54件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山梨市議会 2020-09-10 09月10日-02号

これは買物の際に、ふだん何気なく無償でもらっているレジ袋を有料化することで、エコライフ推進し、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としております。 プラスチックは成形しやすく、軽くて、丈夫で、密閉性も高いため、製品の軽量化食品ロス削減など、あらゆる分野で私たち生活に貢献しております。 

山梨市議会 2020-06-17 06月17日-03号

また、市ではエコライフ推進事業として、講座学習会を開催しておりますが、その中で昨年度はごみ分別減量化、3Rへの取組エコバッグ作りを実施いたしました。 次に、プラスチックごみ削減についてであります。 市では、ごみ分別及び減量化取組として、従来からリサイクルステーション利用推進しております。

山梨市議会 2020-03-12 03月12日-03号

100%の補助金で建設したエコハウスは、当時から最新式モデルハウスとして見学エコライフ推進のため、活用されてまいりました。今ここで、利活用見直しということですが、市長所信を聞く限り、活用の縮小と受け止めてしまいます。来年度からは、見学事前予約制に変更するとのことですが、常駐職員をなくすという意味でしょうか。 

山梨市議会 2019-06-20 06月20日-03号

エコハウスやまなしは現在NPO法人山梨ガバメント協会に管理及び事業運営を委託しており、エコハウス勉強会エコライフ推進のための講座等を実施しております。平成30年度の運営状況は、開館日数308日、見学者人数1,291人、エコハウス勉強会エコライフ推進講座開催回数は27回、参加人数428人、行政視察等受け入れ5回、視察人数77人であります。 

山梨市議会 2015-12-15 12月15日-02号

現在、エコハウスでのエコライフ推進事業、緑のカーテンコンテスト、児童・生徒を対象とした環境学習のための施設見学エコキャンドル教室万葉エコ市民の会と協働で行うエコキッズ養成塾出前講座などを実施しております。 今後は、さらに広報ホームページなどによる情報発信を充実させるとともに、小中学校や地域との連携を強化し、効果的な事業推進普及啓発を図ってまいります。

山梨市議会 2014-09-17 09月17日-02号

言うまでもなく、環境問題は地域の豊かな自然を維持するための重要な課題であり、私たちは地道な取組をしながらエコライフ推進を図っていかなければなりません。特に本市では、身近な問題として環境問題に対して自らが行動を起こすことにより安全で快適な市民生活につながるとの立場から、新たなごみ減量化推進モデル事業リース食器導入促進事業を実施し、環境型社会への推進に取り組んでまいりました。 

山梨市議会 2013-12-02 12月02日-01号

このような財政状況を見据え、これまでの行財政改革取り組みを踏まえながら、歳入の確保や経費削減、徹底した事務事業見直しを行い、「山梨行政経営の基本的な考え方」に基づき、総合計画の元気な市民生活・元気な地域産業エコライフ推進の実現に向けた「元気創造プロジェクト」を積極的に進める予算編成を行い、市長選挙を控えていることから、継続事業を含めた骨格予算として編成し、政策経費は、6月定例会へ提案したいと

韮崎市議会 2013-09-18 09月18日-03号

本市においては、平成15年から平成18年までの間、エコハウス普及促進事業を実施し、また平成24年からはエコライフ設備等設置費補助金交付要綱を定め、循環型社会づくりのため、補助金等を交付しております。 これらの事業により、今日までに太陽光発電システムを導入した世帯数は363戸で、太陽光熱高度利用システムを導入した世帯数は8戸となっています。

山梨市議会 2013-09-17 09月17日-02号

エコライフ推進では、ごみ減量化のためのモデル事業及び講習会リユース食器導入促進補助制度下水道加入促進補助制度中学校等へのペレットストーブの設置電気自動車導入などを実施してまいりました。 本市環境センター及び東山梨環境衛生センターごみ処理施設使用期間延長については、地元地区皆様の深いご理解をいただき協定締結に至り、ありがたく思っています。 

都留市議会 2013-09-12 09月12日-02号

この柱となりますのが、小水力発電普及啓発目的とし、市民参加型ミニ公募債「つるのおんがえし債」を活用して整備いたしました家中川水力市民発電所「元気くん」と、本市の特性を生かしたエコライフ普及啓発につなげるための拠点施設エコハウス」や植物栽培施設城南創庫」などからなる「環境学習フィールド」であります。 

山梨市議会 2013-03-26 03月26日-05号

予算の中でも市民要求に応えた施策として、健康推進事業がん検診対象年齢の拡大や前立腺がん検診に追加したり、エコライフ普及事業防災倉庫の改修などは是とするところであります。特に、小さく生まれながらも大きく育つ可能性がある住宅リフォーム助成制度活用して市民リフォームを行えば、市内業者に仕事が回り、経済が活性化すれば先進地の実績からも市税増収につながることから大いに期待をするものです。