27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

甲府市議会 2019-06-21 令和元年総務委員会 本文 2019.06.21

この上村さんはまだわかりませんが、そんな形の中から、やはり同じような形の人が来るだろうということでございますので、私は賛成をする立場とともに、先ほど市長から御答弁がありました、総務省消防庁防災部の参事官をしていたということは、なお一層、私はここに期待をしたいなと思っているところでございます。  

大月市議会 2017-06-26 平成29年  6月定例会(第2回)-06月26日−代表質問・一般質問−02号

本年4月21日付内閣参事通知により、Jアラートからのメッセージが流れた場合の行動を住民へ周知するよう指示があり、「広報おおつき」6月号へ掲載いたしました。屋外にいる場合、同じく屋外にいる場合で近くに適当な建物がない場合、屋内にいる場合の3つの行動パターンについて市民の皆様への周知を図っております。

甲府市議会 2017-03-10 平成29年予算特別委員会 本文 2017.03.10

改正内容につきましては、現行の再任用制度におきまして、部長級退職者の再任用職員課長級の格付とし、フルタイム勤務であります課長と短時間勤務であります参事としておりましたが、このたびの一部改正によりまして、部長級退職者の格付につきましては、短時間勤務であります参事を廃止し、フルタイムの勤務であります担当課長または課長補佐並びに短時間の勤務であります課長補佐としたものでございます。  

甲府市議会 2016-09-14 平成28年環境水道委員会 本文 2016.09.14

この間随分削減はされていると思うのですけれども、その正規の職員さんの数、その中にあって、参事さんの数と、再任用の数、それぞれ教えていただければありがたいです。 ◯坂本委員長 大須賀業務総室長。 ◯大須賀業務総室長 正規の職員は、平成28年度147名です。参事はおりません。再任用はそのうち11名となっております。 ◯坂本委員長 山田委員。

甲府市議会 2016-06-17 平成28年総務委員会 本文 2016.06.17

また、今委員おっしゃられましたように、国土交通省出身でありますけれども現在内閣府地方創生推進事務局参事官として、各地方地方創生の事業の中身について研究し、また、評価をする立場と聞いておりますから、その今の肩書の仕事もしっかりと甲府市の地方創生事業にも生かしていただきたい、あるいは、私どもと一緒にそれを先頭に立って行っていただきたいという思いを持っております。  以上でございます。

甲府市議会 2014-06-13 平成26年総務委員会 本文 2014.06.13

◯白倉人事管理室長 参事につきましては、管理職という位置づけをしておらないのがまず1つございます。それといいますのも、事務分掌規則等によりますと、課長については課等の事務を掌理し、配置職員を指揮監督するという位置づけにしておりますけれども、参事につきましては、課長級の参事につきましては、部内の重要事項についての処理、検討、調整を行うというふうに、課長とは別に位置づけをしております。

大月市議会 2011-03-23 平成23年  3月定例会(第1回)-03月23日−委員長報告・質疑・討論・表決−03号

これは日本政策投資銀行参事役の方で朝日新聞の1月15日付に掲載されました。少し紹介しますと、経済停滞は国際競争に負けた結果ではない。内需の縮小こそ病気だ。賃上げ、内需拡大、売り上げが増加という好循環を生む第一歩という声も上がっています。日本経済の発展方向を正確に見きわめることが必要だと思います。  次に、中小企業の仕事をふやしていくことが、地域経済を活性化する上で大切です。

市川三郷町議会 2009-11-26 平成21年 11月 臨時会(第6回)-11月26日−01号

私はかつて西八代郡農協の参事の方が、郡農協の職員の給料を役場職員の給料に追いつくように努力しているんだよと話してくれたことを覚えています。公務員の給料は、民間の給料の物差しです。民間の冬季ボーナス支給交渉はこれから本番を迎えます。夏季ボーナスのときも同じでした。公務員のボーナスの削減、給与の削減は、これから始まる民間の一時金交渉、来年の昇給交渉に悪い影響を与えることは明らかではありませんか。  

上野原市議会 2008-09-22 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月22日−02号

ちなみに、数年前、内閣防災担当が訪れ、数人の参事官、4人もいた参事官と私1人で話し合いました。1時間話し合いました。そのとき、最も協力的なのは防衛庁自衛隊なのに対して、最も非協力的なのは総務省消防庁だと言われました。また、同じころ訪問した東京都では、防災担当が当部局の中で最も非協力的なのは東京都消防庁であると言われました。驚きました、これはね。なぜかということをこの間も県へ行って聞いた。

中央市議会 2007-02-13 平成19年  2月 臨時会(第1回)-02月13日−01号

別表第1の6級の項中「参事課長次長総合支所長」を「次長参事課長」に改めるということで、行政職給料表の級別職務分類表を改正するものでございます。  次に第5項になりますけれども、中央市地下水採取の適正化に関する条例の一部を次のように改正する。第18条中「豊富総合支所地域振興課」を「市民環境課」に改めるということで、審議会の庶務規定を改正するものでございます。  

甲州市議会 2006-03-24 平成18年  3月 定例会-03月24日−05号

それぞれ細かいご経歴についてはあれですが、最近の平成14年4月1日に教育委員会総務課長補佐になり、教育委員会事務局、そして教育委員会スポーツ健康課長を経て政策秘書室、政策参事をこの平成18年3月22日付でここに出向という形で出るわけであります。  以上であります。 ○議長(廣瀬宗勝君) 野尻陽子君。

中央市議会 2006-02-28 平成18年  2月 臨時会(第1回)-02月28日−02号

      伊藤貞秀君   農政観光部長    相原勝仁君  総合支所長     金丸幸夫君   総務部部長    山口芳男君  総務部次長     長田邦雄君   市民次長     萩原一春君  産業課長                    農業委員会                    事務局長      鷹野 求君   市民課長      坂本 桂君  総務課長      藤巻博文君   参事課長

都留市議会 2005-12-15 平成17年 12月 定例会-12月15日−02号

本市の機構改革につきましては、平成10年7月に、それまでの総括参事制から部長制へと移行するとともに、係長制を廃止し担当制とするなど、社会経済情勢の変化に対応した行政課題や、市民の多様なニーズに的確にこたえることができる柔軟で効率的な組織の構築と、職務の明確化を目指した機構改革を実施いたしたところであります。  

大月市議会 2005-12-01 平成17年 12月定例会(第5回)-12月01日−議案上程・説明−01号

この結果、部長次長参事課長、管理主幹、課長補佐、所長補佐、副主幹、副主査等が廃止されます。  この新機構の目指す目的は、次の6項目に集約されます。  一点目として、大月市自立計画に基づく行政改革と、職員250人体制の組織確立を目指すこと。  二点目として、市役所の都合による「住民管理組織」から市民に分かり易く、利便性の高い「市民サービス組織」に変えること。  

大月市議会 2005-03-24 平成17年  3月定例会(第1回)-03月24日−委員長報告・質疑・討論・採決−03号

参事教育次長 山口和義君登壇) ◎参事教育次長山口和義君) ただいま紹介をいただきました山口和義でございます。 一言お礼のごあいさつを申し上げます。  この度、西室市長様から教育委員会委員につきまして任命をいただき、ただいまは議員の皆様のご同意をいただきまして誠にありがとうございました。心より厚くお礼申し上げます。  

大月市議会 2005-03-14 平成17年  3月定例会(第1回)-03月14日−一般質問−02号

でも主幹課長補佐には残業もつくし、日曜に出てもお金貰えるしというようなことで、手取りを見てみたら課長さんより多かった、なんて話もちょっと聞いたことあるんですけれども、是非そのことを踏まえて是非市民は大変なんだということで、いつも上を向く向上心、主幹課長補佐から課長になる、あるいは参事課長になる、部長になる、あるいは収入役にまでなる、こんな気持ちを持ってですね、是非向上心のあるような職員態度を望みたいと

大月市議会 2004-03-23 平成16年  3月定例会(第1回)-03月23日−委員長報告・質疑・討論・採決−03号

これは、収入役の渡邊成政氏が今月末日をもって辞職いたしますので、その後任に教育委員会参事教育次長であります、賑岡町岩殿120番地の9の星野公夫氏を選任したく、議会同意を求めるものであります。よろしくご賛同を賜りますようお願い申し上げます。    以上であります。 ○議長(相馬保政君) お諮りいたします。  

大月市議会 2003-09-17 平成15年  9月定例会(第4回)-09月17日−一般質問−02号

議長(相馬保政君) 星野参事教育次長答弁           (参事教育次長 星野公夫君登壇) ◎参事教育次長(星野公夫君) 山崎喜美議員質問にお答えします。 「スクールバスの関係について」であります。  スクールバスの運行につきましては、大月東中学校と賑岡中学校の統合に伴いまして、遠距離通学の児童・生徒の通学条件の緩和を図るため、昭和37年に運行がスタートしたところであります。  

都留市議会 1999-09-17 平成11年  9月 定例会-09月17日−02号

◆21番(小林義孝君) 1点だけ伺いますが、加畑川沿いの平栗地内の造成工事について、国田議員質問に関連して1点だけ伺いたいんですが、この造成工事がもし私が知っているところを指しているのだとすれば、加畑へ向かって一時生コンをだーっと流してその上へ土を盛った、生コンと土がまざるわけもないし、これはちょっと地震とか大雨に耐えられるような造成じゃないということで、数年前ですが、私、総括参事といった時代ですが

  • 1
  • 2