49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市川三郷町議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−01号

次に、老人福祉事業特別会計補正予算(第1号)は、134万1千円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ2,983万4千円とするもので、歳入は、基金繰入金と繰越金、歳出の主なものは、老人福祉事業費で臨時職員賃金の減額とシルバー人材センターヘの業務委託料の追加でありました。  

韮崎市議会 2017-12-12 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月12日−03号

その方は年金が月3万円で、2年ほど前まではシルバー人材センター紹介で月5万円、何とか働いてそれで生活を行っていたと。それで、市の福祉課の方から、高齢者ひとり暮らしということで静心寮を紹介されたというふうに聞きました。  それで、この方は静心寮を見学させてもらって、ところが入所する部屋が4人部屋だったんですね。

韮崎市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−02号

また、高齢者技術能力の活用につきましても峡北広域シルバー人材センターとの連携を図りながら、企業が求める労働力としての活用を推進してまいります。 ○議長(西野賢一君) これより、高添議員の再質問を許します。  高添秀明議員。 ◆9番(高添秀明君) 質問を続けます。      (9番 高添秀明君 登壇) ◆9番(高添秀明君) 続いて、心地よい定住環境のあるまちづくりについての質問であります。  

大月市議会 2016-12-12 平成28年 12月定例会(第7回)-12月12日−代表質問・一般質問−02号

移住相談員につきましては、現在の2名の相談員のように、地域情報や生活上の情報などに精通し、さらに接遇にすぐれている者が適任であると考えておりますので、委託先であるシルバー人材センターと協議をしてまいりたいと考えております。  次に、平和通りの空き家を活用することはできないかについてであります。

山梨市議会 2015-10-02 平成27年  9月 定例会-10月02日−04号

また、それ以外の業務委託については、シルバー人材センターなどと契約しているとの答弁がありました。  次に、衛生費のうち、環境保全費に関してであります。  エコハウスの今後の活用についてビジョンを伺いたいとの問いに対して、国の補助金を受けて建設しているので、基準で定められた期間は引き続き同じ形態で運営する必要がある。今後、新たな取り組みを模索していきたいとの答弁がありました。  

韮崎市議会 2014-06-16 平成26年  6月 定例会(第2回)-06月16日−02号

桜などの植栽管理につきましては、市立公園管理業務の中でシルバー人材センターに除草や消毒作業などを委託しております。また、アダプトプログラム活動として登録団体の皆様方に散水や剪定等の植栽管理を含め環境美化に協力いただいております。  次に、韮崎駅線路のり面の植栽管理についてであります。

大月市議会 2014-03-10 平成26年  3月定例会(第1回)-03月10日−一般質問−02号

この事業は、大月市、NTT東日本シルバー人材センターなど、これらが大月ウエルネスネットワーク議会を立ち上げ、総額約4,000万円の国費を投入して行った事業です。こうしたことから費用対効果、しっかりとその成果を検証していただきまして、今後に生かさなければいけないなというふうに思っています。  

山梨市議会 2013-12-17 平成25年 12月 定例会-12月17日−03号

また、本人が草刈り等の作業ができない場合には、シルバー人材センター等の利用をお願いして、耕作放棄地の解消に努めております。今後も地元農業委員や地域協力をお願いし、県、JAフルーツ山梨農業委員会山梨地域農業再生協議会と連携して耕作放棄地の発生防止と耕作放棄地の解消を進めてまいります。  

大月市議会 2013-09-12 平成25年  9月定例会(第4回)-09月12日−一般質問−02号

また、シルバー人材センターでこの事業専門のスタッフ2名を雇用し、市とシルバー人材センターのスタッフの協力体制で本事業を推進してまいります。  以上であります。 ○議長(小泉二三雄君) 卯月君。           (5番 卯月政人君登壇) ◆5番(卯月政人君) ありがとうございました。専任のスタッフを置いていただけるということで、ありがとうございます。ぜひよろしくお願いいたしたいと思います。  

大月市議会 2013-07-26 平成25年  7月臨時会(第3回)-07月26日−議長の選挙・議案上程・説明・表決−01号

この事業につきましては、大月市と大月短期大学、NPO法人の大月エコビレッジ、公益法人の東部広域シルバー人材センター学校法人早稲田大学、東日本電信電話株式会社株式会社JTBコミュニケーションズの7団体で共同提案を行ったものであり、総務省には全国の65団体から同様の提案書が提出され、書類審査、プレゼンテーションを経まして、最終的に8団体の1つに選ばれ、内示をいただいたところであります。  

山梨市議会 2013-06-19 平成25年  6月 定例会-06月19日−02号

また、本人が草刈り等の作業ができない場合には、シルバー人材センター等の利用をお願いして、耕作放棄地の解消に努めております。  しかし、行政としての耕作放棄地の対応には限界もございます。来年度国では、農地の貸し借りを仲介する新組織、仮称でありますが、農地中間管理機構を各都道府県に整備し、農地の集約や耕作放棄地の解消に取り組むとしております。

山梨市議会 2013-03-15 平成25年  3月 定例会-03月15日−04号

高齢者の方など自ら運ぶ手段にお困りの方には、シルバー人材センターなど市の一般廃棄物収集運搬許可を受けた事業者への依頼をご案内しているところであります。昨年度に実施しましたごみ減量化モデル事業の対象区の1つでは、高齢者のごみ出しを地域で支援する先進的な取組が進められておりました。

山梨市議会 2012-12-18 平成24年 12月 定例会-12月18日−03号

また、シルバー人材センターとの業務の調整が必要であり、地域支援事業交付金の対象でありますが、制度運営に費用がかかることなどの課題もあります。  この制度を導入するには、これらの課題を解決し、ニーズの把握や制度設計ボランティアを受け入れる介護サービス事業者の意向や既に活動中のボランティア団体への影響について検討する必要があります。今後、他市の取組を参考に研究していきたいと考えております。

山梨市議会 2012-12-17 平成24年 12月 定例会-12月17日−02号

高齢者の就労支援対策につきましては、高齢者希望に応じた臨時的、短期的な就業目的を促進するためのシルバー人材センター支援事業を行っております。また、現在、高齢者の方の参加をいただき、24時間の保育サポート講習会を開催し、すべての講習を受講修了した方には、ファミリーサポートセンター事業の提供会員として登録していただき、保育補助を必要とする子育て世代の援助をしていただいております。  

韮崎市議会 2012-09-18 平成24年  9月 定例会(第3回)-09月18日−02号

次に、駐車場南側の史跡指定地内の管理につきましては、シルバー人材センターに草刈りを委託しておりますが、回数も限られていますので、地元の方々のボランティア活動に支えられているのが現状であります。  また、ごみ等の処理等につきましては、桃畑からの果実袋が散乱するなどの状況が見られますので、時々撤去しているところであります。  

富士吉田市議会 2011-09-14 平成23年  9月 定例会(第5回)-09月14日−02号

そのほかの制度としまして、現在シルバー人材センターの活用が皆様から大変に喜ばれております。この制度は、60歳以上の方が登録することができ、どなたにも利用していただけます。このような制度は、もっと積極的にアピールをしていくべきだと思います。仕事の内容もたくさんあると思いますが、福祉分野への拡充も希望します。そこに支援を必要としている人たちがたくさんいらっしゃいます。