51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大月市議会 2020-09-17 09月17日-代表質問・一般質問-02号

これまで共稼ぎなどにより一定の収入を超過した世帯市内定住できないといった課題を解決するために、地域優良賃貸住宅は本市にとって子育て中の世帯の流出に歯止めをかける住宅施策であると考えております。 現在計画している地域優良賃貸住宅予定地としては、市営駒橋団地整備によって生まれる余剰地である市有地利用を考えております。

韮崎市議会 2018-12-18 12月18日-03号

総合計画基本計画を現在、策定最終段階へ向かっておるところでございますが、その中にも今後の取り組みとして市長からも指示が出ている住宅施策に関しましては、昨年度、庁内のチームを編成し調査した結果、本市内では藤井町の北下條エリア優良住宅地ではないかという結論に達しまして、今後、具体的な施策について庁内で十分検討し、確実な居住環境整備に図られるよう努めてまいりたいと考えております。 

韮崎市議会 2018-06-18 06月18日-02号

また、定住環境整備住宅確保策につきましては、昨年度、住宅施策に関する庁内検討会議を立ち上げたところであり、民間事業者との意見交換なども行いながら、住宅用地に適した地域民間事業者開発を促す手法などについて調査研究しているところであります。 なお、本年度より若者定住就職者家賃助成金制度を創設し、移住定住促進に努めているところであります。

大月市議会 2016-12-12 12月12日-代表質問・一般質問-02号

少子化対策のうちの人口対策の、今現在進められております住宅施策助成金制度についてお聞きしたいと思いますが、この進捗状況と今後について、これを質問させてください。よろしくお願いいたします。 ○議長山田善一君) 小原丈司君の質問に対し、当局の答弁を求めます。 石井総務部長答弁。          

大月市議会 2016-03-08 03月08日-代表質問・一般質問-02号

また、本市からは、地方創生人口減少に歯どめをかける定住対策として、JR駅周辺の空き家などの公有地利用しての住宅施策、富士の眺めが日本一美しいまちとしての観光客増加を目指すなど、市の実施する各種事業においてJR東日本と連携をしておりましたが、今後も関係強化を図ってまいりたいと、このように考えております。

大月市議会 2015-12-11 12月11日-代表質問・一般質問-02号

本市といたしましても、首都圏からの中高年齢層が生きがいを持ち生活できるような移住定住等を促すための住宅施策などを考えております。 また、市内高齢者対策としても活用できるような自然を生かした農作業や学びの場などの受け皿づくりも今後誘致を進めている健康科学大学による介護専門学校連携をし、生涯教育などの充実した癒やしのまち介護の聖地を目指してまいりたいと、このように考えております。 

甲府市議会 2015-06-22 平成27年経済建設委員会 本文 開催日: 2015-06-22

172: ◯小林住宅課長 寡婦(夫)控除のみなし適用につきましては、住宅施策自体が低所得者を対象としました公営住宅の場合、その所得金額から現行で定められます扶養親族等控除を行いますと、ほとんどの場合が現行入居収入基準以下となりますので、入居の資格に関しては影響ないものと考えておりますけれども、所得に応じて多段階家賃設定をしておりますことから、そうした意味におきましては

富士河口湖町議会 2015-03-12 03月12日-04号

町長渡辺凱保君) 町営住宅の建てかえ、家賃補助住宅施策強化をということでございます。お答えをさせていただきます。 現在、北八津団地の建てかえにつきましては、雇用促進住宅の購入を基本方針に多方面より検討を加えているところでございます。 ご指摘のとおり、仮に建てかえ等による移転の場合には、当然、北八津団地居住者の方々に事前によく説明をし、意見聴取を丁寧に行っていくべきであると考えております。

市川三郷町議会 2014-12-08 12月08日-01号

現在のところ本道路建設は着々と進めておりますので、今後は道路に沿って家が建ち並ぶ、連担住宅施策に取り組んでまいります。 2点目の塩沢川に橋を架けて塩沢川の東の地域と一体化した住宅開発についてでありますが、上原周辺地区は、国土利用計画、農振法に配慮した中で、仮称町道平塩五号線に続く道路計画等を踏まえて、住宅施策検討して行きたいエリアであります。 

甲斐市議会 2013-09-17 09月17日-03号

そうすることによってかなりシビアに設定され、定住人口増加には住宅施策基本年間出生数などを加味しながら、どの世代の人口をふやすかが見えてまいります。 定住する要件には、子育て教育土地利用のバランスが大事であるとされています。我が甲斐市の施策はその要素に当てはまるでしょうか。これからは各自治体間において定住者を獲得する競争が激しくなります。