12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

上野原市議会 2018-06-13 06月13日-02号

合計は17筆、図上面積は11万5,480平米の確認ができました。これらの土地名義は、荻野自治会の設置後、法人格取得して、地縁団体認可後、自治会名義不動産登記を行うこととしております。これまで荻野区の地区総会で2回総会を実施して、それらにおいては承認をされております。今後にありましては地縁団体認可申請手続を市に行う予定です。そのときにはよろしくお願いいたします。

山梨市議会 2016-09-29 09月29日-04号

加納岩分団第5部の消防詰所用地取得費等であるが、敷地建物面積及び地元負担割合はどのくらいかとの問いに対し、まず、敷地面積については図上約184平方メートル、建物面積についてはおおむね60平方メートルを予定しており、今年度中の取得を目指している。また、地元負担割合については、地元、市それぞれが2分の1の割合となっているとの答弁がありました。 

中央市議会 2015-09-03 09月03日-02号

宇坪川沿いにつきましては、現在、地籍調査が実施されておりますが、河川としての図上の処理がされていないため、地籍調査を進める上で、障害となっており、また、河川改修にも大きく支障をきたしている状況であります。 解決可能な土地より、随時、地権者に相談し、現地確認を行っておりますが、しばらく時間がかかると思われます。 

富士河口湖町議会 2014-06-10 06月10日-01号

町内における道路ですけれども、道幅4メートル未満の狭い道路建築基準法でいいますと42条の2項道路というものに当たる道幅1.8メートル以上4メートル未満道路とか、ほぼ使われなくなって、道として形状もよくわからないんですけれども図上道となっている場所、それとか現状道路、道のような格好をしているんですけれども、公図確認すると民地となっているところですとか、図上道路、昔から言う赤道現状道路

都留市議会 2013-12-24 12月24日-02号

現在その土地に建っております建物につきましては、昭和47年に県の確認審査を受けて建築されたものでありますが、その後図上水路の上に建築されていることが発見されたため、平成21年3月18日付で財務省より都留市へ国有財産の譲与を受けた後、水路としての用途廃止を行うなど問題の解消を行いました。しかしながら、発見から平成21年3月までの間は、議員ご指摘のとおり不適切な対応であったと考えられます。 

市川三郷町議会 2008-09-12 09月12日-01号

5番目の、町道脇水路への転落事故未然防止についてでありますが、1点目の防止対策必要個所と、その延長につきましては、ご承知のように町で管理する水路町道に付随した町道側溝および国から移譲を受けた図上青線と呼ばれる水路であります。 町内には、大小さまざまな水路があり、管理面ですべて水路に監視が行き届かないのが現状であります。 

韮崎市議会 2000-09-13 09月13日-02号

しかしながら、その中のたしか条件といいますか、その土地は農振であるのか、あるいは道路状況は、現状は幅員が幾らで、それからまた図上は何メートルあるんだと、あるいは回りの状況はどうんなんだと、こういう一律の意見書を添付して県へ回すというのが実情でありますし、なおかつ峡北地域には1特養の施設ということで、70床というようなことも伺っておるわけでありますが、よその地域は私は承知しておりませんけれども、我

甲府市議会 1993-12-01 平成5年12月定例会(第1号) 本文

また、学校の周りには現在道路があるが、図上学校敷地内にあり、市道としての認定もされていないがどこに問題があるのかとただしたのに対し、指摘された道路は、現在市道要件を具備していないため市道としての登録及び管理がされていない。この件を含め、市有財産管理総務部指導的立場にあるので、関係部局協議を重ね順次整備を進めていくとの答弁がありました。  

  • 1