運営者 Bitlet 姉妹サービス
1083件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月26日−05号 次に、「基本方向1 夢を持ち、明日を担う人材を育むまちづくり」についてです。  子育て支援、学校教育、社会教育などの分野ですが、人材育成といった観点を全面に押し出すことには賛成できません。特に、子どもの教育は子ども一人一人の幸せ、成長と発達のためにあります。それだけに社会にとって大切な営みです。教育は子どもの権利であり、家庭の経済力にかかわらず全ての子どもに豊かに保障される必要があります。   もっと読む
2018-12-17 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号 それは外交専門部署とかリサーチ部署とか、それとかそれらをまとめる国や県からの出向していただくような人材を求めるのも一つの方法ではないかと思いますけれども、市長のお考えをもう一度お願いします。 ○副議長(浅川裕康君) 内藤市長。 ◎市長(内藤久夫君) お答えいたします。   もっと読む
2018-12-04 市川三郷町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−01号 衛生費のうち3,110万4千円がその委託料と、職員1名を人材派遣会社に委託し、274万5,056円がその委託料です。  また、需用費が3,455万5,697円支出され、主なものとしては電気料955万9,909円、灯油代602万2,080円などです。  公債費は9,586万671円支出されましたが、平成30年度までで償還を完了いたします。  以上で、三郡衛生組合第2回定例会の報告を終わります。 もっと読む
2018-09-20 韮崎市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−03号 ダイバーシティー経営とは、多様な人材を生かし、能力を最大限発揮できる機会を提供することでイノベーションを誘発し、価値創造を実現する経営手法のことだそうです。  社員数万人の管理、仕事の効率化、意識改革は時間を必要とすると説明がありました。10分単位での業務管理等も含め、今までの固定概念から新しい視点にチャレンジをしていくパワーを感じました。 もっと読む
2018-09-19 韮崎市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−02号 森林環境譲与税については、法令上使途を定め、市町村が行う間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の森林整備及びその促進に関する費用、並びに都道府県が行う市町村による森林整備に対する支援等に関する費用に充てなければならないものと聞いております。   もっと読む
2018-09-14 市川三郷町議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月14日−02号 まず、議案第70号 一般会計補正予算(第8号)歳出5款、農林水産業費の次世代人材投資事業では、今回一般財源がその他の財源に更正されているが、その理由はという質問に対し、アグリ甲斐との合意書の取り決めにより、黒字経営になったことにより、出資金が返還されたための財源更正であるとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-11 富士河口湖町議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月11日−04号 これは中央公民館や勝山ふれあいドームの使用料と、町交流センターでのJA北富士、シルバー人材センター、ルフランの使用料と電気料等でございます。  その下ですが、3節保健体育使用料1,097万2,576円は、社会体育施設でありますグラウンド、体育館及び小・中学校の体育館及びグラウンドの夜間照明料でございます。 もっと読む
2018-09-10 富士河口湖町議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月10日−03号 節13委託料は支出済額のうち、支出済み額のうちシルバー人材センターへの館内清掃業務委託592万6,000円が主な支出でございます。  節15工事費は、29年度歩行浴の天井が壊れたため、改修工事をさせていただいたものでございます。  続きまして、74、75ページをごらんください。   もっと読む
2018-09-07 富士河口湖町議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月07日−02号 節7賃金123万1,560円は、シルバー人材センターへの温泉宅配業務の委託料の賃金となっております。  節12役務費29万1,260円は、温泉施設の監視用の通信運搬費と保険料となっております。  使用料及び賃借料は、21万7,158円は公用車のリース代となっております。   もっと読む
2018-08-09 中央市議会 平成30年  8月 臨時会(第2回)-08月09日−01号     副市長       萩原一春    教育長       田中正清    会計管理者     相澤宏一    政策秘書課長    望月 智    総務課長      桜木達也    危機管理課長    今井 賢    管財課長      功刀裕章    財政課長      橘田 修    リニア交通政策課長 五味将元    庁舎整備室長    田中竜馬    政策推進監     蓮沼 隆    人材育成推進監 もっと読む
2018-06-20 都留市議会 平成30年  6月 総務産業建設常任委員会-06月20日−01号 先日も、先ほどご質問にありましたバスで来られたという話もございましたし、田原の滝を通りながら、湧水群を通りたいというお客も来ておりますので、そのような中での、想定した中で、訪れる方がトイレを心地よく利用してもらいたいという形の中で、2日に一遍、シルバー人材のほうに委託をするような形を考えております。   もっと読む
2018-06-20 都留市議会 平成30年  6月 社会厚生常任委員会-06月20日−01号 どんな優秀な人材の方々が応募しても、それでもまかり通ってもいいということですかね、放課後児童クラブの運営に関して。 ○委員長(藤江喜美子君) 健康子育て課長。 ◎健康子育て課長(齊藤浩稔君) お答えいたします。  各クラブの採用の判断になると思いますので、支援員としての資格、経験等も見ながら、各クラブの役員さん等が採用の際に判断することになると思います。  以上です。 もっと読む
2018-06-06 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.06.12 職務経験者につきましては、専門職ということで採用しておりまして、定例試験に加えまして、年間を通じて随時募集を行うなどいたしまして、有能な人材の確保に努めているところでございます。   もっと読む
2018-06-06 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.06.12 それに関しては、特に異論はないんですけれども、もう1つのほうの「5年以上の放課後児童健全育成事業に従事した者であって、市長が適当と認めたもの」に関してなんですが、要するに、資格がない人が放課後児童支援員になることができるということで、ある意味、人材不足を補うためのものなのかなというふうにも考えられるんですけれども、一方で、質の確保、資格を持っていない人たちが5年従事することによって放課後児童支援員になることができるということは もっと読む
2018-05-09 中央市議会 平成30年  5月 臨時会(第1回)-05月09日−01号     副市長       萩原一春    教育長       田中正清    会計管理者     相澤宏一    政策秘書課長    望月 智    総務課長      桜木達也    危機管理課長    今井 賢    管財課長      功刀裕章    財政課長      橘田 修    リニア交通政策課長 五味将元    庁舎整備室長    田中竜馬    政策推進監     蓮沼 隆    人材育成推進監 もっと読む
2018-03-16 都留市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月16日−02号 言いにくい部分があるかなと思いますけれども、実態的には有資格者という形の雇用ということもあると思うんですが、その辺を含めて人材をどういうふうに確保していくか、平成30年度に向けてその辺のお考えがあればと思いますけれども。 ○委員長(藤江喜美子君) 福祉課長。 ◎福祉課長(清水敬君) お答えをいたします。   もっと読む
2018-03-15 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月15日−04号 ぜひ今後は、公正公平な採用試験が行われるよう、事件の問題点を徹底的に洗い出して、優秀な人材が確保できるような仕組みづくりを行っていただくことを注文し、早速質問に入らせていただきます。  まず、農業経営者の育成支援に関する取り組みについてお伺いします。  本年1月に広島県を議員研修で訪れた際、広島市では、一元的な農業経営者の育成支援事業としてひろしま活力農業経営者育成事業を実施しておりました。 もっと読む
2018-03-15 都留市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−01号 この事業は、市の全ての歳入に係る滞納債権の回収を効率的かつ適正に実施するため、債権回収特別対策本部及び債権回収特別対策チームを設置し、困難案件の処理及び人材育成に当たっております。  まず、人件費につきましては、任期付短時間職員1名分の給与として193万円、職員手当等に128万2,000円、債権回収アドバイザー契約委託料として54万円、合計で381万6,000円を計上しました。   もっと読む
2018-03-14 富士河口湖町議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月14日−05号 昨年、私は前からずっと思っているんですけれども、この町を支えていくのは、やはり人材育成ということが主力になるんじゃないかと思います。今年度もこの3月で課長は、来年は9名というふうなことで、非常に人材の育成が非常に難しいということで、きょうあしたには我々民間人もできないと思います。 もっと読む
2018-03-14 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号 ドローンの操縦には、技能面や航空法を遵守した安全管理面で卓越した能力を身につけるための人材育成が必要であると考えます。  このような状況を踏まえ、本市では災害時に民間事業所からドローンと操縦者を派遣していただく協定の締結を検討しております。既に、県内3市1町で同様の災害協定を締結しており、富士五湖消防本部ではドローンと伝送機器を購入し、操作研修を受けた職員が中心となり独自の運用を開始しております。 もっと読む