221件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2021-03-12 令和3年予算特別委員会 本文 開催日: 2021-03-12

市長は令和3年2月18日の記者会見において、スクラップスクラップ、そしてビルドと、事業のムリ、ムダ、ムラを見直して今まで以上にスリムをしていくという発言をされていました。しかし、午前中の質問でも明らかになりましたが、市税収入の落ち込みは想定されておりますが、地方交付税などで財源確保されているということが答弁としてありました。

甲州市議会 2020-12-09 12月09日-03号

まず、先ほど課長のほうから、令和4年度に今26課ある課を、先ほど言われたように横断的じゃなくて一つの中で事業ができる状況をつくり出すには、26課を先ほど20というふうな話をしましたけれども、これは18であっても20であっても、やはりここを令和3年度にかけてちょっと協議させていただきまして、いずれにしても令和4年度には、縮小するかどうかは分かりませんけれども、事業スリムに向けて課を統合していくことも

甲州市議会 2020-12-08 12月08日-02号

そのときに考えて、やはり今、人口が減って高齢化、それから少子化の中でやって、やはりスリムをしていかないと甲州市の行く末はなかなか厳しい状況にある。次代を担う人たちに、私どもの今ある甲州市を引き継いでいくには、今何かをしていかなければ、もう立ち行かなくなることは私自身も理解をいたしているところでございます。 

大月市議会 2020-09-17 09月17日-代表質問・一般質問-02号

人口減少社会において行政サービスを維持していくには、様々な事務広域化により共有し、単独事務を減らしていくことで機構スリムしていくことが必要であると言えます。その機構に見合った議員数を配置することによって、議会スリムが可能であり、機構改革議会改革広域化はセットで進めていくべきであり、広い意味での機構改革広域で行うべきであると考えられますが、いかがか伺います。 

山梨市議会 2019-03-13 03月13日-03号

どうしてここまで多くする必要性があるのか、スリムにならないのかというふうに思いますし、特に、職員体制の人員が逼迫しているときでありますから、課の圧縮負荷というのは当然のごとくやらなければならないし、それに対して人を効率的に運用を行うということが必要な話であるというふうに思います。 当然、この方々3監についても、2款1項1目の2節の部分に、経費なりのものが計上されていることでございます。

都留市議会 2019-03-11 03月11日-02号

こうした中で求められるのが、今後顕在化するであろう課題の抽出をしていく中で、行政組織のさらなるスリムによるコスト削減や、業務アウトソーシング化、また、新たな地域経営の担い手の発掘などといった、これまで行ってきた行財政改革や、協働による地域課題解決手法を不断の取り組みとしていき、諸課題に対応する柔軟な取り組みが可能な行政組織を形つくっていくことが必要だと考えております。 

甲州市議会 2019-03-07 03月07日-02号

また、交流イベント事業費としましては、国内交流事業の充実を図る一方、主要イベントの内容をスリムするなど、補助金削減に努めたところであります。 また、新規事業といたしましては、昨年9月に制定いたしました中小企業小規模企業振興基本条例に基づき、小規模事業者持続化事業を推進することとしたところであります。

甲州市議会 2018-09-11 09月11日-02号

そうした中での事業面もしっかりやる中で、逆に私は行政スリム、健全化を図る中で、甲州市の民間力は向上しているなと私は思っています。甲州市の消費力というものは非常に高いと期待されるという民間業者の話があります。既に大手ファーストフード出店をしています。ホテル計画も1店だけではなくて2件、3件と出ていることも聞いています。コンビニの出店計画もある中で、魅力ある活力ということになります。

山梨市議会 2018-06-15 06月15日-02号

これを見ると、さまざまな項目にわたり歳入確保対策を行うこととしているが、その中でも、市が所有する土地や未利用施設などの未利用財産については積極的に処分し、財源確保行政スリムを図ることとなっている。 また、これとは別に、平成28年度から平成32年度までを計画期間とした未利用市有地処分計画も策定をしております。

上野原市議会 2018-03-14 03月14日-02号

なお、具体的な財政運営というところでは厳しいところではございますが、まず、歳入面では既存工業団地等を活用した企業立地などの促進による税収の増加などを図るほか、事業を行う場合につきましては国庫補助金などの特定財源を活用すること、また歳出面では、選択と集中を基本とした既存事業見直しによる歳出削減とあわせて、公共施設適正規模適正配置を検討し、行財政スリムを図る必要があるものと考えてございます。

甲府市議会 2017-12-12 平成29年総務委員会 本文 開催日: 2017-12-12

近年その市役所庁舎のいろいろな効率化スリムというのもあるかと思いますので、もし有効に活用できるような施策があれば、未利用なところの部分も活用していただきたいなと思います。いろいろな先進都市を見たりすると、民間にそういったところを利用するというところもあるようでありますので、いろいろなところからまた検討してもらいたいなと思います。