93件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上野原市議会 2020-03-13 03月13日-03号

今回の人口ビジョンによりますと、将来の人口目標のための前提条件として、社人研移動率をベースとして社会減を徐々に解消させていって、2045年から転出入均衡化させるというように表現がされているわけです。25年先ですよ。25年先に均衡化を保つと言っているのが、今回の人口ビジョンです。これちょっと長過ぎません。少なくとも5年から10年先を展望すべきであると、このように考えますがどうですか。

上野原市議会 2020-03-12 03月12日-02号

そのためには、部下職員の意見を交換しながら、丁寧な話合いを行っていただくのが前提条件なんです。そうすることにおいて、やっぱり本当の部下の悩み、苦悩、そういうものをいかに吐き出させるかということが何よりも大事なわけで、それが私ははっきり言って、ある市で職員が自殺したという話が新聞報道で出ておりましたけれども、そういうことを防ぐ要因になるのではないかなというふうに思います。 

上野原市議会 2019-09-18 09月18日-03号

そこで、移住定住促進策をお伺いする前に、空き家実態危険家屋だとか、把握されている空き家に対しての対応とか、空き家バンク登録数とか、その空き家バンクがどういう動きがあったか等について、前提条件というか、その辺のところを先にお知らせいただけたらと思います。 ○副議長東山洋昭君) 尾形生活環境課長。 ◎生活環境課長尾形武徳君) 空き家状況についてお答えいたします。 

甲州市議会 2019-06-17 06月17日-02号

中長期財政推計及び財政健全化判断比率予測値のいずれの試算においても、前提条件経済情勢一定で推移、現行の制度継続としていることから、課税停止継続条件とした29年度決算による試算結果では、いずれの比率もさらに上昇が見込まれ、特に実質公債費比率については公債費負担のピークや普通交付税段階的縮減が進む令和2年度、3年度決算では、一定基準となる18%近くまで上昇すると予測しております。

上野原市議会 2019-03-13 03月13日-02号

ちょっと前提条件として、毎日延べ2,000人からの人が利用しているのが全くその道路のらち外であると、今この一般交通の用に供するその他の場所というところについての判断をもう一度つぶさに検証していただきたいなというふうに思いまして、例を申し上げました。今その判断をしてくれとは申しませんが、そういう前提もあるということで、次の話しを聞いていただきたいと思います。 

中央市議会 2018-12-12 12月12日-02号

自殺予防教育を取り組む際の前提条件として、①関係者間の合意形成、②適切な教育内容③フォローアップ体制整備、の3つの条件を整える必要があると言われています。 市内の小中学校において、自殺予防教育取り組みについては文部科学省発行啓発教材等を活用しての取り組みや、外部講師を招いての講演会等を実施しております。 

上野原市議会 2018-09-13 09月13日-03号

この限度額認定証国保税滞納がないという前提条件ですが、上野原市の場合、滞納があっても分納誓約しているとき、納税状況が順調なときには発行しているとされています、と伺っていますけれども、間違いありませんか。 ○副議長小俣修君) 清水市民部長。 ◎市民部長清水一明君) お答えします。 高額な医療費負担が生じることにより、滞納状況が悪化しないよう限度額認定証発行を行っております。 以上です。

大月市議会 2018-03-08 03月08日-代表質問・一般質問-02号

このような計算をした場合には、その答えが4万9,000円余りとなり、人口減少に伴う1人当たりの交付額の減額と考えることができますが、普通交付税の算定は人口測定単位だけを捉えて増減を説明することができませんので、あくまでも前提条件を示した上での説明であることにご理解をお願いいたします。 以上であります。 ○議長山田善一君) 小原丈司君。          

韮崎市議会 2017-12-12 12月12日-03号

ですので、この条件に当然該当すれば滞納があっても発行できるということなんですが、前提条件として保険税滞納がないことということになっておりますので、市長答弁したとおり、滞納等の相談を窓口で受ける中で少しでも分納していただけるということであれば、短期証とあわせて限度額認定証を交付しているという状況ですので、法に基づき処理をしているという理解でお願いいたします。 以上でございます。

大月市議会 2017-03-14 03月14日-代表質問・一般質問-02号

したがいまして、職員による実態調査は、この計画作成前提条件でもあり、さらに職員地域代表者が連携し、空き家を取り上げて調査を行い、職員目線のランクづけを行っておりますので、フローチャートの中では近隣住民及び自治会からの情報提供と、その次に掲げる実態調査による判別の2つに位置づけられております。 

上野原市議会 2017-03-06 03月06日-03号

それで、市長が初めて候補者となる前、政策の確認をする前提条件として、医師である江口さんはものをもらいなれているでしょうから、業者からは絶対金を受け取らないでくださいというのが私たちの条件でありました。そして、それがあって市長候補者になり、それは市民の会にも約束してありますし、市民への約束でもあります。ですから聞いております。 

上野原市議会 2016-12-05 12月05日-03号

そのとき、市長はそんなことは絶対ないと、金を受け取るようなことはないと断言をいたしましたので、これが私どもの前提条件でありましたので、あなたが市長選に立候補することになったわけであります。 その約束の事柄がなければ、あなたが立候補することはありませんでしたと思っております。

上野原市議会 2016-09-14 09月14日-03号

まず第1に、前提条件として、市長になれば誘惑もあるので、決して業者等から金を受け取らないこと。もしそのようなことがあれば、私があなたを糾弾しなければならないと申し上げ、江口市長からは、そのようなことは絶対ないと確約を得た上で、政策として、第2に、情報公開を徹底し、公正で透明性の高い市政を実現し、市民主体市政上野原を変える・第3に、情報通信事業は見直しを行う。具体的には、共聴施設を活用する。

甲州市議会 2016-06-21 06月21日-02号

さきに税務課長答弁をいたしました平成33年度までの中長期財政推計では、市税のうち個人市民税については、推計に当たっての前提条件として、納税世代である生産年齢人口減少を対前年度との比較による人口減少比率に基づいて算定し、7年間で1,184人が減少すると仮定した上で、影響額として約8,730万円の減少を見込んでおります。