運営者 Bitlet 姉妹サービス
154件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-07 富士河口湖町議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月07日−02号 現在はアジア圏からのお客様が多いですが、今回の事前合宿等を通じながら、欧米からのお客さんにも来ていただくことが将来安定した観光振興につながるのかなと思います。 もっと読む
2017-06-21 甲州市議会 平成29年  6月 定例会-06月21日−03号 次に、JAフルーツ山梨を初め山梨県など、各種団体の支援や協力を得ながら、成長著しい台湾などアジア市場等にトップセールス及びプロモーション活動、誘客促進などを実施してまいりました。ぶどうの海外輸出につきましても、全国ブドウ産地協議会の会長に田辺市長がつき、積極的に推進しているところでございます。   もっと読む
2017-06-14 甲府市議会 平成29年6月定例会(第3号) 本文 2017.06.14 国家戦略特区の創設経緯を説明しますと、平成25年2月の産業競争力会議において、有識者の知見を得るために選出された民間議員がアジアで最も起業しやすい国を目指した特区制度を要望したことがきっかけとなり、同年4月の日本経済再生本部のテーマ別部会において、主査を務める竹中平蔵議員がアベノミクス戦略特区を提案し、今までとは違う特区のあり方が議論され、同月の産業競争力会議では、当時の新藤総務大臣兼地域活性化担当大臣 もっと読む
2017-06-13 甲府市議会 平成29年6月定例会(第2号) 本文 2017.06.13 人口減少、少子高齢化が進む中、東京の活力を取り込む、成長著しいアジアを初めとする海外の成長を取り込んでいくという市長の方針は、常々心強く感じているところであります。 もっと読む
2017-03-16 甲州市議会 平成29年  3月 定例会-03月16日−04号 横浜事件は1942年、総合雑誌「改造」に掲載された論文「世界史の動向と日本」が共産主義的でソ連を賛美し、政府のアジア政策を批判するものなどとして問題となり、「改造」は発売禁止処分にされ、翌年の1943年に改造社と中央公論社を初め、朝日新聞社、岩波書店、満鉄調査部などに所属する人々が瑣末な理由から関係者として60人が次々に治安維持法違反で逮捕され、神奈川県警の特高による激しい拷問で4人が獄死し、半数の もっと読む
2017-03-06 甲府市議会 平成29年3月定例会(第4号) 本文 2017.03.06 カンボジア王国のシェムリアップ州といえば、アンコールワットがあるアジア屈指の観光都市であります。甲府市は近年、都市提携が行われていないようですが、今回の交流をきっかけに考えてみてはいかがでしょうか。  以上です。 ◯議長(清水 仁君) 市長 樋口雄一君。                 もっと読む
2017-03-02 甲府市議会 平成29年3月定例会(第2号) 本文 2017.03.02 カジノで観光や地域振興、カジノ収益で依存症対策をなどと言われていますが、カジノ産業は今や世界でもアジアでも斜陽産業となっています。米国ではラスベガスと並んでカジノのまちの象徴とされたニュージャージー州アトランティックシティで次々とカジノが倒産、3分の1が消滅する状態で、まちの雇用や税収が失われています。   もっと読む
2016-12-22 山梨市議会 平成28年 12月 定例会-12月22日−04号 憲法9条こそが非軍事の立場でアジアと世界平和に貢献してきました。国民世論も憲法研究者も違憲の武力行使を実行させないために即刻に自衛隊を南スーダンから撤収することを求めています。  よって、意見書の提出を求める請願に賛成するものであります。議員各位の賛同をお願いいたします。 ○議長(古屋弘和君) 以上で討論を終わります。  これより採決を行います。   もっと読む
2016-12-13 甲斐市議会 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月13日−02号 この協定は、アジア太平洋地域において、物品及びサービスの貿易並びに投資の自由化及び円滑化を進めるとともに、知的財産、電子商取引、国有企業、環境等、幅広い分野で新たなルールを構築するための法的枠組みについて定められるものであります。 もっと読む
2016-12-13 甲府市議会 平成28年環境水道委員会 本文 2016.12.13 ◯小沢(宏)委員 そうですね、人的な支援、ちょっと資料を見たところによりますと、5名が2週間、三度ほど行っていたということだったと思うんですが、そういうちょっと人的な費用がかかるという面で今後どうするかと、先ほどもおっしゃっていましたが、今回のカンボジアのシェムリアップ州、たしかアンコールワットがある観光都市だと、アジア随一だと聞いておりますので、そことのつながりを今回のことで持てたというのは非常にいいことと もっと読む
2016-12-12 甲府市議会 平成28年環境水道委員会 本文 2016.12.13 ◯小沢(宏)委員 そうですね、人的な支援、ちょっと資料を見たところによりますと、5名が2週間、三度ほど行っていたということだったと思うんですが、そういうちょっと人的な費用がかかるという面で今後どうするかと、先ほどもおっしゃっていましたが、今回のカンボジアのシェムリアップ州、たしかアンコールワットがある観光都市だと、アジア随一だと聞いておりますので、そことのつながりを今回のことで持てたというのは非常にいいことと もっと読む
2016-12-09 甲州市議会 平成28年 12月 定例会-12月09日−02号 また、ぶどう、桃、サクランボ、ころ柿など、JAフルーツ山梨を初め、山梨県など各種団体の支援や協力を得ながら、成長著しい台湾などのアジア市場等にトップセールス及びプロモーション活動を、また誘客促進などを実施してまいりました。ぶどうの海外輸出につきましては、全国ぶどう産地協議会事業として農林水産省の補助事業を得る中で、オールジャパンによるアジアへの輸出に取り組んでおります。 もっと読む
2016-09-29 甲府市議会 平成28年9月定例会(第6号) 本文 2016.09.29 本年1月の核実験や2月の弾道ミサイルの発射に引き続き、この度重なる一連の挑発行為は、我が国を始めとした関係諸国、そして国際社会が、これまで北朝鮮に対し、国連安全保障理事会決議等の完全な遵守を求めてきたことに明らかに反するものであり、唯一の被爆国である我が国の国民に大きな不安を与えるだけでなく、「核兵器のない世界」の実現を願う国際社会の流れに逆行し、アジア、太平洋地域の平和と安全を脅かすのみならず、世界 もっと読む
2016-09-12 甲府市議会 平成28年9月定例会(第4号) 本文 2016.09.12 さらにアジアのハブ空港に直結、世界に広がる航空輸送ルートです。これらの利便性を運用した事例を紹介いたします。  平成21年、山梨県ワイン酒造協同組合に、KOSHU OF JAPAN(KOJ)が発足しました。明治維新のころヨーロッパからシルクロードを渡り、ブドウが山梨県に入ってきたのが甲州ブドウの発祥だそうです。甲州ブドウはワインの醸造に適していることから、現在は白ワインとして販売されています。   もっと読む
2016-08-31 甲州市議会 平成28年  9月 定例会-08月31日−01号 今後、産地間連携によるリレー出荷の検討会や、アジア地域でのマーケット調査を実施する予定であります。また、全国ブドウ産地協議会の市場調査とあわせ、先週の21日、22日の両日、本市とJAフルーツ山梨が共同でマレーシアのクアラルンプールにてトップセールスを行ってまいりました。 もっと読む
2016-06-21 甲州市議会 平成28年  6月 定例会-06月21日−02号 また、本計画の活動方針が経済成長や人口増加が著しいアジアと、国内での取り組み事例の少ないイスラム教徒の多い国への輸出促進を掲げておりますので、こうしたアジア地域や中東でのマーケット調査を行うこととしております。今後、ジェトロや海外マーケットに詳しい専門家の意見を聞きながら、計画の詳細を詰めていくこととしております。今月中には農林水産省に申請書を提出する予定で検討を進めているところでございます。   もっと読む
2016-06-15 甲府市議会 平成28年6月定例会(第3号) 本文 2016.06.15 2002年6月を中心に日本と韓国で開催された2002FIFAワールドカップは、アジアで最初に開催されたFIFA主催のサッカー世界大会であり、韓国のソウルにおいて行われた開会式、オープニングゲームから神奈川県横浜市での決勝戦までの31日間にわたり開催されました。この日韓大会は、日本では国内10カ所において延べ32試合が行われました。 もっと読む
2016-06-10 甲州市議会 平成28年  6月 定例会-06月10日−01号 ぶどうの輸出につきましては、「全国ぶどう産地協議会」事業として、昨年度に引き続きマレーシアへの輸出を進めるとともに、アジア、中東での市場調査の計画を農林水産省へ事業提案を行ったところであります。  また、船便での輸出がコスト削減につながることから、冷蔵コンテナを活用した海上輸送の研究を進めることとしております。   もっと読む
2016-03-22 甲府市議会 平成28年3月定例会(第6号) 本文 2016.03.22 北朝鮮の行為は、国際社会への挑発、我が国の安全保障や北東アジア地域の平和と安全を脅かす行為であり、国連安全保障理事会決議、6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に明らかに違反する暴挙である。加えて、北朝鮮は日本政府の独自制裁強化に対抗する形で、日本人拉致問題の再調査を全面的に中止し、調査主体の特別調査委員会を解体すると発表した。これらの行為は、断じて容認することはできない。   もっと読む
2016-03-04 甲府市議会 平成28年3月定例会(第3号) 本文 2016.03.04 近年は、数多くの大規模都市開発プロジェクトがアジア諸国を中心に行われております。21世紀半ばまでには、世界の人口の5割以上をアジアが占めるなど、世界経済の主要舞台に向けてアジアの各都市が成長を続けています。 もっと読む