市川三郷町議会 > 2018-10-05 >
平成30年 10月 臨時会(第2回)-10月05日−01号

ツイート シェア
  1. 市川三郷町議会 2018-10-05
    平成30年 10月 臨時会(第2回)-10月05日−01号


    取得元: 市川三郷町議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-06
    平成30年 10月 臨時会(第2回) − 10月05日−01号 平成30年 10月 臨時会(第2回) − 10月05日−01号 平成30年 10月 臨時会(第2回) 平成30年第2回市川三郷町議会臨時会(第1日目)  1.議事日程                              平成30年10月5日                              午前10時00分開議                              於議場  日程第1 仮議席の指定  日程第2 議長選挙  −追加日程−  日程第1 議席の指定  日程第2 会議録署名議員の指名  日程第3 会期の決定  日程第4 副議長選挙  日程第5 発議第1号 市川三郷町議会広報編集特別委員会の設置に関する決議について  日程第6 発議第2号 市川三郷町議会改革特別委員会の設置に関する決議について  日程第7 常任委員会委員の選任  日程第8 市川三郷町議会運営委員会委員の選任  日程第9 三郡衛生組合議会議員選挙
     日程第10 峡南広域行政組合議会議員選挙  日程第11 中巨摩地区広域事務組合議会議員選挙  日程第12 峡南衛生組合議会議員選挙  日程第13 山梨県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙  日程第14 峡南医療センター企業議会議員選挙  日程第15 市川三郷町消防委員会委員の選任  日程第16 承認第11号 平成30年度市川三郷町一般会計補正予算(第10号)の専決処分につき承認を求めることについて  日程第17 同意第3号 市川三郷町監査委員の選任につき同意を求めることについて  日程第18 閉会中の所掌事務調査の件  2.出席議員は次のとおりである。(14名)        1番 秋山豊彦   2番 笠井辰生        3番 齋藤美佐   4番 丹澤 孝        5番 小川好一   6番 高尾 貫        7番 笠井雄一   8番 川崎充朗        9番 有泉 希  10番 松野清貴       11番 三神貞雄  12番 村松武人       13番 秋山詔樹  14番 一瀬 正  3.欠席議員(なし)  4.会議録署名議員        1番 秋山豊彦   2番 笠井辰生        3番 齋藤美佐  5.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名(25名)   町長        久保眞一   統括        武田智宏   企画課長      一瀬 浩   防災課長      立川祐司   施設建設課長    丹沢和人   総務課長      石原千秀   財政課長      保坂秀樹   政策推進課長    小林武仁   町民課長      武田真一   税務課長      芦沢 正   いきいき健康課長  渡邉まゆみ  福祉支援課長    望月順二   保育課長      海沼良明   農林課長      丹沢宏友   商工観光課長    林 茂一   生活環境課長    望月和仁   土木整備課長    塩沢正也   まちづくり推進課長 渡辺浩志   三珠支所長     窪田正彦   六郷支所長     内藤 勝   会計管理者     薬袋和幸   教育長       佐藤紀征   教育総務課長    井上靖彦   生涯学習課長    森川規彦   つむぎの湯所長   望月利偉  6.職務のために議場に出席した者の職氏名(4名)   議会事務局長    河西 勝   議会事務係長    深澤美佳   議会書記      櫻井 茂   議会書記      一瀬えみ      開会 午前10時00分 ◎議会事務局長(河西勝君)   おはようございます。  事務局長の河西勝と申します。  よろしくお願いいたします。  まず、相互にあいさつを交わしたいと思います。  ご起立ください。      (相互に礼)  お座りください。  本日の臨時会は一般選挙後、最初の議会であります。  議長選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うこととなっております。  年長の三神貞雄議員紹介します。  三神貞雄議員議長席にお着きください。 ○臨時議長(三神貞雄君)   ただいま紹介されました三神貞雄でございます。  地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。  よろしくお願いいたします。  さて先般執行されました町議会議員一般選挙において、お互い当選することができました。初対面の方もあろうかと思いますので、簡単な自己紹介をお願いしたいと思います。  これにご異議ございませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  それでは、1番、秋山豊彦君から順次お願いいたします。      (議員自己紹介)  続きませして、執行部の皆さんも自己紹介をお願いいたします。      (執行部自己紹介)  ありがとうございました。  ただ今から平成30年第2回市川三郷町議会臨時会を開会いたします。  本日の会議を開きます。  日程に入る前に町長から発言を求められておりますので、これを許可します。  町長、久保眞一君。 ◎町長(久保眞一君)   おはようございます。  開会にあたり、一言ごあいさつを申し上げます。  本日は平成30年市川三郷町議会第2回臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましてはご多用の中ご出席を賜り、ここに臨時会が開会できますことに厚くお礼を申し上げます。  はじめに9月18日告示、9月23日投開票の市川三郷町議会議員一般選挙におきまして、ご当選されました皆さま、誠におめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。  議会は、執行側との二元代表制であります。市川三郷町の発展のため、ともに全力を尽くしたいと思います。  次に、台風24号について、ご報告を申し上げます。  警報は大雨暴風警報が9月30日16時32分、大雨暴風洪水警報は9月30日22時23分、土砂災害警戒情報は9月30日22時35分でありました。  町の避難情報の発令は、自主避難所の開設と対象地区住民への周知ですが、周知は9月30日午前9時、防災放送および区長、組長さまを通じて周知をいたしました。  対象地区は下九一色地区、落居5・6・7・8区、五八、岩下、寺所であります。  避難準備、これは高齢者等の避難開始でございますが、9月30日午後4時といたしました。  避難された方は、三珠福祉センターには中山4世帯7名、高萩2世帯3名、垈1世帯3名、計7世帯13名でありました。市川三郷町役場には、これは自主避難でございますが4世帯8名、六郷町民会館はありませんでした。合計11世帯21名でございます。  災害警戒本部準備会を2回開きました。9月28日午後4時、9月29日午後3時。災害警戒本部会議を4回開きました。9月30日午前8時30分、午後3時、午後7時、10月1日午前8時45分。災害対策会議を5回、10月1日午後1時10分、午後4時、10月2日午後4時30分、10月3日午前9時、午後4時であります。  強風による倒木が原因と思われる停電が広範囲に発生しております。  10月1日、未明の1時31分停電が発生、これは三珠地区樋田4世帯、三帳13世帯、下芦川14世帯、高萩19世帯、中山11世帯、垈11世帯、畑熊5世帯、計77世帯であります。  10月3日、16時28分に復旧しておりまして、停電時間は62時間57分でありました。  10月1日、19時54分に停電が発生しましたのが、市川地区の帯那69世帯、清水16世帯、沖村8世帯別所世帯の100世帯であります。10月2日20時18分に復旧しておりまして、停電時間は24時間24分でありました。  また、10月2日午前8時30分に停電が発生しましたのは、六郷地区の中落居2世帯で、同日午後8時30分に復旧、停電時間は12時間でありました。  このほか、市川大門地区の一部、上野地区の一部、大塚地区の一部で停電があり、停電時間は1時間5分から10時間51分でしたが、10月1日21時54分に復旧しております。  町内停電実件数は459件でありました。  警報解除土砂災害警戒情報解除は10月1日午前6時20分、大雨警報解除は10月1日午前6時28分、町から発令の避難準備解除は10月1日午前6時30分としました。  災害警戒本部から災害対策に、10月1日午前8時50分に切り替えております。主に倒木、停電対策を行っておりました。  本日ご提案申し上げます案件は、専決処分承認1件、同意1件の2案件であります。ご承認、ご同意いただきますようお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。  どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○臨時議長(三神貞雄君)   日程に入ります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○臨時議長(三神貞雄君)  △日程第1 仮議席の指定を行います。  仮議席は、ただいま着席している議席といたします。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○臨時議長(三神貞雄君)  △日程第2 議長選挙を行います。  お諮りします。  議長選挙方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選としたいと思いますが、ご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。  お諮りします。  指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。  ご異議ございませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、議長が指名することに決定いたしました。  それでは、議長に高尾貫君を指名いたします。  お諮りします。  ただいま、臨時議長が指名いたしました高尾貫君を議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、ただいま指名いたしました高尾貫君が議長に当選されました。  ただいま、議長に当選されました高尾貫君が議場におられます。  会議規則第33条第2項の規定によって、当選の告知をいたします。  ここで高尾貫君、議長当選承諾のあいさつをお願いいたします。  登壇願います。 ○新議長(高尾貫君)   議長就任に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。  未熟な私でありますが、議員各位のご推挙によりまして、議長にさせていただくことになりました。  身に余る光栄で感謝いたします。  その責任の重さに、改めまして、身の引き締まる思いでございます。さらに研鑽し、これまで以上に誠心誠意努力をし、一生懸命務める所存でございます。  また、議会運営につきましても、議員各位、職員の皆さま方の協力をいただき、議長の役割を自覚をし、公正で公平な結論を見出して、町民の負託に応えていきたいと思います。  町民の皆さまをはじめ、議会関係者には格別のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。  よろしくお願いいたします。 ○臨時議長(三神貞雄君)   これで、臨時議長の職務は全部終了いたしました。  ご協力ありがとうございました。  高尾貫議長議長席にお着きください。 ○議長(高尾貫君)   追加議事日程等配布のため暫時休憩いたします。  なお、議員におかれましては、議員控室にお集まりください。      休憩 午前10時23分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前10時30分 ○議長(高尾貫君)   再開いたします。  お諮りします。  本日の議事日程は、ただいまお手元に配布した追加議事日程にしたいと思います。  これにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、お手元に配布した追加日程第1から追加日程第18として議題とすることに決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第1 議席の指定を行います。  議席は会議規則第4条第1項の規定によって、ただいま着席している議席のとおり指定いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第2 会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員会議規則第126条の規定によって、  第1番 秋山豊彦君  第2番 笠井辰生君  第3番 齋藤美佐さん  以上、3名を指名いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第3 会期の決定を議題といたします。  本臨時会会期は、本日1日にしたいと思います。  これにご異議はありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、本臨時会会期は本日1日と決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第4 副議長選挙を行います。  お諮りします。  選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選としたいと思います。  これにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。  お諮りします。  指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。  これにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、議長が指名することに決定しました。  副議長に第8番 川崎充朗君を指名します。  お諮りします。  ただいま、議長が指名いたしました川崎充朗君を副議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、ただいま指名しました川崎充朗君が副議長に当選されました。  副議長に当選されました川崎充朗君が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によって当選の告知をいたします。  川崎充朗君、副議長当選承諾のあいさつをお願いいたします。  登壇願います。 ◆新副議長川崎充朗君)   このたび、議会構成において、議長のご指名および議員各位のご理解を賜り、第9代副議長の重責を担うことになりました。  身に余る光栄と、改めてこの責務の重さを感じ、町民の皆さまの対応ができるように、誠心誠意をもって努力を行ってまいります。  住民参加を諮り、町民の皆さまとともに歩む議会をさらに前進させ、二元代表の一翼を担う議会の使命を果たすべき努力をしてまいります。  微力ではありますが、高尾議長を支え、公平・円滑な議会運営に努め、町政、議会の活性化を進めてまいりたく思っております。  今後も皆さま方のご指導を賜りますよう、お願いいたします。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第5 発議第1号 市川三郷町議会広報編集特別委員会の設置に関する決議についてを議題とします。  丹澤孝君ほか1名から提出された、市川三郷町議会広報編集特別委員会の設置に関する決議のとおり決定することにご異議はありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、丹澤孝君ほか1名から提出された市川三郷町議会広報編集特別委員会の設置に関する決議は可決されました。  ここで暫時休憩といたします。      休憩 午前10時37分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前10時38分 ○議長(高尾貫君)   再開します。  引き続き、市川三郷町議会広報編集特別委員会委員の選任を行います。  お諮りします。  特別委員の選任については、委員会条例第7条第4項の規定によって、お手元にお配りした名簿のとおり指名したいと思います。  これにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、議会広報編集特別委員会委員はお手元にお配りしました名簿のとおり選任することに決定しました。  ここで、正副委員長互選のため委員会を開きます。  委員会条例第9条第1項の規定により、直ちに委員会室において議会広報編集特別委員会を招集します。  その間、暫時休憩いたします。      休憩 午前10時39分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前10時42分 ○議長(高尾貫君)   再開いたします。  議会広報編集特別委員会の正副委員長の互選が行われましたので、報告いたします。  議会広報編集特別委員会委員長に小川好一君、同副委員長に丹澤孝君。  以上であります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第6 発議第2号 市川三郷町議会改革特別委員会の設置に関する決議についてを議題といたします。  村松武人君ほか1名から提出された、市川三郷議会改革特別委員会委員の設置に関する決議のとおり決定することにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、村松武人君ほか1名から提出された市川三郷町議会改革特別委員会の設置に関する決議は可決されました。  ここで暫時休憩いたします。      休憩 午前10時43分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前10時44分 ○議長(高尾貫君)   再開します。  引き続き、市川三郷町議会改革特別委員会委員の選任を行います。  お諮りします。  特別委員の選任については、委員会条例第7条第4項の規定によって、お手元にお配りした名簿のとおり指名したいと思います。  これにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、市川三郷町議会改革特別委員会委員はお手元に配りました名簿のとおり選任することに決定しました。  ここで正副委員長互選のため、委員会を開きます。  委員会条例第9条第1項の規定により、直ちに委員会室において市川三郷町議会改革特別委員会を招集します。  全議員、よろしくお願いいたします。  暫時休憩いたします。      休憩 午前10時45分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前10時50分 ○議長(高尾貫君)   再開いたします。  市川三郷町議会改革特別委員会の正副委員長の互選が行われましたので、報告いたします。  市川三郷町議会改革特別委員会委員長に松野清貴君、同副委員長に有泉希君。  以上であります。  暫時休憩といたします。      休憩 午前10時51分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前10時51分 ○議長(高尾貫君)   再開します。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第7 常任委員会委員の選任を行います。  なお、選任については委員会条第7条第4項の規定によってお手元にお配りした名簿のとおり指名したいと思います。  これにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、各常任委員会委員はお手元にお配りしました名簿のとおり選任することに決定しました。  ここで、正副委員長互選のため委員会を開きます。  委員会条例第9条第1項の規定により、直ちに常任委員会を招集します。  総務厚生常任委員会議員控室、教育土木常任委員会委員会室で正副委員長を互選してください。  暫時休憩いたします。      休憩 午前10時52分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前11時14分 ○議長(高尾貫君)   再開いたします。  各常任委員会の正副委員長の互選が行われましたので、報告いたします。  総務厚生常任委員会委員長 笠井雄一君、同副委員長 笠井辰生君。  教育土木常任委員会委員長 丹澤孝君、同副委員長 小川好一君。  以上であります。  ここで暫時休憩いたします。      休憩 午前11時15分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前11時16分 ○議長(高尾貫君)   再開します。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第8 市川三郷町議会運営委員会委員の選任を行います。  なお、選任については委員会条例第7条第4項の規定によってお手元にお配りした名簿のとおり指名したいと思います。
     これにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、議会運営委員会委員はお手元にお配りしました名簿のとおり選任することに決定しました。  ここで、正副委員長互選のため委員会を開きます。  委員会条例第9条第1項の規定により、直ちに委員会室において議会運営委員会を招集いたします。  ここで暫時休憩いたします。      休憩 午前11時17分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前11時20分 ○議長(高尾貫君)   再開いたします。  議会運営委員会の正副委員長の互選が行われましたので、報告いたします。  議会運営委員会委員長 有泉希君、同副委員長 川崎充朗君。  以上であります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第9 三郡衛生組合議会議員選挙から追加日程第14 峡南医療センター企業議会議員選挙までを一括議題とします。  選挙の方法については地方自治法第118条第2項の規定によって、議長において指名推選したいと思います。  これにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。  お諮りします。  指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。  これにご異議ございませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、議長が指名することに決定しました。  ここで暫時休憩いたします。      休憩 午前11時21分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前11時22分 ○議長(高尾貫君)   再開いたします。  三郡衛生組合議会議員に  第2番 笠井辰生君  第3番 齋藤美佐さん  第11番 三神貞雄君  第14番 一瀬 正君  以上、4名を指名いたします。  続いて、峡南広域行政組合議会議員に  第10番 松野清貴君  第12番 村松武人君  第13番 秋山詔樹君  以上、3名を指名いたします。  続いて、中巨摩地区広域事務組合議会議員に  第5番 小川好一君  第6番 高尾 貫  以上、2名を指名いたします。  続いて、峡南衛生組合議会議員に  第1番 秋山豊彦君  第8番 川崎充朗君  以上、2名を指名いたします。  続いて、山梨県後期高齢者医療広域連合議会議員に  第7番 笠井雄一君を指名いたします。  続いて、峡南医療センター企業議会議員に  第4番 丹澤 孝君  第9番 有泉 希君  第10番 松野清貴君  第12番 村松武人君  第13番 秋山詔樹君  以上、5名を指名いたします。  お諮りします。  ただいま指名しました諸君を各組合議員の当選人と定めることに異議ございませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  よって、ただいま指名しました諸君が各組合議員に当選されました。  ただいま当選されました諸君が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によって当選の告知をいたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第15 市川三郷町消防委員会委員の選任を行います。  お諮りします。  選任の方法については、議長において選任したいと思います。  これに異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  よって、市川三郷町消防委員会委員は議長において選任することに決定しました。  ここで暫時休憩とします。      休憩 午前11時25分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前11時26分 ○議長(高尾貫君)   再開します。  市川三郷町消防委員会委員に  第2番 笠井辰生君  第5番 小川好一君  第14番 一瀬 正君  以上3名を指名いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第16 承認第11号 平成30年度市川三郷町一般会計補正予算(第10号)の専決処分につき承認を求めることについてを議題とします。  執行部の説明を求めます。  町長、久保眞一君。 ◎町長(久保眞一君)   承認第11号の提案理由の説明を申し上げます。  承認第11号 平成30年度市川三郷町一般会計補正予算(第10号)の専決処分につき承認を求めることについて  本件は緊急執行を要したので、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分したものであります。  専決事項は、平成30年度市川三郷町一般会計補正予算(第10号)で、歳入歳出それぞれ503万1千円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ125億9,917万2千円としたものであります。  その内容は、第1表「歳入歳出予算補正」によります。
     今回の補正は、平成30年9月4日から5日にかけて上陸した台風21号への警戒暴風雨による公共施設等の災害復旧等に要する経費の追加を行ったものであります。  詳細につきましては、担当課長からご説明申し上げます。 ○議長(高尾貫君)   財政課長、保坂秀樹君。 ◎財政課長(保坂秀樹君)   承認第11号 平成30年度市川三郷町一般会計補正予算(第10号)の説明をいたします。  今回の補正は、町長の説明のとおり、9月4日さらに5日の未明にかかる台風21号の影響による災害復旧に要する経費補正となります。  被害箇所の正確な把握と、それにかかる経費等について、9月議会の最終日の14日までに確定しなかったことから、それまでの間は応急対策として各課の既存予算で対応してまいりました。9月議会の翌週の9月18日には未確定でありました経費等の確定ができたことから、既存予算で対応できなかったものを中心に専決処分を行い、補正したものであります。  歳入から説明させていただきます。  事項別明細書の4ページをお開きください。  17款1項1目財政調整基金に503万1千円を追加し、2億7,243万7千円とするものであります。  この追加により、財政調整基金の保有額は20億7,961万1千円となります。  以上、歳入の説明とさせていただきます。  歳出につきましては、生活環境課長より説明いたします。 ○議長(高尾貫君)   生活環境課長、望月和仁君。 ◎生活環境課長(望月和仁君)   4款2項2目し尿塵芥処理費について説明させていただきます。  5ページをお願いします。  既定の予算に、61万6千円を追加し、2億4,718万9千円とするもので、9月4日の台風21号により、上野桃林橋地内に設置されていましたリサイクルステーションが突風により転倒、損壊したため、損壊したリサイクルステーションを撤去し、新たに設置するものです。  損壊したリサイクルステーションは、個人の敷地に入り込んでおり、早急に撤去が必要となったため、専決し、執行したものです。  土木整備課長に代わります。 ○議長(高尾貫君)   土木整備課長、塩沢正也君。 ◎土木整備課長(塩沢正也君)   続きまして、5款農林水産業費、1項5目農業土木費でございます。3節職員手当等20万円の追加をするものであります。  内容につきましては、台風21号による排水機場操作のための出動であります。  次に、商工観光課長に代わります。 ○議長(高尾貫君)   商工観光課長、林茂一君。 ◎商工観光課長(林茂一君)   続きまして、6款2項2目碑林公園の事業運営費になります。こちらは、20万9千円を追加するものです。  内容は、11節修繕費ですが、碑林公園の石碑を収めている東屋の屋根、住棟台面の漆喰が台風21号の影響により数カ所、剥がれ落ちてしまっています。今回は緊急的に対処が必要な個所のみの修繕となります。  よろしくご審議をお願いします。  防災課長と代わります。 ○議長(高尾貫君)   防災課長立川祐司君。 ◎防災課長立川祐司君)   続きまして、8款1項1目非常備消防費についてご説明を申し上げます。  補正前の額、7,135万7千円に20万円を追加いたしまして、7,155万7千円とするものでございます。  3節職員手当につきましては、職員の超過勤務の手当でございまして、台風21号に対する避難所等への職員の配備に関する手当となっております。  台風21号につきましては、午前9時40分に自主避難所を開設し、同日午後5時に避難準備、高齢者等、避難開始を発令したところであります。  発令した区域につきましては、下九一色、それから落居5・6・7・8区、五八、岩下の各地区でありました。  避難者につきましては、5世帯8人でございます。  続きまして、土木整備課長に代わります。 ○議長(高尾貫君)   土木整備課長、塩沢正也君。 ◎土木整備課長(塩沢正也君)   続きまして、3目水防費につきましては、3節職員手当でございます。23万9千円の追加するものであります。  内容につきましては、台風21号による注意報警報配備によるものであります。  続きまして、生涯学習課長に代わります。 ○議長(高尾貫君)   生涯学習課長、森川規彦君。 ◎生涯学習課長(森川規彦君)   続きまして、9款4項3目公民館管理費ですが80万8千円を追加し、7,047万2千円とするものです。  内容につきましては、11節需用費の修繕費追加80万8千円ですが、大塚地区の上ノ原集会所の屋根災害復旧修繕でございます。  台風21号の強風によりまして、大塚地区の上ノ原集会所の西側屋根の一部が吹き飛ばされたことによる修繕工事です。屋根につきましては、スレート葺の屋根でしたが、そのうちの一部3平方メートル程度の面積分の屋根が吹き飛ばされ、また屋内にも雨水が吹き込みました。  したがいまして、屋根および屋内の影響箇所につきまして、修繕を行うものです。  自治公民館等の修繕につきましては、管理をしているその地区におきまして、修繕を行うのが原則となっております。ただし、今回は通常の修繕ではなく、災害による復旧の修繕となりますので、全額町の事業として、災害復旧を行うものです。  続きまして、5目芸術文化振興費ですが、34万1千円を追加し、904万6千円とするものです。  内容につきましては、13節委託料、その他委託料追加34万1千円ですが、倒木撤去処分委託料になります。台風21号の強風により、倒れた樹木の撤去処分となりまして、その現場は3カ所になります。その3カ所は、いずれも大塚地区となりまして、大塚古墳伊勢古墳、それから波場公園になります。  大塚古墳につきましては、敷地内のクヌギの木が根元から裂けて隣接地に倒れました。  伊勢古墳につきましては、桜の木が倒れ、また桜の大木の太い枝が折れました。波場公園につきましては、桜の大木が根元から倒れました。これらの倒木の撤去処分の委託料でございます。  続きまして、土木整備課長に代わります。 ○議長(高尾貫君)   土木整備課長、塩沢正也君。 ◎土木整備課長(塩沢正也君)   続きまして、10款災害復旧費、1項公共土木施設災害復旧費、2目河川災害復旧費でございます。60万円を追加するものであります。  内容につきましては、7節賃金30万円、14節使用料及び賃借料20万、16節原材料費10万円でございます。  復旧の内容につきましては、町内水路の土砂撤去4カ所、倒木1カ所でございます。  次の6ページをお開きください。  10款2項農林水産施設災害復旧費、1目農地農業施設災害復旧費につきましては、181万8千円を追加するものであります。  内容につきましては、7節賃金108万6千円、14節使用料及び賃借料51万2千円、16節原材料費につきましては22万円であり、復旧内容につきましては、町内の農業道路、水路等の土砂撤去、倒木の撤去を含みます9カ所でございます。  なお、これらの災害につきましては、冒頭ご説明がありましたように、平成30年9月4日から5日にかかる台風21号によるものでございます。  以上、説明とさせていただきます。  ご審査のほど、よろしくお願いいたします。 ○議長(高尾貫君)   これより質疑に入ります。      (なし)  質疑を終わります。  お諮りします。  討論を省略し、採決することにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  お諮りします。  本件については、原案のどおり承認することにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、承認第11号は原案のとおり承認することに決定しました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第17 同意第3号 市川三郷町監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。  地方自治法第117条の規定によって、村松武人君の退場を求めます。      (退場)  提案理由の説明を求めます。  町長、久保眞一君。 ◎町長(久保眞一君)   同意第3号 市川三郷町監査委員の選任につき同意を求めることについて  市川三郷町議会議員の改選に伴い、市川三郷町黒沢407番地の1 村松武人氏 昭和16年12月8日生まれを監査委員に選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定により議会同意を求めるものであります。  ご審議の上、ご同意いただけますよう、お願い申し上げます。
    議長(高尾貫君)   これより質疑に入ります。      (なし)  質疑を終わります。  お諮りします。  討論を省略し、採決することにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  お諮りします。  本件については、原案どおり同意することにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、同意第3号は原案のとおり同意することに決定しました。  村松武人君、議席にお戻りください。      (入場)  村松武人君に告知します。  市川三郷町監査委員同意されました。  ここで、暫時休憩いたします。      休憩 午前11時42分 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      再開 午前11時43分 ○議長(高尾貫君)   再開します。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(高尾貫君)  △追加日程第18 閉会中の所掌事務調査の件を議題といたします。  議会運営委員会委員長から会議規則第75条の規定によって、お手元にお配りした申し出のとおり、議会会期、日程等の議会の運営に関する事項および議長の諮問に関する事項について継続調査の申し出がありました。  お諮りします。  委員長からの申し出のとおり、継続調査とすることにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、委員長からの申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定しました。  なお、総務厚生常任委員会委員長、教育土木常任委員会委員長からも会議規則第75条の規定によって、お手元にお配りしました申し出のとおり継続調査の申し出がありました。  お諮りします。  委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。      (異議なし。の声)  異議なしと認めます。  したがって、委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定しました。  以上で、本臨時会に付議されました議案の審議は全部終了しました。  これをもって、平成30年第2回市川三郷町議会臨時会閉会いたします。  大変ご苦労さまでございました。      閉会 午前11時46分  会議の経過を記載して、その内容が相違ないことを証するためにここに署名する。                         平成  年  月  日       市川三郷町議会議長       会議録署名議員       会議録署名議員       会議録署名議員   本会議録の作成にあたった者の氏名は次のとおりである。     議会事務局長    河西 勝     議会事務係長    深澤美佳     議会書記      櫻井 茂     議会書記      一瀬えみ...