90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲斐市議会 2020-12-16 12月16日-03号

また、予算対応につきましては、事業進捗影響を与えないよう、適宜、予算確保を行う中で対応してまいります。 ○議長清水正二君) 答弁が終わりました。 再質問ございますか。 13番、松井豊君。 ◆13番(松井豊君) 前から言っていることですが、大規模な木質バイオマス発電というのは、必ずしも成功していないケースがあります。最近成功しているのは、ガス化発電中規模発電熱利用です。

韮崎市議会 2020-12-15 12月15日-03号

進捗に遅れが生じていることは認識しておりますが、県において当該事業予算枠確保など、非常に厳しい状況でありますので、引き続き早期完成に向け、事業主体である県とともに予算確保に努めてまいります。 ○議長浅川裕康君) これより功刀正広議員の再質問を許します。 功刀正広議員。 ◆2番(功刀正広君) 答弁ありがとうございました。 

甲府市議会 2020-12-01 令和2年12月定例会(第5号) 本文

新型コロナウイルス感染拡大本市の歳入にも影響を及ぼすことが懸念されることから、令和2年度に予定している事業イベント等のうち、実施の見込みが立たないものや不急であるものなどを精査し、また、国の追加支援策にも注視しつつ、新型コロナウイルス感染症影響対応できる予算確保すべきとの提言に対しては、国の追加支援策について、引き続き注視するとともに、市民が求めている支援内容を踏まえた予算確保に努めるべきであるとの

甲府市議会 2020-12-01 令和2年12月定例会(第3号) 本文

最後になりますが、来年度、甲府空家等対策計画は5年目を迎えますが、来年度の全市での空き家の実態調査が、国、県からの補助を受けつつ、しっかりした予算確保の下、実施できますように強く要望いたします。この調査の結果は対策をする上での根拠資料となりますので、必ずしっかりした調査が行えますようにお願いいたします。  以上で全ての質問を終わります。

韮崎市議会 2020-09-14 09月14日-02号

今後の予算確保見込み事業の完了はどう対応するかお伺いいたします。 ○副議長秋山祥司君) 保坂上下水道課長。 ◎上下水道課長保坂武資君) お答えします。 下水道事業計画区域内全てを整備していくには、まだ長い年月と経費がかかると認識しておりますが、国の考え方は、建設から維持管理へ転換してきております。 

甲府市議会 2020-09-09 令和2年経済建設委員会 本文 開催日: 2020-09-09

しかしながら、先ほど中村委員からも御質問があったとおり、新型コロナウイルス感染症については長期化が予想されるという状況も踏まえまして、来庁者本市職員感染症対策というところで、関係部局アクリル板等の恒久的な設置について、予算につきましては担当部局管財課等になるものですから、そこと話をしながら予算確保等についても引き続き協議をしてまいりたいと考えてございます。  

甲斐市議会 2020-08-27 08月27日-03号

予算確保というのは、一番問題になるかとは思うんですけれども、そうはいっても、国のほうは2040年に目指しているところを、本市、甲斐市のほうは2020年代にも実現させるというような保坂市長の強い思い、意志を感じ取れました。きっと若い職員方たちは、夢や希望が与えられていると思いますので、ぜひともよろしくお願いいたします。 そこで、再質問いたします。 

甲府市議会 2020-05-15 令和2年新型コロナウイルス感染症対策特別委員会 本文 開催日: 2020-05-15

当然、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金、そしてまた財政調整基金等、いろいろな予算確保の方法がありますけれども、まずはこういった普通に実施できなくて中止になるものもあれば、この時期実施したら逆にマイナスだろうというものも正直言ってあると思います。

市川三郷町議会 2019-12-03 12月03日-01号

長野県の千曲川の堤防決壊、反乱の状況、阿武隈川の流域のあの状況を見ると、国土強靭化、強くしなやかと書きますけど、芦川強靭化、本町にとっては、三珠地区市川大門地区芦川強靭化、これは予算確保とともに、あと6年かけて完成をするという運びで取り組んでおりますけれども、今、いろいろな研修会へ行くと、状況によったら広域避難ということもしっかり検討しなさいというように言われているんです。

山梨市議会 2019-11-29 11月29日-01号

今回の要望活動は、世界農業遺産認定が大きく前進する中にあって、確実な予算確保に向け、自民党本部では二階幹事長岸田政務調査会長鈴木総務会長と面談したほか、公明党、財務省、農林水産省の副大臣、政務官等に対し、令和年度補正予算早期編成と、令和2年度当初予算における格段の配慮を強く要望してまいりました。 

甲府市議会 2019-09-26 平成30年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2019-09-26

進捗を上げるためには、組織体制の強化と予算確保が必要であり、現在の体制の中でむやみに調査区域を広げることは調査における質の低下を招き、成果の修正増加にもつながります。確かに市民の中には地籍調査を待ち望んでいる方も大勢いらっしゃることと思いますが、いろいろなリスクを考えますと、現在の計画に基づいた事業を進めていくことが賢明であると考えております。  

上野原市議会 2019-09-17 09月17日-02号

ご議決をいただいた予算確保ができましたらば、他の自治体で実施しております事例などを十分に参考にしながら、横断幕の高さや幅、文字の大きさを始めとして、設置の目的を果たすための端的なキャッチフレーズなどを検討してまいりたいと考えております。 また、キャッチフレーズにつきましては、市民の皆様からのご提案が取り入れられるよう募集をかけるなど、それらの手法も今後検討してまいりたいと考えております。

山梨市議会 2019-09-12 09月12日-02号

国・県等関係機関に出向き、市の立場や考え方を伝え、支援協力をお願いする要望活動は、予算確保本市事業推進に向けて必要不可欠なものと考えております。 主な要望活動といたしましては、本年5月に県や峡東3市、県選出国会議員関係する県議会議員と連携し、国土交通省JR東日本本社を訪れ、JR中央線ダイヤ改正に対する要望書を提出してまいりました。

富士河口湖町議会 2019-09-11 09月11日-02号

雨水対策には多額な予算が必要となることは認識していますが、今後も厳しい財政状況の中、補助金等利用も含め緊急性安全性を加味し、計画的な対策を施し、住民の要望に応えられるよう予算確保に努めていきたいと考えています。 以上、答弁とさせていただきます。 ○議長堀内昭登君) 再質問ありますか。 9番、山下利夫君。

韮崎市議会 2019-09-10 09月10日-03号

次に、予算確保の件についてですけれども、黒沢川河川内での工事について県からの支援などを検討されたのかお伺いいたします。 ○議長宮川文憲君) 保阪建設課長。 ◎建設課長保阪昌春君) お答えします。 今回の現場につきましては、先ず災害認定がとれるかどうかという形で動きを始めまして、県の河川担当者及び農務の担当者には現地のほうを確認していただいております。

韮崎市議会 2019-06-18 06月18日-03号

その後につきましては、予算確保等の関係もありまして、現時点では具体的なスケジュール等はお示しできませんが、その後は詳細設計用地測量等を行うことになります。その後に工事着手という形にはなるんですが、それが速やかに進むように、事業が円滑に進むように努めてまいりたいと思います。 以上でございます。 ○議長宮川文憲君) 小沢栄一議員。 ◆5番(小沢栄一君) ありがとうございました。 

市川三郷町議会 2018-12-04 12月04日-01号

先月11月13日、それから20日、芦川護岸工事予算確保のために国土交通省に赴き、予算確保の要請を行いました。 11月30日、12月3日、これは峡南建設事務所長、それから12月3日は国土交通省甲府河川甲府事務所長から、おかげをもちまして芦川護岸予算確保ができたというお礼のご報告をいただいたところでございます。 次に、峡北、中巨摩、峡南地域ごみ処理広域化推進協議会について報告をいたします。