10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

甲斐市議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−03号

この中で、ジェネリック、清水議員も初日に質問されましたけれども、かぶる部分もあろうかと思いますが、ジェネリック医薬品有効成分と効能は先発薬と同じ。だが、研究開発費が抑えられて価格は2割から7割安いという形。使用割合が80%に達すると、国全体で4,000億円もの医療費抑制が見込めるという形になっております。  ところが、山梨県使用率が63.6%、全国で下から2番目に低いというふうな形になります。

甲府市議会 2017-09-20 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.20

そういった中で、この不祥事というものをどのようにして撲滅していくかということで、先ほども質問の中でありましたけれども、甲府市の職員のコンプライアンスブックとか不祥事の防止対策会議というのが2カ月に1回開催されているということですが、こういったことに対しての効能とか効果というのは、この数字と照らし合わせてどのようにお考えでしょうか。 ◯原田委員長 坂本人事管理室長。

甲府市議会 2017-03-08 平成29年環境水道委員会 本文 2017.03.08

◯山中委員 笛吹市境川観光交流センターということで、新たにまた施設ができるということで楽しみにしたいと思うんですが、温泉ということなので、温泉効能といいますか、温度とかはどういうものになっているのかということを、まず、ちょっと教えてもらいたいと思うことと、あと、大人、小学生以下、高齢者団体割引ということでなっているんですけど、障がい者の方とかはどのようなくくりになるのかということを、その2点を教

大月市議会 2016-03-08 平成28年  3月定例会(第1回)-03月08日−代表質問・一般質問−02号

勉強がわかる喜び、授業に集中できる教室、落ちついた学校学習支援にはさまざまな効能があると思いますが、貧困の連鎖を正すという社会正義に通じる取り組みでもあり、注目しています。指導した先生からは、ふだんから学習の援助ができればもっと有効指導ができるのではないかという声があったと聞いていますが、新年度はどのようなフォローアップ学習を準備しているのでしょうか。  そこで質問です。

大月市議会 2015-12-11 平成27年 12月定例会(第5回)-12月11日−代表質問・一般質問−02号

次に、シルバーお出かけパスの効能についてです。市民の足をどのように確保するかは、安心して住み続けられるまちづくりのかなめになります。シルバーお出かけパスが1,300人に活用されている状況を踏まえると、市内の隅々までバス路線を張りめぐらせ、バス路線を中心に市民の足の確保に努めるということは理解できます。シルバーお出かけパスは、近隣市にはない先進的な制度です。改めて光を当てたいと思います。  

中央市議会 2008-09-14 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月14日−03号

このうち、新しい効能効果を有し、臨床試験等により、その有効性や安全性が確認され、承認された医薬品を、先発医薬品と、また、先発医薬品特許が切れた後に、先発医薬品と成分や規格が同一であるとして、臨床試験などを省略して承認される医薬品を、後発医薬品、いわゆるジェネリック医薬品と呼んでいます。  

山梨市議会 2005-12-15 平成17年 12月 定例会(第3回)-12月15日−02号

山梨市は、予定ですと、平成18年度に本実験として、男子大学生12名による生理・心理実験を行い、森林が人に及ぼすさまざまな効果効能が明らかにされ、平成19年4月に森林セラピー認定機関が、総合的認定基準を満たす場合、森林セラピー基地として認定証が付与されることとなります。認定は、1つ星、2つ星、3つ星の3段階となる予定であります。  

韮崎市議会 2002-09-12 平成14年  9月 定例会(第3回)-09月12日−02号

「泉質もよく効能が高い温泉なので入浴料が安ければ何回も利用したい」、これが利用者の声であります。経済情勢は一向に好転の兆しは見えず、せめて「ゆ〜ぷる」で多くの利用者がささやかな幸せのひとときが過ごせればと思います。多数の利用者に1回でも多くほのぼのとした気分に浸っていただくためにも、入浴料の改定と利用券の不正使用を解消すべき対策を講ずるべきと考えますが、当局の見解を求めます。  

韮崎市議会 2001-12-18 平成13年 12月 定例会(第4回)-12月18日−03号

うちだけいいという考えでなくて、さすが共産党、困った人の味方だという、こういうことを考えますと、ある意味では合併効能といいますか、そういうふうなものもここにあらわれてくるんではないかというふうに私は考えておるわけでありまして、正直言いまして我が自治体におきましても、当初予算ベースでいきますと自主財源比率大体53%あるといいますけれども、決算打ってみると 44.何%、約45%ぐらいになってしまうんですね

  • 1