運営者 Bitlet 姉妹サービス
880件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号 いじめに対しては、担任と児童・生徒との生活ノート等を通じて日常的に心の状況を把握するとともに、学級、学年における人間関係を把握し、指導に生かすためのハイパーQUテストを実施し、生徒指導会議を定期的に開き、全職員で児童生徒の状況を共有し、問題発生の防止に努めております。 もっと読む
2018-12-14 市川三郷町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号 次に、5款3目農業振興費、特産品成分分析調査委託では、この調査は、どのようなところに委託するのかという質問に対し、調査の内容は人間の味覚と同じセンサーを持った検査になるため、この分析機器を所有している業者を検討しているとの答弁がありました。  さらに、分析は何回かに分けて分析していくのかという質問に対し、今回は、大塚にんじんや大塚ごぼう等、根菜類を対象にしており、分析は1回になる。 もっと読む
2018-09-20 韮崎市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−03号 スポーツ活動は、発育期の児童にとって、身体の発育や礼儀、思いやりといった人間形成に好影響を与えます。また、生涯スポーツの実践の場を提供するとともにその芽を育てるという役割をスポーツ少年団は担っていると考えます。  今日、団員数の減少から競技力の低下、親の財政負担の増加が起こり、スポーツ少年団の存続が危ぶまれています。 もっと読む
2018-09-10 富士河口湖町議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月10日−03号 ◆中野委員 なぜ質問をさせていただいたかというと、こういう事案がありまして、車を後期高齢者で家族が乗っていないということで、修理屋のほうに置いてあって、車検もない、ただし廃車をしていないということで、そのまま放置をされているというふうな中で家族に何ぼ連絡をしても亡くなっていたり、その人間の方の名前でいっているから、税金を納めないという方が多くいらっしゃると思いますので、そういうふうな状況もありますので もっと読む
2018-06-18 都留市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号 森林は、生物多様性保全、地球環境保全、土壌保全や水源涵養などの多面的機能を有し、人間が生活を営む上で必要不可欠なものであると認識しております。  しかしながら、本市の森林の状況につきましては、木材資材の価格低迷や海外からの安価な木材の輸入などにより、ほとんど人の手が入っておらず、荒廃化が進んでいるところであります。   もっと読む
2018-03-15 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月15日−04号 無尽の多くは飲食を伴うため、地域商業の活性化につながると同時に、無尽を通じた人と人との交流は、山梨県の健康寿命が全国1位であることにも一翼を担っているとも言われ、少子高齢化や核家族化が進み人間関係が希薄になりがちな現代において、大変貴重なコミュニケーションの場であり、市としても積極的に推進すべき文化であると私は考えております。  この提言には、2つの出来事がヒントとなりました。   もっと読む
2018-03-14 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号 第3は、人間ドッグの検査項目についてであります。  本市では、腫瘍マーカー検査が人間ドックの検査対象項目になっていません。がんは三大疾病の一つであります。本市のがんが原因の年間の死亡数がどのくらいなのか、重症化予防観点からも人間ドックの検査項目に腫瘍マーカー検査を加えることを提案し、がんの本市での状況も伺います。  以上、答弁をお願いいたします。 ○議長(小野鈴枝君) 日野原ちどり市民課長。 もっと読む
2018-03-05 市川三郷町議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−01号 だから、職員は、特に若い有能な職員の皆さまには、できるだけ多くの課や係を経験をしていただき、そのことが町の力になって、町民の皆さまのためにしっかり働ける、尽くすことができるという、そういう人間像というか、職員像を考えておりまして、仕事のための仕事ではないんです。 もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.19 社会性や人間性等を三間の中でやっていこうということで、三間という言葉も教育の分野でも使われているようなところで、ぜひこの三間という言葉が甲府モデルの中で使われていることが全国的に広がっていけばいいなという思いもございます。  そうした中で、放課後児童クラブとの連携ということになります。 もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.14 甲府市、山梨県の強みは人間関係が近いということだと思います。その中にしっかり来ていただく企業が、なるほど、この中で取り組みができたら、東京でやるよりも違うインスピレーションとか、取り組みが大きくなってくるんじゃないかと。そういうところを強みとして打ち出していただきたいと思います。   もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.16 先ほども出てきていましたけれども、リノベーションまちづくりをやってみて、そのときに、すぐに成果は出ませんでしたけれども、紅梅通りにある昔は老舗のウナギ屋だったところを、そのフィールドとしてやった後に、その取り組みのきっかけで人間関係ができて、今、新しいお店が入ったと。 もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.15 やっぱり学校とか家庭とか、いわゆる縦の関係じゃない人間関係がつくれる場なんだろうなと思いますし、その中から高校生が将来の自分の進路選択に何か影響あるということもあると思いますし、私、一人っ子だったので、地域で縦の関係ができるというのは、経験としてありますけれども、当然、今、少子化、一人っ子も多いと思うと、重要な場かなとも思いました。   もっと読む
2017-12-14 中央市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号 さらに、SNS、メール、ソーシャルゲーム、ブログ、掲示板などネットサービス利用が低年齢化し、人間関係に大きな影響を及ぼし、子どもたちを犯罪に巻き込む事件が起きています。  また、これから予想される人工頭脳やロボット化による第四次産業革命の時代が、どんな社会をもたらすか子どもたちにどんな影響を及ぼすかは誰にも分かりません。   もっと読む
2017-12-14 甲州市議会 平成29年 12月 定例会-12月14日−02号 ◆3番(飯島孝也君) ユネスコエコパークの理念は、自然環境の保全と、それと同時に自然と人間社会が共生すると、そういうこともあると思いますが、それによってゾーニングがされていると思います。 もっと読む
2017-12-12 甲府市議会 平成29年民生文教委員会 本文 2017.12.12 まずお話をお聞きする中で、本来受けるべき公的支援として、手当の関係でございますとか就学援助等、金額がそれなりに大きいものから確認をしていくんですが、場合によっては、障害年金の手続があるのかなということで、人間関係ができたところで立ち入ったお話まですると、かつてもらっていたけれども今はもらっていないというケースもあります。   もっと読む
2017-12-11 大月市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月11日−代表質問・一般質問−02号 それと人間関係。そして、何より対人間ですから精神的な、ここが要因で皆さんが退職をしていくのです。そして、今までそこに携わってきた人たち、経験を重ねてきた人たち、この人たちは離職はしないのです。要はヘルパーの1級、2級を取得した助手さん、これを経験を重ねて国家試験を取得した人たちは、もう経験をしていますから、そして給料の高い資格を取って業務を行うのです。   もっと読む
2017-12-07 市川三郷町議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−01号 確かにまちづくり研究会のアドバイス、お願いした先生からのアドバイスは一方通行解除ではなくて、あの道をくねった道にして、そこを人間が歩けるようにしてはどうかというような、甲府市の裁判所のわきの道路みたいな提案がされた記憶があります。しかしそれはだめですよという提案をしたところです。  確かに国庫補助金をもらって、そこを埋めたりいろいろしています。 もっと読む
2017-12-01 山梨市議会 平成29年 12月 定例会-12月01日−01号 均衡のとれた動植物の生育・生息が保たれることにより、自然と人間社会との共生が図られることとなりますが、偏った動物の個体数の増加は、自然と人間社会とのバランスを崩しかねないと思われます。  近年、シカやイノシシが増加し、人間社会に影響を及ぼす以上に、豊かな森林環境の保全にも影響を及ぼしているため、鳥獣害対策をさらに強化し、必要な施策を講じます。   もっと読む
2017-09-28 富士吉田市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月28日−03号 保育園管理運営事業において、現在、産休、育休の家庭は今まで通っていた園児は退園しなければならない制度となっているが、園児も人格を持った一人の人間であり、ようやくなれた環境で日々成長していく途中で退園しなければならないという制度については見直してほしいとの要望がありました。   もっと読む
2017-09-27 韮崎市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月27日−05号 そして、その貴重な森林が育つためには、我々人間の成長と同じようにゆっくりと長い年月が必要であり、ユネスコ・エコパークの理念のように、自然と人間社会が共に生き、共に成長することが求められるということであります。  さらなる検討の必要はありますが、森林整備と林業対策というものは、私たちの子どもや孫、さらには未来に続く次世代への責任が問われる分野であることを、強く認識しなければなりません。 もっと読む