67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大月市議会 2021-05-20 05月20日-議案上程・説明・付託-01号

 大月市監査委員条例中改正の件 日程第 10 議案第44号 災害弔慰金の支給等に関する条例中改正の件 日程第 11 議案第45号 大月市布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の             資格基準に関する条例中改正の件 日程第 12 議案第46号 令和元年度大月市一般会計補正予算(第1号) 日程第 13 議案第47号 市道の路線認定の件 日程第 14 議案第48号 動産購入

甲斐市議会 2020-03-03 03月03日-02号

いずれにいたしましても、予定価格2,000万円以上の動産の買入れにつきましては、市議会議決が必要となりますので、しっかりと議会議員の皆様にご説明してまいりたいと考えております。 ○議長(清水正二君) 当局の答弁が終わりました。 質問ございますか。 6番、横山洋介君。

中央市議会 2019-09-27 09月27日-04号

年度中央市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第17 議案第71号 平成30年度中央市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第18 議案第72号 平成30年度中央市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第19 議案第73号 平成30年度中央市田富よし原処理センター事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第20 議案第74号 平成30年度中央市上水道事業会計決算認定の件  日程第21 議案第75号 動産取得

中央市議会 2019-09-05 09月05日-01号

年度中央市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第21 議案第71号 平成30年度中央市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第22 議案第72号 平成30年度中央市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第23 議案第73号 平成30年度中央市田富よし原処理センター事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第24 議案第74号 平成30年度中央市上水道事業会計決算認定の件  日程第25 議案第75号 動産取得

大月市議会 2019-06-06 06月06日-委員長報告・質疑・討論・表決-03号

 課 長  米山 正明  事 務 局 長1 出席事務局職員  事 務 局 長  槌屋 孝一  書 記 (次長)  小林 吉麿     書 記 (主任)  駒井  恵1 議事日程(第3号) 令和元年6月6日(木曜日) 15時開議 日程第 1 諸般の報告 日程第 2 報告第1号「専決処分事項について承認を求める件」及び議案第39号「大月市豊かな       森づくり基金条例制定の件」から議案第48号「動産購入

中央市議会 2018-12-18 12月18日-04号

年度中央市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)  日程第17 議案第113号 平成30年度中央市介護保険特別会計補正予算(第2号)  日程第18 議案第114号 平成30年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)  日程第19 議案第115号 平成30年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第2号)  日程第20 議案第116号 平成30年度中央市上水道事業会計補正予算(第3号)  日程第21 議案第117号 動産取得

都留市議会 2018-12-17 12月17日-02号

代執行により移動、撤去された残置動産等につきましては、物件所有者に返還する義務があることから、所有者に対し引き取りの催告を行った上で、一定期間保管し、保管期間終了後に保管物件の事例により処分の判断を行います。略式代執行を実施した場合の残置動産等につきましては、告示により物件所有者に引き取りの催告を行うことになります。 

中央市議会 2018-12-04 12月04日-01号

の件  日程第25 議案第118号 動産取得の件  日程第26 議案第119号 動産取得の件2.本日の会議に付した事件  議事日程に同じ3.出席議員は次のとおりである。

中央市議会 2018-09-21 09月21日-04号

年度中央市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第17 議案第89号 平成29年度中央市田富よし原処理センター事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第18 議案第90号 平成29年度中央市上水道事業会計決算認定の件  日程第19 議案第91号 訴えの提起の件  日程第20 議案第92号 中央市道路線廃止の件  日程第21 議案第93号 中央市道路線変更の件  日程第22 議案第94号 動産取得

甲府市議会 2018-09-14 平成29年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2018-09-14

職員の皆さんが努力をされた結果だと思われますし、先ほどの佐野委員への御答弁でも幾つか取り組みが紹介されておりましたけれども、その一方で、差し押さえの状況などが、動産債権についてはふえているように思われますし、不動産についても前年度からは減少かもしれませんけれども、2年ほど前と比べるとふえているのかなと心配をしております。

中央市議会 2018-09-04 09月04日-01号

の件  日程第26 議案第95号 動産取得の件  日程第27 議案第96号 動産取得の件  日程第28 報告第7号 平成29年度中央市一般会計予算継続費の精算の件  日程第29 報告第8号 平成29年度中央市健全化判断比率の報告の件  日程第30 報告第9号 平成29年度中央市資金不足比率の報告の件  日程第31 請願第1号 教職員定数改善、少人数学級推進、及び義務教育費国庫負担制度拡充を図るための

中央市議会 2018-06-18 06月18日-02号

現在、空き家バンクの登録数も少ない状況という中で、今回の6月の補正予算でも整備、また空き家の改修、それから中の動産の処分についての補助金を設けております。 またその他、移住・定住に関するPRを京浜また首都圏に出向いて、積極的にPRをしていきたいというふうに考えております。

韮崎市議会 2017-09-19 09月19日-02号

次ですけれども、平成27年度市町村別差し押さえ実施状況の資料を見ますと、平成21年度、本市では、動産給与、預貯金、実施件数が県内27市町村の中で1番多い1,050件を記録しています。それから減少し、27年度は371件と3分の1まで減ってしまいました。原因をお伺いいたします。 ○副議長(田原一孝君) 飯室収納課長。 ◎収納課長(飯室光俊君) お答えいたします。 

甲斐市議会 2017-06-16 06月16日-02号

なお、動産不動産の公売は行っておりません。 次に、広域化での状況予測、滞納者への対応についてお答えします。 平成30年度からの国保制度改革は、都道府県が安定的な財政運営や効率的な事業運営の確保等中心的な役割を担い制度の安定化を図るものであり、滞納者への対応はこれまでと同様市が行うこととなります。

都留市議会 2017-03-13 03月13日-02号

先ほどの答弁と重複する部分もあろうかと思いますが、平成28年9月定例会において可決いただいております南都留合同庁舎移転に係る物件移転補償につきましては、建物が11億9,050万1,200円、アスファルト舗装などの工作物が1,789万2,100円、受変電設備等の機械工作物が1,296万8,000円、動産移転が1,056万200円、移転雑費が5,777万6,300円、立竹木が5,324万5,700円、法令改善費

甲府市議会 2016-12-01 平成28年12月定例会(第3号) 本文

また、過年度収納率の向上対策といたしましては、滞納者との面談や綿密な財産調査等により、その生活状況を把握する中で、生活実態に即した分割納付指導などの対応を図るとともに、納税意思のない方などに対しましては、預貯金や給与等の債権差し押さえや、公売を視野に入れた動産不動産の差し押さえを行っております。