成にかかわる取り組みを紹介し、意見交換がなされたという報道がございました。  私は、この2つの大きな知らせを聞き、全国的にまた国際的にも本市の減災についての取り組みが高く評価されたものだと、韮崎市民の一人としてとても誇りに思いました。

甲府市議会 2018-12-13 平成30年総務委員会 本文 2018.12.13

平成31年度は、こうふ未来創り重点戦略プロジェクトの計画期間が満了となり、中核市として新たに地域連携・公民連携の施策や国際交流の施策などを企画部で一体的かつ着実に展開するため、現行の第2条、市長直轄組織の項中、第3号「中核市に関すること。」及び第5号「市長の特命事項に関すること。」を削り、企画部に移管するものでございます。  

富士吉田市議会 2018-09-26 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月26日−03号

歳出では、ふるさと寄附推進事業費5億1,065万9,000円、ふるさと振興基金積立金4億円、人口減少対策関連事業費2,729万2,000円、特定防衛施設周辺公共用施設整備事業費1,540万円、国際スポーツ大会キャンプ地誘致事業費500万円、住民基本台帳事務事業費432万円、小学校校舎等維持管理事業費398万4,000円、選挙管理委員会事業費316万円を増額するものであり、妥当と認められますので、原案

甲府市議会 2018-09-18 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.18

じゃあ、公共交通、以上でここは終わって、最後でありますが、国際交流のことについて、これで終わります。これも主要な施策の成果及び予算の執行実績報告書で拝見をしますと、市長のこうふ未来創り重点プロジェクトで3つ新しい大きな柱が加わりましたと。何が加わったかというと、健康づくりと国際交流と歴史物語だと。私はこれ、すばらしい3本の新しいのが加わったと思っているんです、方向として。

甲府市議会 2018-09-14 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.14

また、甲府商業高等学校及び甲府商科専門学校においては、外国人英語講師を積極的に活用し、コミュニケーション能力の向上や国際感覚豊かな生徒の育成に努めるとともに、より一層魅力と特色のある学校づくりを推進する質の高い教育を目指す中で、地場企業に貢献できる人材の育成に取り組んでまいりました。  

富士河口湖町議会 2018-09-11 平成30年  9月 決算特別委員会-09月11日−04号

国際交流事業の中の友好都市交流事業についてですけれども、決算年度は当町より6名の中学生がツェルマットを訪問しました。この成果を町長はどのように捉えているのか、お伺いしたいと思います。 ○委員長(三浦康夫君) 町長、渡辺喜久男君。 ◎渡辺町長 ツェルマット、まず29年度で行きました。

甲府市議会 2018-09-10 平成30年総務委員会 本文 2018.09.10

まず、このいわゆる共謀罪法、当初政府では、テロ対策あるいは国際組織犯罪防止条約を締結しないと、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開けない、このようなことを言っておりました。しかし、そもそも当初の法案にはテロという文字はありませんでした。

富士河口湖町議会 2018-09-07 平成30年  9月 決算特別委員会-09月07日−02号

    外川博章君  総務課管財係長    倉沢准也君   総務課秘書係長    有泉いづみ君  政策企画課長補佐   山中一敏君   政策企画課政策調整係長                                堀内 拓君  政策企画課企業誘致・まちづくり推進係長 政策企画課広報統計係長             岡村 等君              小佐野一磨君  政策企画課男女共同参画国際係長

富士吉田市議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月05日−01号

歳出では、ふるさと寄附推進事業費5億1,065万9,000円、ふるさと振興基金積立金4億円、人口減少対策関連事業費2,729万2,000円、特定防衛施設周辺公共用施設整備事業費1,540万円、国際スポーツ大会キャンプ地誘致事業費500万円、住民基本台帳事務事業費432万円、小学校校舎等維持管理事業費398万4,000円、選挙管理委員会事業費316万円を増額するものであります。  

韮崎市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−03号

また、非核化と平和体制構築を実現するためには、米朝両国の努力とともに、関係各国、国際社会と協調した取り組みが必要です。平和を求め核兵器のない世界を求める諸国民の世論と運動が不可欠です。とりわけ、日本政府が、日朝平壌宣言に基づき、核・ミサイル、拉致、過去の清算など両国間の諸案件を包括的に解決し、国交正常化のための努力を図り、開始された平和のプロセスを促進する役割を果たすことが必要です。

韮崎市議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−02号

養子縁組や国際結婚など、戸籍に関する事務は、現在、区役所の担当者が民法や戸籍法などの関係法令を膨大な書籍から個別のケースに合わせて調べ、場合によっては法務省に問い合わせる必要があるなど、事務の煩雑性を有しておりました。戸籍に関するこうした審査が必要な申請があった際に、AIが回答を提示する職員の知恵袋を活用していこうという試みだそうです。

都留市議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号

セーフコミュニティとは、事故やけがは偶然の結果ではなく、原因を分析することで予防できるという理念のもと、地域住民と行政等が協働して安全の向上に取り組んでいるコミュニティ(地域)のことをいい、WHO(世界保健機関)が推奨し、国際セーフコミュニティ認証センターが認証する世界的な取り組みであります。  以上です。 ○議長(小俣武君) 山本議員。

甲府市議会 2018-06-12 平成30年総務委員会 本文 2018.06.12

◯桜井委員 この件につきましは、継続審査で来ているわけでありますが、当会派といたしましては、いわゆる国際的なテロを抑えて国民の生命・安全を守るためには、これはどうしても進んでいる案件でもありますので、当会派としては毎回、不採択と考えております。したがいまして、今回も不採択ということでよろしくお願いします。 ◯廣瀬委員長 ほかに御意見ありませんか。  兵道委員。