1169件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2019-06-21 令和元年総務委員会 本文 2019.06.21

このような背景から、児童・生徒の学習環境や学校生活に支障が生じないことを前提に、学校関係者、保護、地域住民の意見をとり入れながら、学校施設の有効活用を検討してまいります。  3つ目は、市営住宅の集約化と民間事業者との連携による施設整備の観点から、公営住宅を選定いたしました。

甲府市議会 2019-06-21 令和元年民生文教委員会 本文 2019.06.21

これに関して説明をするのは、保育所等の方が保護に対して説明するわけですよね。甲府市が説明してくれるわけではないですよね。保育料無償化になりました、でも、副食費の実費徴収はこうなりますから、あなたは今までよりも負担がふえちゃうんですということを保育所等の人が説明をしなければならないということは、保育所等の人たちも、保護との信頼関係にもかかわる問題だと言って懸念をしておりました。  

甲府市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第3号) 本文

幼児教育・保育の無償化につきましては、子育てを行う家庭の経済的負担の軽減を図るため、本年10月1日より実施されますが、副食費につきましては、教材費や行事費等と同様に、これまでも実費徴収、または保育料の一部として保護負担としてきたことから、無償化の対象外とされたところであります。  

甲府市議会 2019-03-19 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.19

1節報酬は、外国人英語指導講師、適応指導教室指導講師、問題を抱える児童・生徒や保護等の相談、支援等を行う自立支援カウンセラーやスクールカウンセラーの報酬が主なものであります。  7節賃金は、特別支援教育支援員の賃金であります。  14節使用料及び賃借料は、タブレットパソコン等の教育用コンピューター機器の賃借料が主なものであります。  

甲府市議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.15

◯渡邉子ども支援課長 具体的には、お子さんが借りるという表現をさせていただいたんですが、基本的には、貸し付けの相手方が親御さん、保護になる場合というのがまず一般的だと思います。  場合によっては、大学に進学されるお子さんの場合というのは、お子さん自身が借り受け者になるケースもあります。

甲府市議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.14

対象者としましては、低所得者、子育て世帯としており、具体的には、低所得者は2019年度住民税非課税者であり、住民税課税者と生計を同一にするものや生活保護の被保護等を除いた方。また、子育て世帯につきましては、一部平成28年4月2日以降に出生した3歳児も含まれますが、基本的にはゼロ歳から2歳児の属する世帯の世帯主ということになっております。  

甲府市議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.13

本市の扶助費の中において高い割合を占める生活保護扶助費に目を向けてみますと、保護世帯数及び保護数が増加傾向にあり、予算額も年々増加し、平成31年度予算額は前年度より約2億8,000万円の増額となっているところでございます。  

甲府市議会 2019-03-07 平成31年民生文教委員会 本文 2019.03.07

これまで甲府市周辺におきましては、高等学校等も含めまして、女子生徒が全てスカートであり、正直言いまして、スラックスという発想自体が保護あるいは生徒にもなかったのかなと。したがいまして、こういった特段の要望というのは耳にしておりません。

甲府市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第4号) 本文

園部先生自身も、お子さんがアトピー性皮膚炎で大変苦労され、同じ悩みを抱えるお母さんたちと母の会を立ち上げ、アレルギー疾患で悩む人、子ども、保護や学校など、関係者・支援者に向けてアレルギー疾患の正しい理解と支援に関する啓発活動などを行っています。  本市におきましても、以前にはアレルギー教室などが開催されていたことも存じ上げております。

甲府市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第3号) 本文

保護からは、制服など入学時に必要となる学用品の購入費用が数万円から十数万円かかるのに対し、支給額が低過ぎるとして、実態に合った額に引き上げることを求める声が寄せられていました。今回の入学準備金の増額は歓迎をするものです。  日本国憲法は、第26条第2項で「義務教育は、これを無償とする。」と定めています。

甲府市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第2号) 本文

教員の長時間労働は、子どもや保護にとっても深刻な問題です。授業の準備を初め教材研究、子どもや保護への対応に、時間や心の余裕をなくしています。  なぜ、異常な長時間労働が生じたのか。3つの根本問題があると思います。  1つに、国が教員の授業負担をふやしたことです。教員1人当たりの授業時間は、長い間、1日4コマ、週24コマとされ、定数配置がされてきました。

甲府市議会 2018-12-14 平成30年民生文教委員会 本文 2018.12.14

中道保育所につきましては、持ち帰りをしていたという事実がありましたので、そこにつきましても、保護等の利便性を考える中で、他の保育所と同様の対応をとっていくということで、方針を変更したところであります。 ◯坂本委員長 向山委員。 ◯向山委員 承知しました。

富士河口湖町議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−01号

河口湖スポーツクラブからは、1995年より開催しているサッカー大会が、当初は約1万人の選手が参加し、また試合観戦の保護も1万人を超える方々が訪れ、町内の観光施設を利用していたが、近年は全国各地でグラウンドの芝生化がされ、参加チームを集めるのに苦労をしていること、その一方で、近年の猛暑により本町のような避暑地での合宿や遠征を望むチームがふえていること、また、2021年の夏には全国中学校サッカー大会が

富士吉田市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−01号

一方、ソフト面においては、剣丸尾西土地区画整理事業への支援、産前産後ケアセンターの設置、ハタオリマチ フェスティバルなどの繊維産業活性化、各種人口減少対策、広域避難訓練の実施、災害時における避難協定・応援協定の締結、企業誘致による雇用の拡大、除雪力の強化、富士登山の安全対策、富士山火山防災対策の国直轄事業化、幼稚園保護への財政支援拡充、キャッシュレス化による訪日観光客の誘致、防災情報などのアプリ配信

甲府市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第2号) 本文

こうした中、本市では、性同一性障害を自認する児童・生徒が在籍する学校におきましては、医師などの専門機関との連携を図る中で、養護教諭やスクールカウンセラー等が中心となってきめ細かな教育相談を実施するとともに、保護や当事者との合意形成を図りながら個別の配慮を進めているところであります。  

甲府市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第3号) 本文

本事業の大きな目的であります小中学生への環境教育を図るためには、保護の皆様のリユースに対する機運の醸成も必要であり、小中学校やPTAの皆様と連携し、学用品等に対象を絞る中、取り組みを進めているところであります。  こうしたことから、現段階におきましては、まず、この学用品等のリユース事業につきまして、市内の小中学校全校に広げることを目指してまいります。  

韮崎市議会 2018-11-20 平成30年 11月 臨時会(第1回)-11月20日−01号

第1項は保護から徴収する旨、第2項は児童生徒以外の者が給食を受けた場合は、その者から給食費を徴収する旨の規定であります。  第6条は、学校給食費の納付。納付期限は規則で定める旨の規定であります。納付につきましては、原則口座振替と考えております。  次ページをご覧ください。  第7条は、委任。この条例の施行に関して必要な事項を規則で定める旨の規定であります。