16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

韮崎市議会 2015-12-14 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号

山岳信仰の位置づけがされているということで、奥宮が文化財にはなっておりますけれども、そこに至る道路文化財としての性格もありますので、慎重に考えていかなくてはならないと思います。  韮崎市がそこを直接整備するかどうかということについては、先ほどお答えしたとおり、困難であると考えております。 ○副議長宮川文憲君) 山本議員

富士吉田市議会 2015-06-22 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月22日−02号

所信でも申し上げましたとおり、市民の皆様はもとより、本市を訪れる観光客の皆様にも、世界文化遺産に認められました富士信仰文化に触れていただくとともに、富士登山や富士五湖観光の新たな拠点として、滞在型の観光や地場産品の開発、販売、富士登山に関する情報発信を進め、世界文化遺産登録の恩恵が市民の皆様にしっかりと享受できるようにしてまいりたいと考えております。  

富士吉田市議会 2015-06-16 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月16日−01号

これにより、市民の皆様をはじめといたしまして、本市を訪れる観光客の皆様にも、世界文化遺産にも認められました富士信仰文化に触れていただくとともに、富士登山や富士五湖観光の拠点として位置づけることにより、市民の皆様と観光客の皆様との交流を図ってまいりたいと考えております。  

市川三郷町議会 2015-03-06 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月06日−01号

歴史ある町は、ついこの間は秋葉山の信仰歴史を伝えるという、江戸時代からの常夜灯が発見されて、復元がされたという新聞の記事を読みましたし、除幕式に私も参加することができました。  しかし、全体にあるそういう歴史的なものを見ますと、市川代官所跡の御陣屋の門も、現在の場所に移転されました。  私の住んでいる市川大門は、市川の百まつりと言われたほどまつりが多かったのです。

富士吉田市議会 2014-09-10 平成26年  9月 定例会(第5回)-09月10日−02号

このおし街さんぽは、観光客に富士山信仰など歴史文化を実感していただくための観光施策であり、そのガイドブックの最初のページには、金鳥居をくぐると富士山信仰の世界が広がると大きな見出しがあり、説明文には、神聖な金鳥居をくぐるということは富士山信仰の世界へ足を踏み入れるということですとあり、金鳥居をくぐる行為富士山信仰の第一歩であると解説しております。  

富士吉田市議会 2014-06-20 平成26年  6月 定例会(第3回)-06月20日−03号

また、時を同じくして、歴史民俗博物館のリニューアルが進められて、最新の展示技術により新たに富士山信仰を中心とした施設に生まれ変わろうともしています。我が市を訪れる多くの人々に、我が市と富士山とのつながりや富士山歴史文化を知っていただくことは大いに意義のあることと思います。また、市民の皆様をはじめ、小・中高の学校教育における資料館としても活用すべき施設であるとも思います。  

富士吉田市議会 2013-12-12 平成25年 12月 定例会(第5回)-12月12日−03号

まず、北口本宮冨士浅間神社周辺のまちづくりに対する私の意気込みについてでありますが、北口本宮冨士浅間神社周辺につきましては、本年6月の世界遺産登録において構成要素及び構成資産として位置づけられ、信仰の対象の核となる御師住宅など、富士山信仰において歴史的、文化的な価値を有する、大変重要な施設存在する地域であります。

韮崎市議会 2013-09-18 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月18日−03号

まず、願成寺では本来、仏像は寺にあって拝観する信仰の対象であり、門外不出のもので、今後一切展示に供することは考えていないとのことでありますので、願成寺以外での展示公開は至難なことと思われます。  また、県立博物館に問い合わせたところ、数年はこうした文化財を借用しての具体的な展覧会の予定はなく、現状では、今後の見通しを述べることはできないとのことでございます。

富士吉田市議会 2012-12-13 平成24年 12月 定例会(第4回)-12月13日−02号

本市における構成資産である吉田口登山道と、その起点である北口本宮冨士浅間神社、さらにはその門前町とも言える御師宿坊の町並みは、富士山信仰の対象として崇めてきた時代の生き証人とも言うべき宝であり、世界遺産登録の資産の中でも、とりわけ核となるものばかりであります。

富士吉田市議会 2011-12-08 平成23年 12月 定例会(第6回)-12月08日−02号

富士山は、その雄大さ、気高さ、美しさなどを基盤とし、信仰や芸術を生み出した山として世界に二つとない価値を有していることから、国が世界文化遺産として登録を目指すため、現在暫定版の推薦書をユネスコに提出したところであります。その美しい姿を日本はもとより世界に発信していくことは、富士山の麓に位置する本市の重要な役割であると考えております。  

富士吉田市議会 2011-09-14 平成23年  9月 定例会(第5回)-09月14日−02号

富士山は、古来より山岳信仰メッカであり、御師が地域経済を担ったのであります。富士北麓の住民は、戦前まで入会地を利用し、農業を中心に生活をしてきました。昭和20年以降、富士山観光地として脚光を浴び、多くの登山客が富士吉田駅を基点として上吉田の町を潤わせましたが、スバルラインの開通でそのにぎわいは消えてしまいました。  

富士吉田市議会 2010-09-09 平成22年  9月 定例会(第4回)-09月09日−02号

なぜなら、富士山土地を県より管理を受けているのは富士吉田市外二ヶ村恩賜県県有財産保護組合であり、住民にとっては入会慣行も絡む対象地と同時に、長い山岳宗教歴史を持つ富士山信仰の対象地でもあります。私もマスメディアを通してこの件を知りました。しかしながら、市民代表である私どもへの説明は一切いただいておりません。当然市長からお話があれば、これらのことは議論されたと思います。

韮崎市議会 2009-09-24 平成21年  9月 定例会(第3回)-09月24日−02号

文化庁によれば、英国における土偶特別展は、日本の先史時代の造形物であり、縄文時代の人々の精神信仰の形を具現化した芸術品として、世界的に評価の高い土偶を集めた展示を行うことにより、日本のすぐれた文化財を諸外国紹介し、歴史文化に対する理解と国際親善に寄与することを目的としたものであります。  

富士吉田市議会 2008-12-10 平成20年 12月 定例会(第7回)-12月10日−02号

御師のまち上吉田につきましては、秋山議員御発言のとおり、古くから富士山信仰的な登山をする人々を受け入れてきた町であり、この歴史的な町である上吉田地区の資源を保存し、後世に継承するため、富士山信仰の拠点として栄えた御師宿坊の町並みを中心に、観光産業と一体化した市街地整備を検討してまいりたいと考えております。  

富士吉田市議会 2008-09-10 平成20年  9月 定例会(第6回)-09月10日−02号

次に、構成資産としての小佐野住宅及び旧外川家住宅を保全していくためのバッファーゾーンの範囲と規制についてでありますが、まず、バッファーゾーンの範囲につきましては単に構成資産の保全という見地から、小佐野住宅及び旧外川家住宅の周辺が考えられますが、文化庁では富士山文化遺産として登録する根底に、信仰の山を掲げており、その最も顕著な例として、富士信仰集団である富士講の歴史は欠くことのできない事例と考えております

  • 1