43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲州市議会 2019-12-10 12月10日-02号

また、ひきこもりやニートなど働いていていない若者対象に、相談、面談や就労体験面接指導など自立に向けた総合支援を行う地域若者サポートステーション対象年齢を、従来の40歳未満からおおむね50歳にまで拡大する方針も固めたようであります。 本市において、就職氷河期世代正規雇用推進に向けた今後の取り組みについてお伺いいたします。 ○議長(廣瀬宗勝君) 観光商工課長中村賢一君。

甲斐市議会 2018-12-17 12月17日-03号

◆16番(有泉庸一郎君) ただいまのご答弁にありましたように、キャリア教育推進については、小学校のうちから、各学年の発達段階に応じた指導を行っているということですが、キャリア教育については、キャリア教育取り組みのおくれが、定職を持たないフリーターや、仕事につかないニートなどがふえた一因とも言われています。 小学校からキャリア教育推進していくことは、非常に重要なことと思われます。 

富士吉田市議会 2017-09-13 09月13日-02号

次に、主権者教育についてでありますが、勝俣大紀議員御発言の平成18年の経済産業省からの報告は、ニートフリーターなどの増加により、社会における階層化分裂現象が顕著になっていることを背景に試みられたシチズンシップ教育と呼ばれる教育であり、その後、平成27年6月に成立した改正公職選挙法により、選挙権を有する年齢が満18歳以上に引き下げられたことを受け、国や社会の問題を自分の問題として捉え、みずから考え

甲府市議会 2017-03-01 平成29年3月定例会(第2号) 本文

現在我が国には、貧困、虐待、孤立死、自殺、DV(ドメスティック・バイオレンス)被害、ホームレス、ニートなど、解決に至らない福祉生活に関する課題が山積しております。  これらの課題は、さまざまな要因がある中で、少子高齢化経済社会変化などにより、家庭や地域社会などの相互扶助が急速に力を失ったことと強くかかわりがあると言われております。  

中央市議会 2015-09-03 09月03日-02号

ひきこもり、ニートの問題でしょうか。それとも障がい者問題なのでしょうか。 障がい者やひきこもりの子を持つご家族はどんどん高齢化し、今後、この8050がクローズアップされてくるという内容でした。 初期の対応の遅れからニートやひきこもりが長期化し生活困窮に陥り、果ては生活保護受給者増加へと移行する事を懸念します。早期に発見し、生活困窮に陥らせないような対策が必要ではないでしょうか。 

甲府市議会 2015-09-01 平成27年9月定例会(第3号) 本文

中でも、雇用形態の急激な変化による非正規労働者ニートの増大は、若者が将来に対し不安を抱く大きな原因となっています。  こうした中、子ども若者育成支援推進法平成22年4月に施行されました。また、同年7月に内閣府よりひきこもりの実態調査の結果が報告され、15歳から39歳までのひきこもり状態となっている人たちが全国に推計70万人いるという、危機的状況であることが発表されました。  

大月市議会 2014-12-11 12月11日-一般質問-02号

皆さんは、多分ニートという言葉を聞いた事があると思いますが、その定義は15歳から34歳までの若年無業者とされています。では、スネップという言葉をご存じでしょうか。スネップとは、ニートに次ぐ新たな概念とされ、具体的には20歳以上59歳以下の在学中を除く未婚者、また就業をしていない、また家族以外の人と2日連続で接していないという人のことで、働き盛りの孤立無業者のことを指すのだそうです。 

上野原市議会 2014-06-16 06月16日-02号

ニートニートの方、ひきこもりになって社会復帰ができない方、そういう方に、せっかくあるこの緑と太陽と土地があって、農業というところに特化して再挑戦できるような、社会復帰できるような、そういうオンリーワンの上野原というのを構築するというのも一つだと思います。 そして、リタイアした後の人たちが、地域のコミュニティに参加できるんだよ。

中央市議会 2013-12-13 12月13日-03号

4.若者に対するサポート大学生や専門学生ニートなど、多くの若者が、高校に進んでも経済的な理由などで中退せざるを得ず、専門学校大学への進学も難しく安定した職に就けずにいます。孤立無業の負のスパイラルや貧困の連鎖を断ち切る取り組みが望まれます。 フリーター176万人、15歳から34歳、正規社員でない複数の非常勤の仕事で生計を立てている。 

都留市議会 2010-09-09 09月09日-02号

若者を取り巻く雇用環境は、新卒予定者内定率の低下やフリーターニートなど、将来不安を高める課題が山積みしております。中でも、新卒予定者就職状況は、近年の団塊世代定年退職に伴う求人数増加により、2005年には一時好転したと言われましたが、2008年に突如起きたサブプライムローン問題を発端とする世界的な景気悪化により、再び厳しさを増しております。

韮崎市議会 2009-12-15 12月15日-03号

登校ニート、引きこもりなど困難を抱える子供若者への支援を進めることを目的の一つとしたものです。法律は2つの性格を持っていて、1つは、子供若者育成支援の施策を関係省庁が連携して総合的に推進する基本法の部分、2つは、不登校ニート、引きこもりなど社会生活を円滑に営む上で困難を有する子供若者地域のネットワークで就学、就労に向けた支援を行うことです。

中央市議会 2009-12-10 12月10日-02号

フリーターニート凶悪犯罪覚せい剤や大麻など、今や社会問題化していることは、遊びや実体験やコミュニケーションの欠如が原因ではないかといわれています。精神科医町沢静夫氏は、遊びは単なる遊びではなく、遊びは学びであると主張しています。犯罪心理学者福島章氏は、非行背景遊びの喪失をあげています。 近年遊び方非行増加している背景に、スリルのために罪を犯してしまう傾向があるという。

甲府市議会 2009-09-17 平成20年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2009-09-17

28: ◯石原(剛)委員 よく若者ニートとかフリーターとかいう問題について、若者のほうに問題があるみたいな風潮がありますけれども、それよりは今の状況は、働く意欲があったり、働く能力はあるけれども働く場がないということがあるわけで、自分の権利について知らないまま、不当な扱いをされているというようなこともあるわけだから、そういった教育というのか、啓発というのが引き

甲斐市議会 2009-03-11 03月11日-04号

政府は、平成10年ころからニートフリーター対策として高校大学インターンシップを始め、平成17年度からキャリア教育として同対策を小・中学校にも広めてきております。ここで進められておりますキャリア教育生き方教育であり、人間関係形成能力情報活用能力、将来設計能力意思決定能力を、生きる力の構成要素としてはぐくむことをねらいとしております。