106件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大月市議会 2020-12-15 12月15日-代表質問・一般質問-02号

1点目に、病院理事長がここで代わりましたが、中期計画遂行に影響はないのでしょうか、お伺いいたします。 2点目に、経営改善プロジェクトに期待することをお伺いします。 以上、2点よろしくお願いいたします。 ○議長相馬保政君) 西室衛君の質問に対し、当局答弁を求めます。 鈴木市民生活部長答弁。          

大月市議会 2020-09-01 09月01日-議長・副議長の選挙・議案上程・説明・付託-01号

法人中期目標に基づき中期計画及び年度計画を定め、経営改善に向けた取組が行われる中で、6月には令和年度に係る財務諸表及び業務実績報告書が提出されましたので、8月4日に第1回地方独立行政法人大月市立中央病院評価委員会を開催し、評価委員から多くの意見をいただきました。今後、第2回評価委員会を経て意見を取りまとめ、10月に業務実績に関する評価結果を公表する予定であります。 

大月市議会 2020-03-16 03月16日-代表質問・一般質問-03号

このような中ではありますが、救急患者受入れ体制の充実や予防医療取組として、健診受診率向上を図っているところであり、市から病院法人に支出する運営費負担金につきましては、法人移行と同時に策定した中期計画範囲内で運営できる見込みとの報告を受けているところであります。 次に、今後の医師看護師の確保の見通しはについてであります。

山梨市議会 2020-03-12 03月12日-03号

本市では、翌年度行財政運営を行うに当たり、まちづくり総合計画中期計画市政運営方針である7つ政策ビジョンで掲げる取組を着実に推進するため、毎年、政策方針として行政経営の基本的な考え方を示しております。 この中で、来年度本市が進めようとする方向性SDGsが目指す目標とが合致するよう基本的な考え方を示しております。

上野原市議会 2019-12-10 12月10日-03号

上野原市の20年先のしっかりとしたビジョン、また、20年ぐらいの長期計画を作成してもよろしいのかなというふうに思いますし、そうすれば、5年単位の中期計画があったほうが検証しやすくなると思っております。 次に、移住者商店街などで商売をしたいという話をよく聞くのですが、当局では把握をしておりますか。 ○副議長東山洋昭君) 守屋政策秘書課長

山梨市議会 2019-09-12 09月12日-02号

第2次まちづくり総合計画には、本市が目指す将来展望を示す長期ビジョン総合計画5つビジョン達成するための実施計画中期計画が存在し、本市はこの計画を軸として事業展開されていると理解しております。 その総合計画と並行して、本市まちひと・しごと創生法に基づく山梨人口ビジョン及び山梨総合戦略平成27年度策定いたしました。総合戦略においては5年間の計画で、本年度最終年度となります。

大月市議会 2019-09-12 09月12日-代表質問・一般質問-02号

市は開設者として経営改善内容を含む中期目標を設定し、中央病院に指示しており、中央病院はこれを受け、その達成のための中期計画策定運営を開始しております。中央病院に対しまして、独立行政法人としてその制度のメリットを生かし、経営改善を含め医療の質の向上に向け、自主的な取り組みに期待しているところであり、必要に応じて連携していく考えであります。 

山梨市議会 2019-06-19 06月19日-02号

牧丘病院においても、新公立病院改革プランにより、機能強化型在宅医療支援病院として、訪問診療対象人数2,000人として、山梨中期計画に示しております。 牧丘病院の沿革は、昭和29年、町立病院として設置され、運営が開始されました。現在の施設は、昭和54年に建設され、40年が経過しております。診療科目は、内科、小児科、外科整形外科の4科で、病床数は30床になります。

山梨市議会 2019-03-22 03月22日-05号

議会における市長の所信及び答弁にありましたように、平成31年度まちひと・しごと創生法に基づき、本市創生に向けた目標施策基本方針、具体的な施策をまとめた山梨総合戦略計画期間最終年度であるとともに、健全な財政運営、積極的な市政運営を念頭に置く中、第2次山梨まちづくり総合計画で掲げる5つビジョン、目指す方向性を基本的な柱とし、中期計画にある本市課題解決に向けた具体的方策を着実に推進

大月市議会 2018-12-12 12月12日-代表質問・一般質問-02号

また、中期計画については、4月1日の法人設立時に議決が必要となりますので、臨時議会でご審議いただきたいと考えております。 次に、山梨県との事前協議状況はについてであります。山梨県から法人設立認可を受けるためにはさまざまな書類提出が必要となり、主なものは定款中期目標中期計画、収支計画となりますが、既に定款中期目標は提出し、指摘事項はあるものの、おおむね了承されております。

大月市議会 2018-09-13 09月13日-代表質問-02号

法人化に係る経費については、厳しく見積もる中で最優先対応してまいりますが、今後の負担については、地方独立行政法人大月市立中央病院中期計画の基礎となる収支計画に基づき、計画的に支出していきたいと考えております。 私からは以上でございます。 ○議長山田善一君) 石井副市長、どうぞ。          

都留市議会 2018-06-18 06月18日-02号

2点目は、第6次都留市長期総合計画中期計画策定に対してでございますが、市長表明の中に、第6次長期総合計画の中から、平成28年4月に策定されました公共施設等総合管理計画についてお聞きいたします。 公共施設総合管理計画策定からちょうど2年経過いたしまして、前期の最終年度となりますが、進展状況はいかがでございますか。 ○議長小俣武君) 総務部長。 ◎総務部長高部剛君) お答えをいたします。 

大月市議会 2018-06-14 06月14日-代表質問・一般質問-02号

2点目に、地方独立行政法人化に伴い、中央病院評価委員会でいただきましたご意見中期計画にどのように反映させていくのかをお伺いいたします。 以上、2点よろしくお願いいたします。 ○議長山田善一君) 西室衛君の質問に対し、当局答弁を求めます。 久保田市民生活部長答弁。