17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

韮崎市議会 2019-03-05 03月05日-03号

それから、児童生徒の数ですが、年度の当初につきましてはそれぞれ希望を持って各学校へ復帰をする、あるいは今まで行けなかった者でもたとえ回数少なくても学校へ行こうという気持ちになりますので、ここは非常に毎年、今の韮崎コスモス教室の状況を見ましても減っているところです。

上野原市議会 2017-12-11 12月11日-03号

その結果、いわゆる農家の皆さんの生産意欲が減退をして、遊休農地耕作放棄地が増大している、そういうことかと思いますが、有害鳥獣対策強化とあわせて景観阻害している遊休地で、これも思いつきと言えば思いつきなんですが、コスモス等多年草の花の播種を進めて、いわゆる景観向上を図るべきというように常々思っているわけです。

韮崎市議会 2017-09-20 09月20日-03号

その中の植物に分類されているオオキンケイギクですが、北米原産のキク科の多年草で、5月から7月頃にかけ、黄色のコスモスに似た花を咲かせます。強靭でよく生育することから、かつては工事の際ののり面緑化に使用されたり、苗が販売されたりしていました。

甲府市議会 2015-12-01 平成27年12月定例会(第3号) 本文

本県中西部にある肢体不自由を有する重度重複障がい児者を受け入れている事業所等は、国立甲府病院のひまわり、あけぼの医療福祉センターのチェンバロ、甲斐市にあるコスモス、中央市にあるおひさま、南アルプス市の緑の家などしかありません。  これら重度重複障がい児を受け入れている事業所等は、居住地に関係なく受け入れているため、利用者は今後ますます増加することが予想されます。

富士河口湖町議会 2014-12-10 12月10日-02号

地区協会と民間の積極的な提案で、広域的に作用すると思われる事業を町が支援する中、富士山雪まつり事業、乗り捨て可能なレンタルサイクル事業、コスモス街道など、事業の実現に向けて検討を始めているところでございます。 このように、今後の観光のあり方や経済背景、現状のイベント実施状況を総合的に考えてみますと、以前のような官主導型から民主導型へ転換期と考えております。 

上野原市議会 2014-09-17 09月17日-02号

関係者の理解、協力のもとに、早速来月から市のホームページ、現在コスモス畑がトップページにありますけれども、それをかえていこうといったところで作業を開始しているところでございます。 こうしたことによって、四季折々のすばらしい場面を発信することができ、魅力ある上野原市がPRできればというふうに思っております。 以上でございます。 ○議長(杉本公文君) 東山洋昭君。

山梨市議会 2012-06-04 06月04日-01号

牧丘地域の皆様には、これまでの間、フフに菜の花やコスモスを咲かせるなどさまざまなご支援をしていただきましたことに関し深く感謝しているところであります。今後も引き続いて、グリーンドック社とともに、牧丘地域の活性化、さらには山梨市の発展に向けご協力を賜りたいと存じます。 なお、グリーンドック社では、8月の事業開始に向け、施設の改修など市とともに準備を進めております。 

市川三郷町議会 2011-12-08 12月08日-01号

で水がそこに遊水するということになりかねない場所でもあるということで、いろいろ調べていくと、かなり難しさが出てきているんですが、それでも、今、葦が茂って、イノシシが生息しているとか、駅の近くでそういう状況を作っているということは、基本的にすぐに改善すべきだということで、取り付け道路を、新年度予算の中に入れて、道路を造って、ともかく葦だけはきれいに刈るとか、場合によったらその間、駅舎から見えるようなコスモス

山梨市議会 2011-09-14 09月14日-02号

この間、オーチャードヴィレッジ「フフ」を支援する会の皆さんや地元住民の方々が「フフ」の明かりを消してはいけないという思いから、除草作業や菜の花、コスモスの種まきを行うなど、市及び観光協会と共同のもと、4月にイベントの開催を毎年実施しております。

山梨市議会 2011-03-01 03月01日-01号

この間、オーチャードヴィレッジ「フフ」を支援する会の皆さんや、地元住民の方々が、『「フフ」の灯りを消してはいけない』という思いから、除草作業や菜の花・コスモスの種まきを行うなど、市との協働のもとイベントの開催を毎年実施してきました。 

都留市議会 2010-03-11 03月11日-02号

不登校の原因・背景につきましては、家庭の状況や学校人間関係地域社会における連帯感の希薄化、青少年を取り巻く環境の悪化などが複雑に絡み合い、発生していると考えられており、この対応として、早期の対応と不登校児童・生徒やその家庭に対する個々の状況に合った支援を行うため、学校や関係機関が連携したサポートチームによる対策や、本市に開設されている適応指導教室コスモス教室)の有効活用等により、不登校生徒の解消

市川三郷町議会 2008-09-12 09月12日-01号

学校ともに、対応に苦慮していますが、解消に向けて取り組んでいる主たるものといたしましては、第1に全校配置の専門員でありますスクールカウンセラーの活用、第2に家庭訪問を実施して、保護者との話し合いや、学習面の指導を行っており、第3に在籍への復帰を視野に入れて、不登校児童生徒を対象にしたコスモス教室への通所を支援しております。 

韮崎市議会 2000-12-18 12月18日-03号

現在、不登校の生徒を対象に、韮校前の教育会館に隣接したところにコスモス学級がありますが、この学級において大変適切な指導の結果、効果があった実例も聞いております。これに対しましての市教委のかかわりや実態等、また将来への展望をお聞かせいただきたいと思います。 ○議長(平賀武秀君) 嶋津鈴子君の関連質問に対する答弁を求めます。 輿石教育長。 ◎教育長(輿石薫君) お答えいたします。 

  • 1