運営者 Bitlet 姉妹サービス
649件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-04 市川三郷町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−01号 コミュニティバスは、町が開催する地域公共交通会議での審議を経てさまざまな条件のもとで運営をしておりますので、例えば、地元のタクシー業者さんの営業を脅かすような運営には対応できないものであることをご理解いただきたく思います。  一方、民間のNPO法人にて外出支援サービスを展開していただけておりますので、利用促進のPRなど支援を行う中で、より利用者の利便性が向上することを期待しております。   もっと読む
2018-09-07 富士河口湖町議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月07日−02号 損益計算書とは、一営業期間における企業の経営成績を明らかにするために、その期間に得た全ての収益とこれに対する全ての費用を記載し、純損益とその発生の由来を表示したものとなっております。  それでは、1の営業収益ですが、中段右側合計額として2億3,169万9,333円となっております。 もっと読む
2018-06-20 都留市議会 平成30年  6月 社会厚生常任委員会-06月20日−01号 6月の市長の所信表明、あるいは、また一般質問でも出ました都留市立病院の産婦人科の分娩再開、いよいよ2月から始まると、そこで、事務長、前にも私は進言した覚えがあるんだけれども、公立病院といえども、民間病院と同じように営業なんだという、こういう強い信念をもって、営業に歩くという、そういう姿勢が非常に大事だと思うんですよ。   もっと読む
2018-06-18 都留市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号 都市公園内における営業施設につきましては、占用許可を得る中で、公園管理者以外の者が設置できることとなっており、公園機能の増進に資する有用な施設であります。また、平成29年の法改正により創設された公募設置管理制度は、飲食店、売店等の公園利用者の利便の向上に資する施設の設置と、当該施設から生じる収益を活用して、公園施設の整備・改修等を一体的に行うものを公募により選定する制度であります。   もっと読む
2018-06-06 甲府市議会 平成30年経済建設委員会 本文 2018.06.13 営業時間終了後は出入り口を封鎖するなどの説明がされておりました。  次に、参加した方からの質問と回答であります。  質問として、営業時間の考え方、防犯に対する考え方、健全な青少年育成に対する考え方、雇用に対する考え方、地域貢献への考え方、店舗形態や商品構成の考え方などの質問がありました。   もっと読む
2018-06-06 甲府市議会 平成30年環境水道委員会 本文 2018.06.13 ◯長沼委員長 藤原営業管理室長。 ◯藤原営業管理室長 このたび新たに追加いたします業務及び新規に加えた業務等の金額が増額しているということで、おっしゃるとおりでございます。 ◯長沼委員長 山田委員。 もっと読む
2018-03-19 都留市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月19日−03号 どことかは特にはないとは思うんですが、なるべく24時間営業しているようなお店だったりとか、その他民間の事業者さんとかでも置いてくれるようなところがもしありましたら、今後積極的に設置をしていっていただければいいなと思います。  以上です。 ○委員長(藤江喜美子君) 消防課長。 ◎消防課長(根本久男君) お答えいたします。   もっと読む
2018-03-16 都留市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月16日−02号 これは今、福祉タクシーは営業者数と営業台数がすぐわかったらお願いいたします。わからなければ、続いて質問いたしますけれども。 ○委員長(藤江喜美子君) 福祉課長。 ◎福祉課長(清水敬君) お答えをいたします。  最初に、就労支援についてですが、これにつきましては業務委託によりキャリアコンサルティング、就労に係るスキルを持つ職員も来年から来ることになっております。 もっと読む
2018-03-14 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号 住宅宿泊事業法、いわゆる民泊新法が2017年6月9日に成立したことを受け、新たに民泊という営業形態の宿泊提供が本年6月15日より施行されます。住宅宿泊事業法の対象となる民泊施設は、ホテルや旅館などの宿泊施設ではなく、一般的に我々が住んでいる住宅に旅行者らを泊めることです。   もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年経済建設委員会 本文 2018.03.08 その中で、4年間の受注実績等を踏まえる中で、確かに多くの業者に仕事の受注機会の拡大という面では効果があったのかなとは思うんですけれども、ただ、一部の営業力の強い業者さんへの受注の偏りという部分も否定できないという面も踏まえまして、また、甲府市行政評価外部評価委員会での指摘等も踏まえる中で、今回空き家対策という目的のある施策という中では、限られた予算の中で事業を行っていくという上ではやむを得ないことなのかなと もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会-1 本文 2018.03.20 営業外収益の2段目、他会計補助金は、汚水処理に係る経費や処理施設建設に充てた企業債の支払利息及び減価償却費などに対する一般会計からの補助金で、14億5,625万6,000円、長期前受金戻入は、平成26年度より適用された地方公営企業新会計基準に伴う収益で現金を伴わない収入となります。   もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.16 3目その他の営業収益は6,694万円と、前年度に比べ145万8,000円、2.1%の減となっております。減となった主な要因は、電気使用料収入が128万円余減収したことによるもので、支出における電気料も100万円余減となっております。   もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年環境水道委員会 本文 2018.03.08 補正予算第2条、収益的収入及び支出につきましては、平成29年度甲府市下水道事業会計予算の第3条に定めました収益的収入及び支出予定額のうち、支出の第1款下水道事業費用、第2項営業外費用を229万4,000円減額補正を行い、補正後の予算額を右側の計の欄の記載のとおりとするものであります。   もっと読む
2018-02-23 甲州市議会 平成30年  3月 定例会-02月23日−01号 収益の主な内容は、営業収益が4億1,504万円であり、営業費用として4億282万8,000円であります。  資本的収入及び支出につきましては、収入1,459万7,000円、支出1億8,447万8,000円などであります。収入の主な内容は、負担金668万6,000円、移設補償金791万1,000円であり、支出につきましては、建設改良費1億1,529万3,000円であります。 もっと読む
2017-12-18 都留市議会 平成29年 12月 定例会-12月18日−02号 さらに、営業線となりますと、実験線の4倍の16両編成。早朝から深夜まで1日に200本も通過する。そんなことですから甚だしい環境破壊、住民は、「ここには住めなくなってしまう」「病気になる人が出るよ」と言う人もいます。このような住民の声をどのように受けとめるのかお伺いいたします。   もっと読む
2017-12-14 中央市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号 今後の10年間では、中部横断自動車道の全線開通、リニア中央新幹線の東京−名古屋間の営業運転が予定されており、首都圏はもとより中京圏までの交通インフラに大きな変化をもたらします。これは、本市における定住人口の増加や減少、産業構造を中心に地域経済にも大きな影響を与えることと思われます。 もっと読む
2017-12-14 甲州市議会 平成29年 12月 定例会-12月14日−02号 今回の補正は、収益的収入及び支出のうち、支出において営業費用へ59万8,000円を追加するものであります。  次に、議案第101号 平成29年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計補正予算(第2号)についてご説明をいたします。  今回の補正は、収益的支出において営業費用へ95万円を追加するものであります。  以上、よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願いを申し上げます。 もっと読む
2017-12-12 甲府市議会 平成29年経済建設委員会 本文 2017.12.13 営業時間につきましては、午前9時から午前2時までといたします。売り上げのピーク時間は午後4時を想定しております。  5取り扱い商品につきましては、日用消耗品や家庭雑貨品、衣料品、化粧品など、衣食住用実用品を取り扱いいたします。食料品としては、惣菜、肉類、冷凍製品、弁当などを取り扱い、市場と競合する生鮮野菜、生鮮果実、鮮魚は取り扱いをいたしません。   もっと読む
2017-12-12 甲府市議会 平成29年環境水道委員会 本文 2017.12.13 収益的収支においては、水需要の減少に伴い、収益的収入、1の営業収益の(1)料金収入は、年々減少するのに対し、維持管理や減価償却費等の増加により収益的支出は増加をし、表の3段目になりますが、経常損益は年々減少し、経営状況は厳しさを増していきます。収支上の利益は見込まれますが、資産を維持していくための適正な水道料金については、継続的に検討を行っていく必要があります。   もっと読む
2017-12-11 大月市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月11日−代表質問・一般質問−02号 発電所の営業が続く限り継続して行うこと。そして、このモニタリングの件に関しては、別途でできるならば、本来は発電所ではなくて木質チップを搬入する会社。要するに発電所がどうこうではないのです。木質チップに問題があっては困るのです。その辺はどうなのかな、課長。協定書はできるのかな。 ○議長(山田善一君) 小泉二三雄君の再質問に対し、当局の答弁を求めます。  天野市民課長。            もっと読む