1670件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2019-06-24 令和元年環境水道委員会 本文 2019.06.24

◯石原環境保全課長 既存の太陽光発電システムに蓄電池を接続するほうの40基につきましては、2009年、ちょうど余剰買取制度が始まったころに入れた機種が2019年で10年たちます。10年で余剰買取制度というのがなくなりますので、10年たつ機種のうちの、申請があった分が何台かということを把握する中で、それに今、蓄電池を一緒につけようとする割合を掛けて40基と算定したというところでございます。

甲府市議会 2019-06-24 令和元年経済建設委員会 本文 2019.06.24

第36号の3及び第36号の4は、法第87条の3第5項、第6項の規定に基づき、既存建築物を一時的に用途変更して使用する場合の規定を緩和する制度であり、1年以内の興行場等とする場合の申請手数料12万円と、国際的会議や競技会等の1年を超えて使用する特別興行場等とする場合の申請手数料16万円を追加するものであります。  

甲府市議会 2019-06-21 令和元年総務委員会 本文 2019.06.21

以前は、平成19年から副市長制度2人制を引いて、これまでの副市長さん、それぞれ甲府市政に立派に御尽力され、そしてまちづくり、いろいろな面でも貢献をされたその評価は多大なものであると思います。  改めて、また今回樋口市長が2期目に当たり、こうふ未来創り重点戦略プロジェクトNEXT、いわゆるこれは、新しい元号になり、また新しい甲府市の将来像をつくっていく一つの大きなこの年の礎になろうかと思います。

甲府市議会 2019-05-22 令和元年総務委員会-2 本文 2019.05.22

まず初めに、改正点の1点目のふるさと納税制度の見直しに伴う規定の整備につきましては、現在、ふるさと納税につきましては全ての地方団体が対象となっておりましたが、今回の地方税法の改正に伴い、本年6月1日から総務大臣が定める基準に適合した地方団体が対象となる等の改正が行われたことから規定の整備を行うものでございます。  

甲府市議会 2019-03-20 平成31年予算特別委員会-2 本文 2019.03.20

子どもの数の減少で予算的にも実施可能な就学援助制度の拡充や、すこやか子育て医療費助成制度の対象年齢の拡大は見送られました。  市営住宅駐車場有料化は入居者に新たな負担をもたらすものです。  本市職員の臨時嘱託職員の割合はやや減少したとはいえ、いまだに高い割合で推移しています。民間委託化、自治体民営化進行し、公務労働としてのノウハウの継承、専門性、経済性、公平性の後退が懸念されます。  

甲府市議会 2019-03-19 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.19

第2項企業債償還金9億2,557万5,000円は、財務省及び金融機関からの企業債の借り入れ23件に係る元金償還金で、前年度に対し5,419万1,000円、6.2%増となっており、第3項投資、第1目の長期貸付金240万円は、看護学生への就学資金貸与制度に基づき、4名分の貸与額を計上しております。  

甲府市議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.14

そして、2020年から会計年度任用職員という制度が始まるということですが、それに対して1年間余裕があるわけですけれども、来年度はそれに向けて何か対応をしていかれるのでしょうか。 ◯鈴木委員長 渡辺人事課長。 ◯渡辺人事課長 会計年度任用職員制度につきましては、平成29年5月に公布されました地方公務員法地方自治法の改正によりまして新たに創設された制度でございます。

甲府市議会 2019-03-08 平成31年経済建設委員会 本文 2019.03.08

今説明があって、大した金額ではないことは事実でありますけれども、外国籍の方でも自由に市営住宅に入居することは可能な制度になっているのでしょうか。そこをお聞きします。 ◯廣瀬委員長 秋山住宅課長。 ◯秋山住宅課長 外国人であっても入居の申し込み資格は認めております。ただし入居の申し込みの際に、パスポート在留カード等の確認を行い、適切に対応しているところであります。  以上です。

甲府市議会 2019-03-07 平成31年民生文教委員会 本文 2019.03.07

◯山田委員 今まで国は子どもさんの医療費助成制度に関しては、国の制度より行き過ぎということでペナルティ措置を国民健康保険にかけていました。その分、減額になってきたわけですね。山梨県制度としては、就学前の子どもさんに関しては、その分を山梨県制度とするということで、市町村国民健康保険に対して山梨県からのその分の減額分の一定程度の交付金を出してきた。  

甲府市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第6号) 本文

土木費については、危険ブロック塀等への対応についてただしたのに対し、甲府市耐震改修促進計画の見直しを行い、撤去または改修工事に対する助成制度を来年度創設していくとの答弁がありました。  これに対し、早期に助成制度を確立し、市民への周知を図るなど、市民安全を確保するよう求める意見がありました。  このほか、主な要望・意見は次のとおりです。

韮崎市議会 2018-12-26 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月26日−05号

具体的には、「安定した生活を誰もが少しでも長く送ることができるように、社会保障制度の改善や充実について関係機関に要請していく」と記述をすべきです。また削減される社会保障を補うため、市が支援体制を強化していく姿勢で望むべきです。  さらに、「基本方法6 魅力と活力に満ちた豊かなまちづくり」においても、国の経済政策アベノミクス」は格差貧困を広げ、全体の90%を占める中小企業への予算は毎年減額です。

甲府市議会 2018-12-14 平成30年環境水道委員会 本文 2018.12.14

条例の制定理由につきましては、1の条例制定の趣旨に記載されておりますとおり、中核市移行に伴い、山梨県から移譲されます浄化槽法に係る事務のうち、甲府市内で浄化槽の保守点検業を営もうとする者の登録制度を設けるもので、浄化槽によるし尿及び雑排水の適正な処理を図り、もって生活環境の保全及び公衆衛生の向上に寄与することを目的としております。  次に、条例内容について説明をさせていただきます。  

市川三郷町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号

さらに、町外からの移住者に対しては、就職先も紹介できるような形をとり、補助金も、もう少し考えて、町の人口が増えることを進めていけばいいと考えるがという質問に対し、この制度を採用してから転入してくる方が多く、自然減の分を補ってくれている、さらにこの制度を充実することが、人口対策には大きな政策の1つであるので、今後十分検討していくという答弁がありました。