1309件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2019-06-24 令和元年環境水道委員会 本文 2019.06.24

CO2の削減につきましては、蓄電池を入れたことでの具体的な数字は算定してございませんけれども、当然、例えば電力会社からの買い取りがなくなって、蓄電池に蓄電した電源を使うということを考えますと、CO2削減にも多少つながっていくと考えております。 ◯山中委員長 鈴木委員。

甲府市議会 2019-06-24 令和元年経済建設委員会 本文 2019.06.24

◯田中雇用創生課長 現在予定しておるところは、今、荻原委員がおっしゃったように、甲府駅から市内をめぐってもらって、会社を訪問していただくというような形を考えておるところでございます。 ◯長沢委員長 荻原委員。 ◯荻原委員 そうすると人数も、多分中型2台だと四、五十人ぐらいですね。

甲府市議会 2019-06-21 令和元年総務委員会 本文 2019.06.21

◯鮫田委員 私もちょっと見て、ここにないのが、他市とか他県とかのホームページを見るといっぱい会社が載っていて活気があるかなと思って、これがないということ自体はどうなのかなということを思ったんですけれども、ホームページをつくられている業者さんとかに聞いてみたところ、もうこういうものはあんまり使われることが今後ないんじゃないかということで、ここに広告が載っていないということ自体も誰も気にしていない状況ではないかなという

甲府市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第3号) 本文

事業主として扱われるようになりまして、基本的には労働者としての権利がなくなり、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働者災害補償保険に入れない、時間外手当がなくなる、退職金がなくなる、特定の仕事が終わった時点で会社から契約解除をされるといった不利益が生じる可能性があります。  

甲府市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第4号) 本文

また、不採算が予測されるような路線においても、これを是正するために、行政が住民や観光客でにぎわい、民間交通会社にとっても魅力があるようなまちづくり施策を展開していくことができないか、そこがポイントであると理解しています。  

甲府市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第2号) 本文

また、近年自然災害が多数発生している中、電力会社からの電気の供給が途絶えた場合には電源確保が必要となることからも、太陽光発電システムと蓄電池は有効な手段であると考えております。  今後につきましても、市民、事業者、NPOなどとの連携・協働により、さらなる温室効果ガスの削減に取り組んでまいります。  以上でございます。 ◯金丸三郎議長 深澤 篤福祉保健部長。

甲府市議会 2019-03-19 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.19

◯本田図書館長 新年度の委託料の中で危機管理という部分に関しましては、甲府市立図書館の警備関係の予算がございまして、セコム株式会社の機械警備が導入されておりますが、こちらにつきましては新年度131万円ほどの委託料の計上となっております。 ◯鈴木委員長 清水(仁)委員。

甲府市議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.15

その中に桜井委員がおっしゃるように、都市宣言にかかわる費用というところも私たちのほうで計上させていただいておりまして、その計上しているところにつきましては、都市宣言を宣言するに当たって、私ども行政だけではなくて、コンサルティング会社にもお手伝いをいただくということで、その策定に向けた委託料を計上させていただいているところでございます。  

甲府市議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.14

電力が自由化されまして、多分、これまで本庁舎の電気は東京電力エナジーパートナー株式会社さんと契約していたかと思いますが、平成31年度、契約する電力会社はどちらになりましたでしょうか。また、電気代はお幾らを見込んでおりますでしょうか。 ◯鈴木委員長 堀口管財課長。

甲府市議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.13

観光面におきましては、富士山静岡空港を利用するインバウンドを初めとした新たな観光客を取り込むため、交通の利便性や本市の魅力について情報発信をするとともに、静岡県、愛知県、大阪府などの主要都市に赴き、旅行会社などに向けた観光商談会を実施し、本市へのツアー企画の造成を要請してまいります。  

甲府市議会 2019-03-07 平成31年総務委員会 本文 2019.03.07

というのは私も、2日前に山梨交通株式会社、バスのほうの社長と一緒に食事して、その一月前に山交百貨店の内田社長と一緒に飲んで、全くと言っていいぐらいそんなそぶりもなかった。だから、私も依頼されていたことがあったから、5階の無印良品という売り場が2年ほど前まであったんですよ。

甲府市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第6号) 本文

次に、中部横断自動車道の開通に伴う取組についてただしたのに対し、物流面では清水港の活用や中京圏との安定した輸送など東京圏に近いという本市の優位性が高まることで、関東進出を目指す企業から立地候補地の一つとして選ばれるよう企業へのアプローチを強化し、また、観光面では旅行会社などに本市へのツアー企画造成の要請や、清水港の大型国際クルーズ船の停泊時間を利用した本市への誘客に加え、静岡・長野・上越3市と締結した

甲府市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第3号) 本文

と公表された一方で、昨年10月の民間調査会社による、人手不足に対する山梨県内企業の動向調査においては、企業の40.5%が正社員不足と回答していることから、人手不足の深刻化による、働き方改革の取り組みへの影響が懸念されるなど、中小企業を取り巻く環境は非常に厳しい状況にあります。  

韮崎市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号

船山橋から北側への20号線の4車線化、韮崎文化ホールから桐沢橋へ抜けるトンネル、鉄道では韮崎駅と新府駅の間へ(仮称)東京エレクトロン駅を設置することにより東京エレクトロンへ勤務する方は歩いて会社に行けるようになりますし、中央公園も電車で行けることになり、市内の交通渋滞は緩和できると思います。  

甲府市議会 2018-12-14 平成30年民生文教委員会 本文 2018.12.14

◯山田委員 JR東日本というのは民間会社だけれども、結構かたくななところですから、JR東海もそうですけれども、これはJR東海の問題だけれども。だから、私どもの学校を、これからの耐用年数があるものを必ず減価償却費でこの金額にしろとか、そういう感じもあると思うんです。

甲府市議会 2018-12-14 平成30年経済建設委員会 本文 2018.12.14

この選定委員会の委員には、甲府市右左口の里は、緑豊かな自然環境の保全及び活用を図り、利用者に保健と休養の場を提供するとともに、産業の振興を図る施設であることから、その所在地である中道地区の自治会連合会会長及び青少年育成甲府市市民会議会長、一般財団法人甲府市勤労者福祉サービスセンター常務理事の3名の外部委員を含む5名の委員を選任し、指定管理者の候補者の選定基準やその選定などについて審査を行い、株式会社

富士河口湖町議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月13日−03号

3の契約の相手方につきましては、山梨県南都留郡富士河口湖町船津3499番地9、株式会社フジコンストラクトです。  また工期は、平成30年12月20日までとなっております。  以上で説明を終わります。  なお、変更理由、変更事項等、具体的な内容につきましては、担当課長が引き続きご説明をいたします。ご審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(堀内昭登君) 学校教育課長、堀内正志君。

甲府市議会 2018-12-13 平成30年総務委員会 本文 2018.12.13

とも言えないと思いますから、ぜひ私の、当議会の議員の1人の意見として、今後こういったことについて、やはり地域の業者を、地域の業者ということは要は会社所在地、本社所在地が甲府市内にあって、代表者以下、社員も甲府市内の方が多くて、しっかり法人市民税も個人市民税も納めてくださっている業者を、こういうときに優遇すべきではないかという思いがありますので、あえて3人に並んでもらって聞いているわけだということでございます

富士河口湖町議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−01号

判決理由では、富士河口湖町土地開発行為等の適正化に関する条例の趣旨が認められ、被控訴人である株式会社HDRの不同意に対する違法性の主張は全て採用されず、被控訴人の請求は理由がないことから棄却すべきとして、原判決の取り消し、被控訴人の請求の棄却及び訴訟費用は第1、第2審を通じ、被控訴人の負担とする判決となったところであります。  

甲府市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第4号) 本文

体調を崩して会社をやめざるを得ず、持病を抱えながらアルバイトやパートに出る。また、ダブルワークで朝から晩まで働き詰め。月収が10万円にも満たない低所得の不安定な非正規雇用を余儀なくされている現実。働いても働いてもお金が足りない、生活が追いつかない、頼るところもない、そんな声を上げることもできない、どうしたらいいかわからない。行政はそんな方々にとって最後のとりでなんです。